Rchr
J-GLOBAL ID:200901019395331940   Update date: Aug. 29, 2020

Takeo Konakahara

コナカハラ タケオ | Takeo Konakahara
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.ci.noda.tus.ac.jp:1804/indexj.htmlhttp://www.ci.noda.tus.ac.jp:1025/
Research field  (5): Pharmaceuticals - chemistry and drug development ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry ,  Biochemistry ,  Synthetic organic chemistry
Research keywords  (12): 生体関連化学 ,  有機金属化合物 ,  ケミカル・バイオロジー ,  精密有機合成 ,  ヘテロ環化学 ,  有機合成化学 ,  Chemistry Related Living Body ,  Organometallic Compound ,  Chemical Biology ,  Fine Organic Synthesis ,  Heterocyclic Chemistry ,  Synthetic Organic Chemistry
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • ヘテロ環化合物の選択的合成とその抗腫瘍活性
  • Selective Synthesis of Heterocyclic Compounds and their Antitumor Activity
MISC (342):
Books (34):
  • 研究のためのセーフティサイエンスガイドーこれだけは知っておこう
    朝倉書店 2012 ISBN:9784254102543
  • 東京理科大学報
    東京理科大学学報編集委員会 2010
  • 東京理科大学報
    東京理科大学学報編集委員会 2009
  • 基礎から理解! 甲種危険物試験
    オーム社 2009 ISBN:9784274207518
  • 中国との学術交流を終えて(理大 科学フォーラム,291号)
    理大 科学フォーラム編集室 2008
more...
Lectures and oral presentations  (225):
  • 2-アルコキシ-1,3-ベンゾオキサチイン-4-オンの求核試薬との反応
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • エナミンを基軸とする1H-ピロール-2(3H)-オン誘導体合成
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • N-ビニルアミノニトリルを経由する多成分連結反応による4-アザインドール類の合成
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • Ethyl 2-amino-3-iodoazulene-1-carboxylateの合成と反応
    (日本化学会第92春季年会 2012)
  • 1-置換β-カルボリン誘導体の合成とその抗腫瘍活性
    (日本化学会第92春季年会 2012)
more...
Education (4):
  • - 1972 Chiba University
  • - 1972 Chiba University Synthetic Chemistry
  • - 1970 Chiba University
  • - 1970 Chiba University Synthetic Chemistry
Professional career (1):
  • Doctor of Science (Tokyo University of Science)
Committee career (31):
  • 2012 - 2014 有機合成化学協会 常任幹事
  • 2011 - 2013 有機合成化学協会 関東支部幹事
  • 2010 - 2011 日本化学会 日本化学会第91春季年会プログラム小委員会委員(部門幹事)
  • 2010 - 2011 有機合成化学協会 関東支部幹事
  • 2009 - 2011 日本化学会 代表正会員
Show all
Awards (9):
  • 2011 - Very Important Paper (VIP)
  • 2010 - 第19回日本がん転移学会学術集会優秀演題賞
  • 2010 - Certificate of Appreciation
  • 2010 - 若手講演賞
  • 2009 - Tetrahedron Letters Most Cited Paper 2006-2009 Award
Show all
Association Membership(s) (9):
フルオラス研究会 ,  第3回先端技術国際会議(千葉) ,  第39回複素環化学討論会実行委員会 ,  フルオラス科学研究会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  私立大学情報教育協会 ,  Chemical Society of Japan ,  Organizing Comittee of the 2nd International Symposium on Fluorous Technologies (ISoFT '07)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page