Rchr
J-GLOBAL ID:200901019657190749   Update date: Apr. 01, 2021

Ishida Masaki

イシダ マサキ | Ishida Masaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://mail2.nara-edu.ac.jp/~masaki/
Research field  (3): Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Cell biology ,  Educational technology
Research keywords  (3): Educational Technology ,  Animal Physiology/Behavior ,  Cell Biology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2009 - 2012 Taxonomic investigation on the protozoan fauna of Japan, with special reference to the diversity crisis due to global climate change.
  • 2009 - 2011 Analysis of the function of ciliopathy-related genes in the regulation of ciliary movement
  • 2007 - 2010 Joint Research on Intracellular Membrane trafficking in Paramecium.
  • 2004 - 2006 Mechanism of establishing an exclusive symbiosis in Paramecium bursaria
  • 1997 - 2006 Joint Research on Dynamics of Microtubular Structure during Sexual Cycle in Paramecium.
Show all
Papers (73):
more...
MISC (11):
  • 辻野亮, 石田正樹. 公開シンポジウム「紀伊半島の自然災害と防災教育を考える」の報告. 奈良教育大学自然環境教育センター 自然と教育. 2016. 26. 11-15
  • 西野愛美子, 松井淳, 菊地淳一, 玉村公二彦, 前田喜四雄, 竹内範子, 石田正樹. 奈良教育大学附属幼稚園のデジタルむし図鑑作成. 新理数プロジェクト報告書. 2012. 154-157
  • 石田正樹, 冨永貴志. ゾウリムシの収縮胞複合体. Jpn. J. Protozool. 2006. 39. 2. 157-172
  • 石田正樹. 生物はどうやって動くか?. サイエンスパートナーシップ・プログラム(SPP)教育連携講座(連4)ナゾからナゾを産み出す創造と工夫の科学. 2006. 4-5
  • 石田正樹. 池の中の小さな生き物と食物連鎖. 若草中学校/奈良教育大学サイエンスパートナーシップ・プログラム(SPP)研究者招聘講座(招126)報告書. 2006. 3-14
more...
Books (4):
  • 奈良公園鷺池プランクトン図鑑
    奈良教育大学(理数教育研究センター・自然環境教育センター) 2020
  • デジタルプランクトン図鑑:さぎ池(浮見堂)でくらすプランクトン
    奈良教育大学 2015
  • Paramecium. Methods of rearing animals: Researchers' special techniques Vol. 1 Protozoa, Protostomes and Crustaceans
    共立出版(東京) 2012 ISBN:9784320057180
  • 奈良教育大学附属幼稚園デジタルむしずかん
    奈良教育大学理数教育研究センター 2012
Lectures and oral presentations  (73):
  • Molecular mechanism of escape response induced by mechanical stimulation in Paramecium
    (The 56th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan 2018)
  • トビズムカデの聴覚
    (日本音響学会 2018年秋季研究発表会 2018)
  • トビズムカデの聴覚機能について
    (日本土壌動物学会第41 回大会 2018)
  • 和歌山県田辺湾におけるミズクラゲの季節消長
    (第14回日本刺胞動物等研究談話会 2018)
  • 奈良教育大学ESDワークショップ2017実践報告ーOOOBRにおけるESDー.
    (日本ESD学会第1回近畿地方研究会 2018)
more...
Works (5):
  • センター共同防災プロジェクト
    石田正樹 2016 -
  • ウニ発生の3D図鑑
    石田正樹 2013 -
  • 奈良教育大学附属幼稚園 デジタルむしずかん
    石田正樹 2012 -
  • 奈良教育大学「昆虫と土の中の生き物ずかん」
    石田正樹 2007 -
  • 奈良教育大学「水の中の小さな生き物図鑑」
    石田正樹 2005 -
Education (2):
  • 1987 - 1992 Hiroshima University 細胞機能科学
  • - 1987 Kochi University 生物・動物生理学
Professional career (2):
  • Ph.D (Kochi University)
  • 博士課程修了 (広島大学)
Work history (13):
  • 2014/04/01 - 2016/03/31 奈良教育大学自然環境教育センター センター長
  • 2013/06/01 - 2014/03/31 静岡大学理学部 非常勤講師(兼任) 細胞構造学担当
  • 2009/04/01 - 奈良教育大学理科教育講座生物学教室 professor
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 山口大学大学院理工学研究科 非常勤講師(兼任) 生物学特殊講義担当
  • 2003/03 - 2009/03/31 奈良教育大学理科教育講座生物学教室 文部科学教官助教授
Show all
Committee career (19):
  • 2021/04 - 2021/04 日本原生生物学会 論文審査委員
  • 2018/10 - 2020/10 日本原生生物学会(旧日本原生動物学会) 評議委員
  • 2017/07/19 - 2017/07/26 日本原生動物学会 編集委員・論文審査
  • 2016/07/06 - 独立行政法人国立青少年教育振興機構国立曽爾青少年自然の家 施設業務運営委員会委員
  • 2012/11 - 2014/10 日本原生動物学会 編集委員・論文審査委員
Show all
Awards (4):
  • 2018/10/14 - 読売新聞 災害備え簡易トイレ作り 奈良教育大生ら防災ワークショップ
  • 2016/09/03 - 読売新聞 「紀伊水害5年 豪雨の爪痕生きた教材に」 「深層崩壊」伝える拠点
  • 2012/05/22 - 奈良新聞 自然科学への扉に 奈良教育大学附属幼稚園デジタルむしずかん
  • 2009/06/01 - 日本教育新聞 ネットに水生生物図鑑~顕微鏡の使い方や採集方法も~奈良教育大学の石田教授ら 水の中の小さな生き物ずかん(水棲プランクトンずかん)
Association Membership(s) (3):
The Zoological Society of Japan ,  Japan Society of Protistology ,  The Japanease Society for Comparative Physiology and Biochemistry
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page