Rchr
J-GLOBAL ID:200901019736078890   Update date: Jun. 09, 2020

Miyake Michihiro

ミヤケ ミチヒロ | Miyake Michihiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (5): Inorganic materials ,  Inorganic compounds/materials chemistry ,  Green/sustainable/environmental chemistry ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (10): クリーンエネルギー関連材料 ,  環境浄化材料 ,  再資源化 ,  環境材料 ,  環境保全 ,  Materials for Clearn-energy ,  Materials for Environmental Purification ,  Resource Recovery ,  Environmental Materials ,  Environmental Preservation
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 1996 - クリーンエネルギー関連無機材料の研究
  • 1996 - Study on inorganic materials for Clearn energy
  • 1994 - 廃棄物の再資源化
  • 1994 - 環境浄化材料の設計
  • 1994 - Resource recovery of waste materials
Show all
MISC (112):
Patents (20):
  • 有害物質処理剤、その製造方法及び有害物質処理方法
  • 機械易加工なゼオライトバルク体及びその製造方法
  • 触媒及びその製造方法
  • 水素生成用金属カチオン置換合成ゼオライト及び該ゼオライトを使用した水素生成方法
  • 石炭灰中の未燃焼炭素の除去方法、未燃焼炭素を含有する石炭灰からの水素及び/又は一酸化炭素の製造方法並びに石炭灰の処理方法
more...
Books (9):
  • リサイクル・廃棄物事典
    産業調査会 2012
  • セラミックス機能化ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2011 ISBN:9784860433505
  • 工業排水・廃材からの資源回収技術
    シーエムシー出版 2010
  • エコマテリアルハンドブック
    丸善 2006
  • これだけは知っておきたいセラミックスのすべて(第2版)
    日刊工業新聞社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (425):
  • ゼオライトのミクロ孔を利用した熱安定性の高いニッケルナノ粒子の合成
    (日本化学会第93春季年会 2013)
  • 赤外吸収スペクトルのピーク分離による層状複水酸化物の層間イオンの定量法
    (日本化学会第93春季年会 2013)
  • 炭酸型層状複水酸化物のモノカルボン酸非水溶液を用いた陰イオン交換における溶媒効果
    (日本化学会第93春季年会 2013)
  • 非水溶媒中での陰イオン交換法による種々のジカルボン酸型層状複水酸化物の作製
    (日本化学会第93春季年会 2013)
  • 酸化チタンナノチューブ薄膜を利用した超撥水・超親水パターン
    (日本化学会第93春季年会 2013)
more...
Works (14):
  • バイオマスを活用した効率的エネルギー回収技術の研究
    2012 - 2013
  • 酸化チタン・粘土複合体を用いた多機能環境浄化材料の開発
    2012 - 2013
  • バイオマスを活用した効率的エネルギー回収技術の研究
    2011 - 2012
  • 酸化チタン・粘土複合体を用いた多機能環境浄化材料の開発
    2011 - 2012
  • バイオマスを活用した効率的エネルギー回収技術の研究
    2010 - 2011
more...
Education (4):
  • - 1979 Tokyo Institute of Technology
  • - 1979 Tokyo Institute of Technology Materials Science
  • - 1974 University of Yamanashi Department of Applied Chemistry
  • - 1974 University of Yamanashi
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Tokyo Institute of Technology)
  • Master of Engineering (Tokyo Institute of Technology)
Work history (2):
  • 2005 - - 岡山大学環境生命科学研究科 教授
  • 2005 - - Professor,Graduate School of Environmental and life Science,Okayama University
Committee career (4):
  • 2009 - 日本化学会 各賞選考委員
  • 2008 - 日本イオン交換学会 理事
  • 2008 - 無機マテリアル学会 西部支部長
  • 2008 - 日本化学会 中国四国支部代議員
Awards (3):
  • 2006 - 日本セラミックス協会学術賞
  • 2004 - 無機マテリアル学会学術賞
  • 2000 - 日本無機リン化学会学術賞
Association Membership(s) (5):
日本無機リン化学会 ,  日本イオン交換学会 ,  無機マテリアル学会 ,  セラミックス協会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page