Rchr
J-GLOBAL ID:200901020293506972   Update date: Sep. 04, 2020

Itoh Takako

イトウ タカコ | Itoh Takako
Affiliation and department:
Job title: Others
Research field  (1): Aesthetics and art studies
Research keywords  (4): Environmental Aesthetics ,  Philosophy of Art ,  Aesthetics ,  美学(含芸術諸学)
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2015 - 2018 自然・人工・芸術のあいだ -環境芸術にもとづく自然環境美学の企て-
  • 2010 - 2013 自然の歴史化-環境芸術におけるnarrativeなもの-
  • 2003 - 2005 自然・風景・環境-環境芸術を手がかりにした環境美学の構築
  • 1999 - 2001 環境美学研究ーロマン主義にもとづくあたらしい自然哲学の企てー
  • ロマン主義を基礎とする環境美学の研究
Show all
Papers (18):
  • 伊東 多佳子. 環境美学-自然や環境をそれ自体として観照することは可能か. 美学の事典. 2020
  • 伊東 多佳子. After the Revolution, Who's Going to Pick Up the Garbage on Monday Morning? - About Mierle Laderman Ukeles's Landing -. GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Art and Design University of Toyama. 2018. 12. 86-97
  • 伊東 多佳子. 環境芸術は自然に対する美的侮辱といえるのか-環境芸術をめぐる倫理的問題について-. 美学. 2018. 69. 1. 49-60
  • 伊東 多佳子. Not 'Anywhere But Here' But 'Here and Now' - About Antony Gormley's Another Place and Land Project-. GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Art and Design University of Toyama. 2017. 11. 82-92
  • 伊東 多佳子. 自然と人工/芸術のあいだ : デイヴィッド・ナッシュの環境芸術作品をめぐる考察. 美学芸術学研究. 2015. 33. 105-125
more...
MISC (10):
  • 伊東 多佳子. 地域連携講座「夕塾」報告 ([富山大学]芸術文化学部の研究活動、地域連携活動の記録). GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要. 2011. 5. 44-47
  • 伊東 多佳子. 芸術文化学部研究プロジェクト : 平成20年度公募プロジェクト報告. GEIBUN : 富山大学芸術文化学部紀要. 2010. 4. 28-28
  • 伊東 多佳子. 国立大学法人富山大学芸術文化学部創設記念シンポジウム「万葉に未来を、たずねるIMAYOU」(特別企画:芸術文化学部創設への取り組み). Geibun : 富山大学芸術文化学部紀要. 2006. 1. 42-53
  • Isaka Seishi, Ito Takako. Zusammenfassung der Diskussion beim Symposium. シェリング年報'03. 2003. 11. 46-48
  • A Study of Environmental Aesthetics as Philosophy of Nature-An Approach from Environmental Art-. Schelling-Jahrbuch. 2001. 9. 83-93
more...
Books (10):
  • ドイツ観念論を学ぶ人のために
    世界思想社 2005 ISBN:9784790711568
  • 新版 環境と倫理 自然と人間との共生を求めて
    有斐閣 2005 ISBN:9784641122666
  • ルンゲ『ヒュルゼンベック家の子どもたち』-ロマン主義の芸術作品における無垢なものへの省察について (Series 作品とコンテクスト)
    三元社 2003 ISBN:4883031314
  • 美と芸術のシュンポシオン
    勁草書房 2002 ISBN:9784326851775
  • 美学のキーワード
    2001 ISBN:9784326153558
more...
Lectures and oral presentations  (2):
  • 急激に加速する気候変動の時代における芸術と環境美学
    (日本シェリング協会 2019)
  • 自然美と芸術のあいだ--50年目の環境芸術からみた環境思想--
    (第21回一橋大学哲学・社会思想学会大会 2017)
Education (2):
  • - 1994 Osaka University
  • - 1985 Chiba University
Professional career (1):
  • Master of Arts (Osaka University)
Work history (3):
  • 2005/10 - 現在 University of Toyama
  • 1994 - 1997 日本学術振興会 特別研究員
  • 1994 - 1997 Research Fellow of the Japan Society for Promotion of Science
Committee career (2):
  • 2020/07 - 現在 日本シェリング協会 会長
  • 2009/07 - 現在 日本シェリング協会 理事
Association Membership(s) (4):
国際美学会 ,  自然哲学研究会 ,  日本シェリング協会 ,  美学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page