Rchr
J-GLOBAL ID:200901020309024396   Update date: Aug. 20, 2018

Ito Ken'ichiro

イトウ ケンイチロウ | Ito Ken'ichiro
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Aesthetic practices
Research keywords  (6): ソルフェージュ ,  音楽理論 ,  作曲 ,  solfege ,  music theory ,  composition
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2009 - 2014 音楽構成要素の分解と再構築による聴音課題作成とその教育効果に関する研究
  • 音楽構成要素の「統一性」と「多様性」の融合を重視した作品創作
  • 20世紀以降の音楽を中心とした作曲技法、音楽スタイルの研究
  • 映像コンテンツ等への音楽制作と効率的な制作手法の研究
  • composition
MISC (3):
  • 伊藤 彰教, 伊藤 謙一郎. 音楽学を応用したゲーム構造分析および楽曲分析研究に向けた研究フレームワークの検討. 日本デジタルゲーム学会2014年夏期研究大会予稿集. 2014
  • 黒田 元気, 伊藤 彰教, 伊藤 謙一郎. モードを用いたアルゴリズム作曲のアダプティブミュージックへの応用. 日本デジタルゲーム学会2014年夏期研究大会予稿集. 2014
  • 米山 武史, 伊藤 彰教, 伊藤 謙一郎. Collinsの手法によるアクション系ゲームのサウンド機能の分析. 日本デジタルゲーム学会2014年夏期研究大会予稿集. 2014
Books (14):
  • ミュージックメディア(メディア学大系9)
    コロナ社 2016
  • ソルフェージュ 聴音
    国立音楽大学 編 2011
  • ソルフェージュ リズム
    国立音楽大学 編 2010
  • 学生のための和声の要点 第2巻 模範実施集
    サーベル社 2009
  • 学生のための和声の要点 第2巻
    サーベル社 2009
more...
Lectures and oral presentations  (55):
  • A Case Study on Sound Design Analysis of Romantic Audio Drama for Female Applied the Theory of Cinema Audio
    (NICOGRAPH International 2018 (Tainan National University of the Arts) 2018)
  • Development of Analytical Method on Musical Effect Sound in Japanimation Works
    (NICOGRAPH International 2018 (Tainan National University of the Arts) 2018)
  • プレプロダクション用語を活用したアニメ用音響アセンブルシステム -オノマトペ研究とアニメ動画像解析を基盤として-
    (映像表現・芸術科学フォーラム2018(東京工科大学 蒲田キャンパス) 2018)
  • 映画音響理論を応用した『主観ショット型』オーディオドラマの構造分析手法に関する基礎検討 -女性向け恋愛オーディオドラマを例として-
    (映像表現・芸術科学フォーラム2018(東京工科大学 蒲田キャンパス) 2018)
  • Dorian Contact meets 140 tiles
    (2017)
more...
Works (6):
  • "AESTUS" for Piano[2017-18]
    2018 -
  • “Glide - Grade - Grain” for Clarinet Solo[2010]
    2012 -
  • “NOCTURNUM” for Solo Violoncello[1997-98]
    伊藤 謙一郎 1998 -
  • “Intentionale Figuren” für Flöte solo[1993]
    1997 -
  • “Self-Similar Set” for Piano[1996]
    1996 -
more...
Education (5):
  • 1995 - 2001 ソウル大学校 作曲科
  • 1995 - 2001 Seoul National University Composition
  • 1990 - 1994 Kunitachi College of Music
  • 1990 - 1994 Kunitachi College of Music Composition
  • 1987 - 1989 尚美学園短期大学 ピアノ専攻
Professional career (2):
  • Master of Musicology
  • 学士(作曲) (国立音楽大学)
Work history (8):
  • 2007/03 - 現在 Tokyo University of Technology School of Media Science
  • 2007/04 - 2013/03 Kunitachi College of Music
  • 2006/04 - 2007/03 Tokyo University of Technology School of Media Science
  • 2000/04 - 2007/03 Ueno Gakuen University Junior College Department Faculty of Music
  • 2003/04 - 2006/03 Tokyo University of Technology School of Media Science
Show all
Awards (3):
  • 1997 - ’97大田現代音楽祭公募入選(韓国楽会)
  • 1996 - 第13回 現音作曲新人賞入選(日本現代音楽協会)
  • 1996 - 第1回 東京国際室内楽作曲コンクール第3位入賞(国際芸術連盟)
Association Membership(s) (2):
JAPAN MUSIC EDUCATION SOCIETY ,  日本作曲家協議会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page