Rchr
J-GLOBAL ID:200901020318519187   Update date: Nov. 13, 2019

Shioya Hiroyuki

シオヤ ヒロユキ | Shioya Hiroyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (1): Stochastic systems
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2018 - 2019 サケマス回帰率向上のためのICTを活用したビックデータ取得と利活用に関する研究
  • 2018 - 2019 逆問題解法によるサケ水産業データの構造抽出に関する研究
  • 2017 - 2018 サケマス回帰率向上のためのICTを活用したビックデータ取得と利活用に関する研究
  • 2016 - 2018 複素物体の回折イメージングに関する基盤研究
  • 2016 - 2017 サケマス回帰率向上のためのICTを活用したビックデータ取得と路活用に関する研究
Show all
Papers (64):
  • Yosuke Maehara, Hiroyuki Shioya, Kiyoshi Kasugai, Makoto Fujiwara and Yasuyuki Miyakosh. Using Hatchery-Release Data of Eastern Hokkaido to Predict Returns of Chum Salmon. Proceedings of Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems. 2018. 1068-1073
  • Katsuya Ichihashi, Hiroyuki Shioya, Daiki Yamamoto, Yosuke Maehara, and Kazutoshi Gohara. Sequential on-line construction for ensemble phase-retrieved images. 2017 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering. 2017. OS2-4. 163-168
  • Katsuya Ichihashi, Hiroyuki Shioya, Yosuke Maehara, Jun Yamasaki, and Kazutoshi Gohara. Complement Algorithm for Phase Retrieval by the Fourier Intensity with a Missing Region. The 24th Congress of the International Commission for Optics. 2017. P4-36
  • Wisan Dhammatorn, Hiroyuki Shioya. A Support Construction for CT Image Based on K-Means Clustering. Journal of Computer and Communications. 2017. 5. 137-151
  • Wisan Dhammatorn, Hiroyuki Shioya. A Hybrid Method of CT Algorithms Using Total Variation, Iterative FT and Support Construction. A Hybrid Method of CT Algorithms Using Total Variation, Iterative FT and Support Construction. 2016. 989-992
more...
MISC (10):
  • 市橋克哉, 塩谷浩之, 前原洋祐, 山﨑順, 郷原一寿. 複素位相回復アルゴリズムに関する検討. 電子情報通信学会 技術研究報告. 2017. 116. 495. 137-142
  • 山本大稀, 市橋克哉, 塩谷浩之, 広林茂樹, 郷原一寿. 位相回復像群による球殻構造の内部解析. 電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会). 2016. 115. 459. 41-46
  • 犬塚祐也, 坂下和樹, 長谷川昌也, 廣林茂樹, 参沢匡将, 塩谷浩之. 高い周波数分解能解析を用いた局所的な画像修復法. 電子情報通信学会技術研究報告. 2015. 115. 308. 1-5
  • 市橋克哉, 山本大稀, 塩谷浩之, 広林茂樹, 郷原一寿. 位相回復像群による球殻構造の中心推定. 電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会). 2015. 115. 308. 35-40
  • 市橋克哉, 塩谷浩之, 前原洋祐, 郷原一寿. 欠損領域を含むフーリエ強度からの位相回復における動的サポート構成法の比較検討. 電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会). 2015. 114. 460. 107-112
more...
Patents (2):
  • フーリエ反復位相回復法
  • ボール選択支援システム、ボール選択支援方法、及びプログラム
Books (4):
  • Cognitive approach to deta learning
    電気学会 2009
  • 統計的推定 最小距離手法
    CRC press 2011
  • 機能構造科学入門 ~3D活性サイトと物質デザイン~
    丸善出版 2016 ISBN:978-4-621-30060-2
  • 3D Local Structure and Functional Design of Materials
    Maruzen Publishing, World Scientific 2019 ISBN:978-981-3273-66-5
Lectures and oral presentations  (51):
  • 位相回復への情報論的アプローチ
    (電子情報通信学会 ニューロ・コンピューティング研究会 2006)
  • 位相回復におけるアンサンブル手法の利用に関する一検討
    (電子情報通信学会 ニューロ・コンピューティング研究会 2007)
  • 一般化された位相回復アルゴリズムに関する一検討
    (電子情報通信学会 ニューロ・コンピューティング研究会 2007)
  • 複素情報理論の展開~物質構造解析への情報的アプローチ~
    (電子情報通信学会 ニューロ・コンピューティング研究会 2007)
  • 位相回復法への情報理論的アプローチ
    (日本顕微鏡学会第63回学術講演会 2007)
more...
Education (2):
  • - 1990 Hokkaido University Faculty of Science 数学科
  • - 1995 北海道大学大学院 Graduate School, Division of Engineering 情報工学専攻
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Hokkaido University)
Association Membership(s) (4):
IEICE ,  IPSJ ,  日本神経回路学会 ,  Optical Society of America
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page