Rchr
J-GLOBAL ID:200901020890222861   Update date: Oct. 22, 2020

Okazaki Akira

オカザキ アキラ | Okazaki Akira
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): https://www.kansei-design.comhttp://www.childlife-design.com
Research field  (3): Sensitivity (kansei) informatics ,  Human interfaces and interactions ,  Design
Research keywords  (33): 感性 ,  評価 ,  脳波 ,  医療の質 ,  感性評価 ,  実験心理学 ,  感性情報学 ,  心理評価 ,  ロボット ,  イメージ ,  CVカテーテル ,  インフォームドアセント ,  インタフェース ,  プレパレーション ,  小児看護 ,  感性デザイン ,  ユーザインターフェース ,  潜在的メンタルプロセス ,  手術 ,  インタフェースデザイン ,  メンタルプロセス ,  入院患児 ,  鑑賞 ,  骨髄穿刺 ,  鑑賞行動 ,  認知科学 ,  評価ツール ,  実験系心理学 ,  チャイルドライフ ,  プリパレーション ,  Design ,  Kansei ,  Sensibility
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2013 - 2016 プレパレーションツールの効果的な構成要素と蓄積・提供システムに関する研究
  • 2013 - 2016 ゲーミフィケーションの学習理論を応用した食育・薬育リテラシー教材の開発
  • 2012 - 2014 入院患児の負のイメージ心理変化量を定量的に評価するツールの開発
  • 2012 - 2014 入院児の発達段階と性差に則してカスタマイズ可能なプレパレーションツールの開発
  • 2010 - 2012 小児がん患児・保護者と看護師のための食支援ヘルス・リテラシー・サイトの開発
Show all
Papers (23):
  • Oaira Yoshimasa, Okazaki Akira, Isotani Shuji, Hattori Junko. Development of a tool to support "Patient-Centered Medicine”. International Service Innovation Design Confernce2018 Proceeding. 2018. 371-376
  • 服部 淳子, 柴 邦代, 西原 みゆき, 汲田 明美, 三宅 香織, 岡崎 章. プレパレーション前から処置後までの鼻部皮膚温度の変化による入院児のストレス状態の評価 花びら型プレパレーション・ツールを用いて. 小児保健研究. 2018. 77. 4. 373-379
  • 大姶良 義将, 岡崎 章, 荒井 脩人. Pamin:痛みの強さと周期を表現できる評価ツール. 日本デザイン学会 デザイン学研究作品集. 2018. 23. 1. 74-77
  • 柴 邦代, 汲田 明美, 田中 理恵, 澤部 啓子, 西原 みゆき, 三宅 香織, 井上 真理子, 服部 淳子, 岡崎 章. 勲章的花びら型プレパレーション・ツールの評価. 愛知県立大学看護学部紀要. 2017. 23. 47-55
  • Development of spiral-movement robot to reduce anxiety among pediatric patients. Journal of Advanced Computational Intelligent and Intelligent Informatics. 2017. Vol.21 No.4. 730-736
more...
MISC (34):
more...
Books (11):
  • To think about Design based on Kansei and Information
    2019 ISBN:9784991080111
  • チームで支える!子どものプレパレーション
    中山出版 2012 ISBN:4521734952
  • 臨床看護臨時増刊号「感性科学から看護観を捉える」
    へるす出版 2010
  • 感性デザインとは -デザインを知る、感性を知る
    株式会社デザインコンパス 2009 ISBN:4904473000
  • 「チャイルドライフ・デザイン」,小児看護 9月号,カラーグラフ,p1360-p1369
    へるす出版 2007
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • 患児・患者の心を伝え・知るための感性デザイン
    (第50回 東京医科大学八王子医療センター 市民公開講座 2018)
  • 感性デザインの視点
    (愛知県立大学 認定看護師(がん性疼痛看護分野,がん化学療法看護分野)フォローアップセミナー 2015)
  • デザインによって活かす
    (日本基礎心理学会 2014)
  • 未来をつくり出すリサーチ ~デザインの世界に学ぶ価値創造の方法論~
    (日本マーケティングリサーチ協会(JMRA出版委員会機関誌「マーケティング・リサーチャー」122号特集連動企画) 2013)
  • 感性デザインとはなにか
    (CIAJ(情報通信ネットワーク産業協会) 2013)
more...
Works (2):
  • Personal Portal Site Design に関する研究
    2003 -
  • 感性評価構造モデル構築特別プロジェクト
    1997 - 2001
Education (1):
  • - 1992 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士(感性科学) (筑波大学)
Work history (8):
  • 2017/04 - 現在 Takushoku University Research Institute of Science and Engineering
  • 2008/04 - 現在 Takushoku University Faculty of Engineering
  • 2008 - 現在 Takushoku University Faculty of Engineering
  • 2004 - 現在 Musashino Art University
  • 1999 - 2009 Keio University Faculty of Science and Technology
Show all
Committee career (12):
  • 2017 - 現在 キッズデザイン賞 審査委員
  • 2012/06 - 2020/06 日本デザイン学会 理事
  • 2015 - 2015 科学研究費 審査員
  • 2014 - 2014 科学研究費 審査員
  • 2011 - 2011 科学研究費 審査員
Show all
Awards (16):
  • 2018/04 - キッズデザイン協議会 キッズデザイン賞 痛み評価ツール[Pamin]
  • 2015/11 - ウッドデザイン賞 運営事務局 ウッドデザイン賞 イメージ心理量を測るツール
  • 2013/07 - 第7回キッズデザイン賞 負のイメージ心理量を定量的に評価できるツールの開発
  • 2013/06 - 日本デザイン学会 グッドプレゼンテーション賞 子どもの心理量を評価するツールの開発
  • 2012/03 - The Clute Institute International Academic Conferences Best Paper Award Development Of A Foods Information Service System For Parent Of A Childhood Cancer Patient
Show all
Association Membership(s) (5):
日本小児保健学会 ,  日本小児看護学会 ,  医療の質・安全学会 ,  日本感性工学会 ,  日本デザイン学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page