Rchr
J-GLOBAL ID:200901021101671785   Update date: Jul. 28, 2019

Matsushima Yasukatsu

マツシマ ヤスカツ | Matsushima Yasukatsu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (3):
  • 琉球民族遺骨返還研究会  代表
  • 東アジア共同体沖縄(琉球)研究会  共同副代表
  • 琉球民族独立総合研究学会  共同代表
Homepage URL  (1): http://ryukyujichi.blog123.fc2.com/
Research field  (3): Economic history ,  Economic policy ,  Economic policy
Research keywords  (6): 太平洋諸島経済論 ,  琉球経済論 ,  開発経済学 ,  民際学 ,  内発的発展論 ,  島嶼経済論
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2012 - 2016 アメリカ領グアム島における基地の内外格差に関する総合的研究
  • 2011 - 2014 アジア・太平洋地域における人の移動にともなう紛争と和解についての総合研究
  • 2011 - 2014 沖縄県の振興開発と内発的発展に関する総合研究
  • 2006 - 2007 海面上昇による太平洋島嶼国の危機と日本の政策
  • 2005 - 2007 八重山諸島 における社会開発と文化に関する総合研究
Show all
Papers (66):
  • 松島 泰勝. The Ryukyu Economies under the Japanese Imperialism : Toward the Liberation from the Exploitation System over Lands and Bodies of Ryukyuans. 季報唯物論研究. 2018. 144. 10-23
  • 松島 泰勝. The Consideration on Colonialim of Academic Knowledge about the Remains of Lewchewans. 社会科学研究年報. 2018. 48
  • 松島 泰勝. The Consideration on Colonialim of Academic Knowledge about the Remains of Lewchewans. 社会科学研究年報 = Annual bulletin of Research Institute for Social Sciences. 2017. 48. 101-110
  • 松島 泰勝. 「琉球独立」へのシミュレーション (特集 沖縄から自治を問う). 都市問題. 2016. 107. 2. 25-29
  • 松島 泰勝. 琉球の独立と平和. 『平和研究』(日本平和学会編). 2014. 第42号. 19-40
more...
MISC (179):
  • 松島 泰勝. 米国政権と沖縄. 国際理解. 2019. 44. 51-76
  • 金城 実, 松島 泰勝, 高良 鉄美, 川瀬 俊治. 鼎談 なぜ「琉球」独立を主張するのか : 脱植民地支配・自己決定の実現に向けて. 部落解放. 2018. 757. 88-98
  • 松島 泰勝. 琉球独立の分岐点としての改憲 (特集 平和憲法は変えさせない(2)). アジェンダ : 未来への課題. 2017. 59. 26-33
  • 松島 泰勝. INTERVIEW 伸びるIT産業と観光業 いま、すぐにでも経済的独立は可能です (独立に動きはじめた沖縄). 情況. 第四期 : 変革のための総合誌. 2017. 6. 1. 94-101
  • 松島 泰勝. Book Reviews : NAGASHIMA Reo, America and Guam : Colonialism, Racism, and Indigeneity. 大原社会問題研究所雑誌. 2016. 694. 45-49
more...
Books (47):
  • 大学による盗骨 : 研究利用され続ける琉球人・アイヌ遺骨
    耕文社 2019 ISBN:9784863770522
  • 琉球独立は可能か
    解放出版社 2018 ISBN:9784759267792
  • 琉球奪われた骨 : 遺骨に刻まれた植民地主義
    岩波書店 2018 ISBN:9784000255790
  • 沖縄謀叛
    かもがわ出版 2017 ISBN:9784780309232
  • 琉球独立への経済学 : 内発的発展と自己決定権による独立
    法律文化社 2016 ISBN:9784589037572
more...
Lectures and oral presentations  (80):
  • Okinawa’s Role to leverage the Benefits of Asia’s Growth and Integration in Pacific Economies
    (ADB-ADBI Study Leveraging the Benefits of Asia’s Growth and Integration in Pacific Economies 2014)
  • 慰霊の日に考える琉球の平和と発展
    (関西共同行動連続講演会 2014)
  • 新たな植民地主義としての琉球の振興開発体制ー米軍基地と原発による「犠牲の構造」からの脱却を目指してー
    (国際開発学会第15回春季大会 2014)
  • スコットランドと琉球の独立
    (琉球民族独立総合研究学会 設立1周年記念オープンシンポジウム 「琉球の自己決定権 ~独立へ向けて~」 2014)
  • 自らの国家を求める琉球
    (琉球前沿問題高端対話論壇(『戦略と管理』雑誌社、北京大学歴史学系、北京市中日文化交流史研究会主催) 2014)
more...
Education (2):
  • - 1998 Waseda University
  • - 1989 Waseda University
Professional career (1):
  • 博士(経済学) (早稲田大学)
Work history (17):
  • 2010 - 現在 Meiji Gakuin University International Peace Research Institute
  • 2009 - 現在 Ryukoku University Faculty of Economics
  • 2006 - 現在 早稲田大学琉球・沖縄研究所客員研究員
  • 2001 - 現在 Okinawa University The Institute of Regional Study
  • 2001 - 現在 笹川太平洋島嶼国基金アドバイザー
Show all
Committee career (5):
  • 2011/04 - 2013/03 龍谷大学ボランティアNPOセンター・センター長2011年~現在
  • 2009 - 2010 龍谷大学経済学部国際経済学科コーディネーター(学部長補佐)2009年~2010年
  • 2010 - 日本平和学会 「琉球・沖縄・島嶼国及び地域の平和分科会」責任者
  • 2010 - 国際開発学会 島嶼社会の振興開発と内発的発展部会主査
  • 2006 - 社会経済史学会 評議員
Association Membership(s) (2):
日本平和学会 ,  琉球民族独立総合研究学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page