Rchr
J-GLOBAL ID:200901021290506560   Update date: Jul. 14, 2014

Katoda Hiroshi

Katoda Hiroshi
Research field  (2): Social welfare ,  Sociology
Research keywords  (5): Sexuality ,  Deinstitutionalization ,  Quality of Life ,  Self-Determination ,  Normalization
Research theme for competitive and other funds  (30):
  • 2012 - 2014 A Study on Interdisciplinary Approach of Independence and Welfare
  • 2008 - 2011 A Comparative Study on Deinstitutionalization and Community Living for Persons with Intellectual Disabilities in Japan and Sweden
  • 2008 - 2011 脱施設化と地域生活支援システム構築に関する研究
  • 2005 - 2010 A Study on Amusement Thoery and Practice in the Area of Community, Health and Welfare
  • 2005 - 2010 立教大学アミューズメント・リサーチセンター(RARC):21世紀社会における「アミューズメント」の理論化と応用に関する研究
Show all
Papers (42):
  • Hiroshi Katoda. Personal Assistance System and Concept of Independence. Rikkyo Social Welfare Study. 2012. 31. 5-12
  • Hiroshi Katoda. The Actual Conditions and Issues on Deinstitutionalization and Independence. Rikkyo Social Welfare Study. 2011. 30. 3-9
  • Hiroshi Katoda. The Actual Conditions and Issues on Deinstitutionalization in Japan and Sweden. Rikkyo Social Welfare Study. 2011. 30. 41-52
  • KATODA HIROSHI. A New Idea on the Normalization Principle. Rikkyo Social Work Review. 2010. 29. 5-13
  • Katoda Hiroshi. An Argument on the Founder of the Principle of Normalization. Bulletin of the College of Community and Human Services, Rikkyo University. 2010. 11. 15-28
more...
MISC (4):
  • 河東田 博. ノーマライゼーション社会構築に向けた地域保健福祉アミューズメント資料のアーカイブ化及びコンテンツに関する研究. 立教大学アミューズメント・リサーチセンター(RARC)福祉プロジェクト2007年度研究報告書(研究代表者:河東田博). 2008. 204
  • 河東田 博. ノーマライゼーション社会構築に向けた地域保健福祉アミューズメント資料のアーカイブ化及びコンテンツに関する研究. 立教大学アミューズメント・リサーチセンター(RARC)福祉プロジェクト2006年度研究報告書(研究代表者:河東田博). 2007. 204
  • 河東田 博. ノーマライゼーション社会構築に向けた地域保健福祉アミューズメント資料のアーカイブ化及びコンテンツに関する研究. 立教大学アミューズメント・リサーチセンター(RARC)福祉プロジェクト2005年度研究報告書(研究代表者:河東田博). 2006. 155
  • 河東田 博. 障害者の入所施設から地域の住まいへの移行に関する研究. 2003-2005年度日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究(A)(2))研究成果報告書(研究代表者:河東田博). 2006. 169
Books (28):
  • From Institutional Life to Community Participation in Sweden
    Gendai Shokan Publishing Ltd. 2012 ISBN:9784768435144
  • The Origin and Development of Human Welfare and Culture Srudies
    Akashi Publishing Ltd. 2011 ISBN:9784750334646
  • Deinstitutionalization and Community Living in Sweden
    Gendai Shokan Publishing Company 2011 ISBN:9784768435144
  • People First Training Manual for Advisors and Leaders
    Gendaishokan Publishing Co., Ltd. 2010 ISBN:9784768435007
  • An Argument on Human Welfare and Culture
    Akashishoten Publishing Co., Ltd. 2010
more...
Lectures and oral presentations  (24):
  • スウェーデンの若者
    (第26回日本思春期学会学術集会 2007)
  • 福祉文化創造の当事者を目指す~福祉の転換期を迎えて~
    (第17回日本福祉文化学会さいたま大会 2006)
  • 新しい価値の創造と社会福祉の役割
    (日本社会福祉学会第54回全国大会 2006)
  • しょうがいをもつ本人が主体となる福祉文化創造のために
    (第5回日本福祉文化学会中国四国ブロック大会 2004)
  • スウェーデンにおける知的障害者の入所施設から地域の住まいへの移行に関する実態と課題
    (日本社会福祉学会第50回全国大会 2002)
more...
Education (2):
  • - 1991 Stockholm Institute of Education, Sweden
  • - 1974 Tokyo Gakugei University School of Special Education
Professional career (1):
  • Ph.D (Stockholm University (SWEDEN))
Work history (10):
  • 2002/04 - 2014/03 RIKKYO UNIVERSITY College of Community and Human Services Professor
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 Department of Education, Uppsala University, Sweden Guest researcher
  • 2003/04/01 - 2004/03/31 Osaka University Graduate School of Human Sciences
  • 2001/10/01 - 2002/03/31 School of Health Sceiences, Faculty of Medicine, Tokushima University Professor
  • 2000/04/01 - 2002/03/31 School of Medical Sciences, University of Tokushima Professor
Show all
Committee career (5):
  • 2008/11 - 現在 日本福祉文化学会 会長
  • 1999/11 - 2004/10 日本福祉文化学会 理事
  • 2002/11 - 2003/11 日本社会福祉学会 第14回日本福祉文化学会全国大会埼玉大会実行委員会事務局長
  • 2000/03 - 2002/03 日本福祉文化学会 日本福祉文化学会中国・四国ブロック幹事・事務局長
  • 2000/03/25 - 日本福祉文化学会 第1回日本福祉文化学会中国・四国ブロック大会徳島大会事務局長
Association Membership(s) (3):
Japanese Society for the Study of Human Welfare and Culture ,  日本思春期学会 ,  Japanese Society for the Study of Social Welfare
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page