Rchr
J-GLOBAL ID:200901021830813301   Update date: Sep. 05, 2020

Isobe Satoshi

イソベ サトシ | Isobe Satoshi
Affiliation and department:
Job title: Chiba University
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (4): Clinical Psychology ,  Psychological Assessment ,  Educational Counseling ,  Clinical Psychology Clinical School Education Rorschach Technique
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2022 適応上の問題を抱える生徒に対する援助的な視点に基づいた『教育臨床的進路指導』
  • 2014 - 2018 子どもの「環境と折り合う力」を育む支援のあり方について
  • 2013 - 2017 ヘルス・プロモーティング・スクール国際版認証システムの構築
  • 2011 - 2014 児童生徒の校種移行時の適応を向上させるための「テークオーバーゾーン」
  • 2007 - 2009 緊急支援に対応できるSCおよび教員養成のための系統的な研修プログラムの開発
Papers (73):
  • 磯邉 聡, 入澤里子, 大木圭, 三宅健次, 横山健司, 田中真紀. 附属学校園におけるスクールソーシャルワーカー導入をめぐってー導入の成果と課題の検討ー. 令和元年度千葉大学教育学部ー附属学校園間連携研究成果報告書. 2020. 13-14
  • 磯邉 聡, 藤川大祐, 三宅健次, 桐島俊, 濱田秀子, 佐久間淳一, 前之園健治, 中山千嘉, シェイファー実緒, 伊藤美知香, et al. 附属中学校における教育相談体制の充実(3)ー懇話会形式の保護者支援の取り組みを通じてー. 令和元年度千葉大学教育学部ー附属学校園間連携研究成果報告書. 2020. 11-12
  • TAKANO Rie, ISOBE Satoshi. Necessary work for coodination between the guardian who has received an eraly treatment for her child and school. Research in Teaching Strategies and Learning Activities ; A Bulletub if the Center for Research and Development in Teacher Education Faculty of Education, Chiba University. 2020. 23. 1-10
  • 磯邉 聡 ほか. 新しい時代を見据えた子供理解力-読本の刊行を通して-. 千葉市教育センター紀要. 2020. 28. 29-36
  • ISOBE Satoshi. Career guidance from a view point of the guidance counseling for the junior high school students who have adaptation problems. Bulletinof The Faculty of Education,Chiba University. 2020. 68. 77-84
more...
MISC (39):
  • 磯邉 聡 ほか. 令和元年度生徒指導調査研究委員会報告書 『いじめの積極的な認知とその対応』. 2020
  • 磯邉 聡 ほか. 平成30年度生徒指導調査研究委員会報告書 『様々な生徒指導事案に対する初期対応について-生徒指導の基礎基本-』. 千葉市教育委員会. 2019
  • 磯邉 聡 ほか. 学校不適応の子どもの支援の在り方-不登校対策推進校「支援教室」の効果的な運営を通して-. 千葉県子ども親のサポートセンター研究報告. 2018. 16
  • 磯邉 聡 ほか. 平成29年度生徒指導調査研究委員会報告書 『児童生徒の「成長」を目指した不登校支援のあり方について』. 千葉市教育委員会. 2018
  • 磯邉 聡 ほか. 平成28年度生徒指導調査研究委員会報告書 『不登校(不適応)の未然防止』-声にならないSOSを見逃さないために-. 千葉市教育委員会. 2017
more...
Books (15):
  • The latest circumstances of Education
    2020
  • 新・教育の最新事情-教員免許状更新講習テキスト第2版
    福村出版 2017
  • 新・教育の最新事情-教員免許状更新講習テキスト
    福村出版 2016
  • 教育の最新事情-教員免許状更新講習テキスト第3版
    福村出版 2013
  • 児童心理2011年12月臨時増刊 子ども理解を深める「心理アセスメント」
    金子書房 2011
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • A Health Promoting School Project of Chiba University in Japan. And investigation into Health Promoting Schools(Kindergarten, Primary school, Junior high school, high school)in Chiba Prefecture
    (21st IUHPE World Conference on Health Promotion(PATTAYA,THAILAND) 2013)
  • Development of a Model Program to Reduce Maladaptive in Adjusting to a New School -Focused on the "Takeover Zone Term"-
    (21st IUHPE World Conference on Health Promotion(PATTAYA,THAILAND) 2013)
  • 「自分を守る能力」をめぐる一考察
    (第22回日本健康教育学会学術大会 2013)
  • Development of Health Promoting School Checklist -Chiba- University Health Promoting School Project in Japan
    (The Second Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(Taiwan) 2012)
  • Attempt to Improve the Students' Adapting to Japanese Junior High School at Their Entrance
    (The Second Asia-Pacific Conference on Health Promotion and Education(Taiwan) 2012)
more...
Education (3):
  • 1993 - 1997 Tokyo Metropolitan University
  • 1991 - 1993 Tokyo Metropolitan University
  • 1987 - 1991 Keio University
Professional career (1):
  • 修士(心理学)
Work history (4):
  • 2011/04 - 現在 Chiba University Faculty of Education
  • 2002/04 - 2011/03 千葉大学大学院 教育学研究科 助教授
  • 1998/04 - 2002/03 Kagoshima University
  • 1997/04 - 1998/03 日本学術振興会 特別研究員
Committee career (25):
  • 2019/08 - 現在 千葉少年鑑別所 地域援助スーパーバイザー
  • 2019/05 - 現在 (一社)千葉県公認心理師協会 会長
  • 2016/06 - 現在 市原市いじめ問題再調査委員会 副委員長
  • 2015/05 - 現在 (一社)千葉県公認心理師協会(旧千葉県臨床心理士会) 理事
  • 2015/03 - 現在 (一社)千葉県公認心理師協会(旧千葉県臨床心理士会) 代議員
Show all
Association Membership(s) (11):
日本公認心理師協会 ,  千葉県公認心理師協会 ,  日本生徒指導学会 ,  日本臨床死生学会 ,  Society for Personality Assessment ,  日本ロールシャッハ学会 ,  日本精神分析学会 ,  日本心理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF HEALTH EDUCATION AND PROMOTION ,  日本臨床心理士会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page