Rchr
J-GLOBAL ID:200901022128677978   Update date: Apr. 24, 2021

Oba Osamu

オオバ オサム | Oba Osamu
Affiliation and department:
Job title: professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://www2.kpu.ac.jp/life_environ/hist_arch_h_environ/top/http://www2.kpu.ac.jp/life_environ/environ_design/oba.html
Research field  (1): Architectural history and design
Research keywords  (6): 都市史 ,  住宅史 ,  建築史 ,  History of cities ,  History of Houses ,  History of Architecture
Research theme for competitive and other funds  (24):
  • 2014 - 2019 占領期日本における接収住宅に関する研究
  • 2013 - 2015 占領期京都における接収住宅に関する研究
  • 2010 - 2014 近代中国における日本人住宅地の形成過程とその特質に関する実証的研究
  • 2012 - 2013 佐渡島の町家に関する指摘研究
  • 2010 - 2012 台湾における日式住宅の形成過程に関する研究
Show all
Papers (2):
  • SUNAMOTO Fumihiko, OBA Osamu, TAMADA Hiroyuki, KAKU Satoru, OSADA Joji, MURAKAMI Shihoro. A STUDY ON CONDITION OF PROCUREMENT OF MIYAJIMA HOTEL : TAX TRAINING CENTER, HIROSHIMA BRANCH. AIJ JOURNAL OF TECHNOLOGY AND DESIGN. 2020. 26. 62. 383-388
  • Shihori MURAKAMI, Osamu OBA, Fumihiko SUNAMOTO, Hiroyuki TAMADA, Satoru KAKU, Joji OSADA. THE ASPECT OF DEPENDENT HOUSING AND MILITARY DISPOSITIONS IN THE OCCUPIED JAPAN. JOURNAL OF ARCHITECTURE AND PLANNING (Transactions of AIJ). 2017. 82. 739. 2441-2450
MISC (81):
  • 長田城治, 大場修, 砂本文彦, 玉田浩之, 角哲, 村上しほり. 占領下日本におけるホテルの接収形態とその動向 占領下日本の都市・住宅に関する研究 その15. 2018. 1043-1044
  • 角哲, 大場修, 砂本文彦, 玉田浩之, 村上しほり, 長田城治. 日本の建設業会社史にみる占領期の設計・施工業務に関する試論. 日本建築学会北海道支部研究発表会梗概集. 2018
  • 中村莉乃, 楠本真由, 大場修, 砂本文彦, 玉田浩之, 角哲, 長田城治, 村上しほり. 占領下滋賀における保養施設の接収と改修の実態 占領下日本の都市・住宅に関する研究 その14. 日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 2017. 245-246
  • 佐々木彩加, 大場修, 砂本文彦, 玉田浩之, 角哲, 長田城治, 村上しほり. 占領下大津における旧軍関連施設の土地接収過程 占領下日本の都市・住宅に関する研究 その13. 日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 2017. 243-244
  • 西尾聡基, 大場修, 砂本文彦, 玉田浩之, 角哲, 長田城治, 村上しほり. 占領下福岡における施設接収と米軍ハウス 占領下日本の都市・住宅に関する研究 その12. 日本建築学会大会(中国)学術講演梗概集. 2017. 241-242
more...
Books (32):
  • 日本の建築文化事典
    丸善出版株式会社 2020
  • 京都 学び舎の建築史
    京都新聞出版センター 2019
  • 「京町家カルテ」が解く 京都人が知らない京町家の世界
    淡交社 2019
  • 京都を学ぶ[丹波編]
    ナカニシヤ出版 2018
  • 京丹後市のまちなみ・建築
    京丹後市 2017
more...
Works (70):
  • 『丹後地域における里山景観の共生型資源管理と地域保全・活用手法に関する研究-里山と集落の生態・歴史・生活文化的特質の把握を通して-平成17〜18年度府大ACTR報告書』大場編著
    2007 -
  • 大場 修(主査)『稲葉家住宅における普請過程の実録とその特質-近代民家普請における大工・工程・用材・行事-』住宅総合研究財団
    2007 -
  • 『丹後地域の沿岸集落における伝統民家の形式とその特徴に関する調査研究-京丹後市丹後町中浜地区と竹野地区を事例にして-』大場編著
    2007 -
  • 『丹後地域の沿岸集落における集落構成とその形成過程に関する調査研究-京丹後市丹後町中浜地区と竹野地区を事例にして-』大場編著
    2007 -
  • 『丹後震災からの建築復興過程に関する調査研究報告書-神社・小学校校舎を中心に-』大場編著
    2007 -
more...
Education (4):
  • - 1980 Kyushu Institute of Design
  • - 1980 Kyushu Institute of Design Division of Living Enviroumentol Studies
  • - 1978 Kyoto Prefectural University
  • - 1978 Kyoto Prefectural University Dept. of Housing and Enuironmental Design
Professional career (1):
  • Dr. Engineering (Osaka Institute of Technology)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 Ritsumeikan University The Kinugasa Research Organization Professor
  • 2008/04 - 現在 Kyoto Prefectural University
  • 1999/10 - 2008/03 Kyoto Prefectural University
  • 1999 - 2002 Prof., Faculty of Human Environment, Kyoto
  • 1997/04 - 1999/09 Kyoto Prefectural University
Show all
Committee career (4):
  • 2018/07 - 現在 京都市 京町家保全・継承審議会指定部会 会長
  • 2012/03 - 現在 文化庁 文化審議会専門委員(文化財分科会)
  • 2007/04 - 現在 日本建築学会 建築歴史・意匠委員会、民家小委員会幹事、
  • 2003/04 - 2006/03 日本建築学会 建築歴史・意匠委員会、民家小委員会主査、
Awards (3):
  • 2021/04 - Architectural Institute of Japan AIJ Book Award 2021 “Kyo-machiya chart”reveals-The world of Kyo-machiya that Kyoto people do not know Picture
  • 2006 - 日本建築学会 日本建築学会学会賞(論文) 『近世近代町家建築史論』に集大成された一連の町家研究
  • 2006 - 一般財団法人 住総研 住総研 研究・実践選奨賞 稲葉家住宅における普請過程の実録とその特質 -近代民家普請における大工・工程・用材・行事-
Association Membership(s) (3):
日本民俗建築学会 ,  建築史学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page