Rchr
J-GLOBAL ID:200901022137782300   Update date: Nov. 25, 2019

Noda Masato

ノダ マサト | Noda Masato
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Research field  (4): Clinical psychology ,  Educational psychology ,  Social welfare ,  Criminal law
Research keywords  (1): the judicial social services.the child welfare
Papers (45):
  • 野田正人. 学校はいじめをどう見抜き対応するのか. 教育と医学. 2019. 67. 8. 62-67
  • 児童自立支援施設におけるアセスメントについて. 中国児協 中国地区児童自立支援施設協議会. 2018. 2016
  • スクールソーシャルワーカーの「福祉に関する支援」から. 子どもの心と学校臨床. 2018. 19. 33-42
  • 野田正人. 非行問題と学校. 世界の児童と母性. 2017. 81. 49-53
  • 野田正人. 「不登校予備軍」の子どもをどう見立てるか. 月刊教職研修. 2017. 通巻534号. 22-23
more...
MISC (1):
  • 野田正人. 一人一人の多様な課題に対応した切れ目のない組織的な支援の推進. チーム学校と教育相談コーディネーター 一般社団法人日本学校教育相談学会. 2019. 2-3
Books (25):
  • 教育の最新事情がよくわかる本2020
    教育開発研究所 2019 ISBN:9784865607628
  • 教育相談
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623081950
  • 「不登校への対応」で管理職に求められる視点と対応策『別冊教職研修 学校管理職合格セミナー』
    教育開発研究所 2017
  • 教育の最新事情がよくわかる本3
    教育開発研究所 2016 ISBN:9784865607116
  • はじめて学ぶ生徒指導・教育相談
    金子書房 2016 ISBN:9784760832620
more...
Lectures and oral presentations  (102):
  • チーム学校時代のSSWのあり方
    (日本学校ソーシャルワーク学会第14回福島大会分科会 2019)
  • 児童相談所の今日的課題
    (日本子ども社会学会年次大会ラウンドテーブル 2019)
  • 育ちと巣立ちー「貧困」の中で育つ子どもの自立支援
    (第20回子ども家庭福祉学会全国大会シンポジウム 2019)
  • 学校に求められるいじめへの対応と現状
    (京都小児科医会 第35回子どものこころと身体懇話会 2019)
  • 最近の不登校をめぐって
    (日本学校ソーシャルワーク学会近畿ブロック研究会 2019)
more...
Works (229):
  • 福祉と教育の連携
    2019 -
  • ケース会議のすすめ方やアセスメント・プランニングについて
    2019 -
  • 児童虐待と学校の対応
    2019 -
  • チーム学校により登校支援・問題行動のある児童生徒の保護者対応
    2019 -
  • 事例検討「子どもと家族への支援」
    2019 -
more...
Education (1):
  • - 1978 Hanazono University Department of Social Welfare
Work history (28):
  • 2018/04/01 - 立命館大学大学院人間科学研究科 教授【学内兼務】
  • 2009/04 - 2018/03/31 京都府まなび・生活アドバイザー(SSW)・SV
  • 2017/04/01 - 2018/03/24 和歌山県教育委員会スクールソーシャルワーカー・SV
  • 2017/04 - 和歌山県SSWスーパーバイザー
  • 2011/10 - 2016/03 高槻市教委SSW・SV
Show all
Committee career (92):
  • 2017/10 - 2021/03 守山市 守山市いじめ問題第三者調査委員会委員
  • 2014/07 - 2020/05 京都府教育委員会 いじめ防止対策推進委員会委員
  • 2019/04 - 2020/03 京都府教育委員会 平成31年度京都式学力向上教育サポーター事業に係るまなび・生活アドバイザー・スーパーバイザー
  • 2015/01 - 2020/03 文部科学省 不登校に関する調査研究協力者会議座長代理
  • 2016/10 - 2019/10 滋賀県 子ども若者審議会委員
Show all
Association Membership(s) (13):
The Japanese Association for The Study of Guidance and Counseling ,  一般社団 日本子どもの虐待防止学会代議員() ,  日本学校ソーシャルワーク学会関西ブロック運営委員(2016-19) ,  Japanese Society for Prevention of Child Abuse and Neglect ,  Japanese Society for Prevention of Child Abuse and Neglect ,  The Japanese Association for The Study of Guidance and Counseling ,  Japanese Society for the Study of School Social Work ,  Japanese Society for the Study of Social Welfare ,  The Association of Japanese Clinical Psychology ,  Japanese Association of Sociological Criminology ,  The Japanese Association for the Study of Guidance ,  Japanese Society for the Study of Social Welfare, Kansai ,  Japanese Society of Law and Forensic Social Services
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page