Rchr
J-GLOBAL ID:200901022290893781   Update date: Jun. 25, 2019

SUGIYAMA Naoyuki

スギヤマ ナオユキ | SUGIYAMA Naoyuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Biomolecular science
Research keywords  (1): The Chemistry of natural products
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 1997 - 2003 Elucidation of Defensive Mechanism against Okadaic Acid within Halichondria okadai
Papers (52):
more...
MISC (28):
  • 西田紘士, 杉山直幸, 石濱泰. 酸化金属クロマトグラフィーを用いた新規タンパク質C末端ペプチド濃縮法の開発. 第67回質量分析総合討論会. 2019
  • 田畑剛, 吉沢明康, 岩崎未央, 杉山直幸, KAELL Lukas, 石濱泰. 事後ペプチドシーケンスタグを利用する高精度タンパク質同定. 第67回質量分析総合討論会. 2019
  • 内山純貴・今見考志・杉山直幸・石濱泰. 新生ポリペプチド鎖の大規模解析法の開発. 日本薬学会第139年会. 2019
  • 高見祐哉・津曲和哉・Hsin-Yi Chang・杉山直幸・大高章・石濱泰. リン酸化チロシンミミックペプチドプローブを用いたプロテインホスファターゼ濃縮法の開発. 日本薬学会第139年会. 2019
  • 富岡亮太・舟橋充央・小形公亮・張心儀・杉山直幸・石濱泰. プロテオミクスLC/MS/MSにおける高速化の検討. 日本薬学会第139年会. 2019
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 大規模リン酸化プロテオミクスによるシグナル伝達ネットワーク解析
    (第13回日本蛋白質科学会年会 2013)
  • リン酸化プロテオミクスによるシグナル伝達解析
    (第54回日本植物生理学会大会 2013)
  • キノームプロファイリングによる細胞内シグナル伝達の解析
    (平成27年度第7回談話会 2015)
  • 大規模プロテオミクスのための解析ワークフローと統合データベース (jPOST)
    (生命医薬情報学連合大会2015 年大会 2015)
  • リン酸化プロテオミクスを用いたキノームプロファイリング
    (Japan Spotfire Users Group Meeting 2015 2015)
more...
Education (2):
  • - 1998 The University of Tokyo Faculty of Science Chemistry
  • - 2000 The University of Tokyo Graduate School, Division of Science Chemistry
Professional career (1):
  • Master(Science) (The University of Tokyo)
Work history (1):
  • Kyoto University
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page