Rchr
J-GLOBAL ID:200901022644900535   Update date: Sep. 10, 2020

Takeuchi Shimpei

タケウチ シンペイ | Takeuchi Shimpei
Affiliation and department:
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2019 主体的な美術科学習における言語的・身体的活動を通した思考の促進に関する実証的研究
  • 2017 - 2019 若手教員の初年度授業力充実をめざす教員養成教育についての研究~実技教科を中心に
  • 2014 - 2016 教科目標への到達と感性の育みを促す言語活動等を視点とした美術科教育の基盤的研究
  • 2011 - 2012 美術科教育と生涯美術社会との接続に関する社会実験研究
Papers (34):
  • 川口奈々子, 吉岡千尋, 竹内晋平. 素材を実感的に理解することを意図した『幼児の造形表現(保育内容の指導法)』の実践 -和紙と水糊による『Dried drawing』の体験を中心に-. 次世代教員養成センター研究紀要. 2019. 5. 123-130
  • 原山健一, 長友紀子, 竹内晋平, 石山佳奈. 学校現場を想定した自作陶芸窯の研究と授業への展開 -中学校美術科授業における主体的な学びを生む陶芸題材を目指して-. 次世代教員養成センター研究紀要. 2019. 5. 71-78
  • 竹内晋平. メディアとしての明治期・木版多色摺り図画教科書 -京都画壇関係者による学校教育を通した芸術発信に関する検討-. DNP文化振興財団 学術研究助成紀要. 2018. 1. 115-126
  • 竹内晋平. 高等学校芸術科(美術)の鑑賞題材における〔共通事項〕を位置づけた指導に関する検討 -造形の要素などを実感的に理解するための課題設定に着目して-. 奈良教育大学紀要. 2018. 67. 1. 137-142
  • 吉岡千尋, 竹内晋平. レッジョ・エミリア・アプローチにみる光・映像を扱った造形活動の教育的意義 ー情報機器を活用した「幼児の造形表現(保育内容の指導法)」への展開ー. 次世代教員養成センター研究紀要. 2018. 4. 69-76
more...
Books (4):
  • 小学校図画工作科教育法
    建帛社 2018 ISBN:9784767921136
  • 中学校学習指導要領(平成29年告示)解説 美術編
    日本文教出版 2018
  • 主体的・対話的で深い学びの実現を意図した美術科学習の構築 -俵屋宗達筆「舞楽図」(醍醐寺蔵)の鑑賞を事例として-
    奈良教育大学出版会(E-book) 2018
  • 平成29年版 中学校新学習指導要領の展開 美術編
    明治図書出版 2017 ISBN:9784183346100
Lectures and oral presentations  (25):
  • 鑑賞的体験の言語化を通した美術の俯瞰的理解II -プロダクトデザインの鑑賞における発問設計とその効果を中心に-
    (第41回 美術科教育学会 北海道大会 2019)
  • 「教科書」というインタフェイス -教科書は実践と理論のダイナミズムを如何に形成できるのか?
    (和歌山大学美術教育研究会[結び]のシンポジウム 実践的美術教育研究の方法と場を探る -実践ポストアートの時代に美術と教育,実践と理論の創造的関係を形成するために- 2019)
  • 学部教職課程(中学校・高等学校)における 「教科内容研究(各教科)」(複合科目)の構想と展開
    (平成30年度 日本教育大学協会研究集会 2018)
  • 美術の俯瞰的理解を意図した鑑賞授業における発問設計 -学習構造の階層化に基づく試論-
    (第40回 美術科教育学会 滋賀大会 2018)
  • オモロい「コト」のつくり方 -アートマネジメントって仕事になるん?
    (日本アートマネジメント学会 第19回全国大会 <奈良> 2017)
more...
Works (1):
  • 改組 新第5回 日展,彫刻「銀河の下」
    2018 - 2018
Education (3):
  • 2009 - 2013 Kyoto City University of Arts 芸術学専攻
  • 2005 - 2007 Kyoto University of Education 美術教育専修
  • 1992 - 1996 Kyoto University of Education
Professional career (2):
  • 博士(美術) (京都市立芸術大学)
  • 修士(教育学) (京都教育大学)
Committee career (1):
  • 2016/05 - 2018/03 文部科学省 学習指導要領等の改善に係る検討に必要な専門的作業等協力者(中学校美術)
Awards (1):
  • 2009/03/28 - 美術科教育学会 『美術教育学』賞 奨励賞 学術論文「相互鑑賞を通した自尊感情の形成 -図画工作科での実践と心理測定結果から-」(『美術教育学』第29号,2008年, pp.327-338)
Association Membership(s) (6):
美術科教育学会 ,  大学美術教育学会 ,  International Sosiety for Education Through Art ,  日本教師教育学会 ,  日本保育学会 ,  日本アートマネジメント学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page