Rchr
J-GLOBAL ID:200901023428189610   Update date: Mar. 19, 2020

Higuchi Daisuke

ヒグチ ダイスケ | Higuchi Daisuke
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (2): East Asian Comparative Literature ,  Japanese Medieval Literature
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2018 - 2023 「帝国日本形成の物語」(西南・日清・日露各戦争の記憶)の成立に関する調査・研究
  • 2015 - 2018 1894~1896年戦争の記憶に関する比較文学的調査・研究
  • 2010 - 東アジア「伝」文学の比較文学的調査・研究
  • 2009 - 「乱世」のエクリチュール
  • 2009 - アジア・ディアスポラの転向体験-接触空間と植民地主義
Show all
Papers (28):
  • Daisuke Higuchi. The Seaport City as a Contact Zone - Considering its Potential through the Lens of 1940s Kobe Literature. 2016. 15. 115-147
  • 樋口大祐. 戦時下海港都市の多重所属者の表象-海港都市研究の可能性の中心の一つとして-. 日本語日本文学(韓国日本語文学会). 2016. 70. 53-76
  • 樋口大祐. 「大連敗戦文学論-三木卓、石沢英太郎のテクストを中心に-」(韓国語). 海洋都市文化交渉学. 2015. 12. 27-47
  • 樋口 大祐. 一六世紀の歴史叙述と畿内港町 : 『細川両家記』を中心に (特集 十六世紀の文学). 文学. 2012. 13. 5. 164-177
  • 樋口大祐. 16・17世紀日本のキリシタン受容と転向. 日語学習与研究. 2011
more...
MISC (26):
  • The Port City as a Contact Zone(Summary of the Presentation in ICMH7). 2017. 12. 85-85
  • 樋口 大祐(文責). 彙報 : 平成27(2015)年度 海港都市研究センターの活動. 海港都市研究. 2016. 11. 81-83
  • Representations of People with Multiple Affiliations in Wartime Port Cities : Emphasis on the Potential of Research on Port Cities(Summaries:The 12th International Symposium for Port Cities Studies "The Port Cities as an Interdisciplinary Field"). 2016. 11. 71-72
  • 樋口 大祐 (文責). 彙報:平成26(2014)年度 海港都市研究センターの活動. 海港都市研究. 2015. 10. 107-108
  • Higuchi Daisuke. How Can Waka "Open up to the World"?: The Internationalization of Waka Poetry in Sekai-e-hiraku-waka Edited by Shirane Haruo. Japanese Literature. 2014. 63. 4. 58-59
more...
Books (19):
  • Ecocritisism in Japan
    2018
  • 小峯和明監修・金英順編『東アジアの文学圏』(笠間書院)
    2017
  • 張龍妹・小峯和明編『東アジアの文学と女性と仏教』(勉誠出版)
    2017
  • 井上泰至編『近世日本の歴史叙述と対外意識』(勉誠出版)
    2016
  • 鈴木彰ほか編『いくさと物語の中世』(汲古書院)
    2015
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 接触空間としての台南・安平港-佐藤春夫『女誡扇綺譚』における台湾人表象について-
    (「東アジア文化交流 空間・境界・移動」国際学術シンポジウム 2006)
  • 為朝・義経-日本的「英雄」の行方-
    (公開講座『英雄と鎮魂』 2006)
  • 陳舜臣の1930年代小説と華人ディアスポラ
    (「東アジアの接触空間」国際シンポジウム 2006)
  • 為朝譚の系譜とその変遷
    (軍記と語り物研究会 2005)
  • 沖縄をめぐる歴史叙述とその複数性について
    (海洋を通して見た東アジアの文化交流-伝統と革新- 2003)
Education (1):
  • - 1998 The University of Tokyo
Professional career (2):
  • 修士(文学) (東京大学)
  • 博士(文学) (東京大学)
Association Membership(s) (3):
日本台湾学会 ,  和漢比較文学会 ,  日本中世文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page