Rchr
J-GLOBAL ID:200901023592495684   Update date: Jan. 16, 2020

Hirashima Ryuta

ヒラシマ リユウタ | Hirashima Ryuta
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Civil law
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • Legol Protection & High Technology
  • Research on Transaction System for Information Goods
  • Research on Legal System for System-on-Chip
Papers (43):
  • 平嶋,竜太. 「いわゆるAI」関連技術の特許法による保護と課題. 法律時報. 2019
  • 平嶋,竜太. 自然法則の利用の判断-省エネシート事件. 特許判例百選(第5版). 2019
  • 平嶋,竜太. 私的録音録画補償金制度における製造業者の協力義務と特定機器該当性. 別冊ジュリスト著作権判例百選(第6版). 2019. 136-137
  • 平嶋,竜太. 医薬用途発明のクレーム解釈と記載要件-英国法における第二医薬用途クレームに係る裁判例を踏まえて. 別冊パテント. 2018. 20. 109-135
  • 平嶋,竜太. 不正な目的でのインターネットドメイン名の取得・使用. 別冊ジュリスト・メディア判例百選(第2版). 2018. 238-239
more...
Books (18):
  • Legal Protection System for System-on-a-Chip
    信山社出版 信山社出版 1998
  • 最新知的財産判例集(三山峻司先生、松村信夫先生還暦記念論集)
    青林書院 2011
  • 新注解特許法(上)
    青林書院 2011
  • 年報知的財産法2012
    日本評論社 2012
  • 知的財産法の理論的探究(現代知的財産法講座I)
    日本評論社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • Case Study(MCKESSON TECHNOLOGIES INC. v. EPIC SYSTEMS CORPORATION,(No. 2010-1291))
    (2012年度ソフトウエア情報センター(SOFTIC)特許判例研究会第3回 2013)
  • Akamai&Mckesson事件en banc判決の紹介を中心に
    (ソフトウエア情報センター(SOFTIC)SOFTIC間接侵害委員会第2回 2013)
  • 複数薬剤の組合せからなる医薬特許発明の間接侵害
    (2012年度 比較法研究センター知的財産判例研究会例会 2013)
  • 医薬用途発明のクレーム解釈と記載要件-UKにおける第二医薬用途クレームに係る裁判例も踏まえて
    (弁理士会中央知的財産研究所クレーム解釈と記載要件研究会 2017)
  • 「いわゆるAI(人工知能)」関連技術の特許法による保護を巡る課題について
    (西村高等法務研究所AI知的財産法研究会 2018)
Education (1):
  • - 1998 The University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering
Work history (2):
  • 1998 - University of Tokyo Research Associate
  • 1999 - Waseda University Research Associate
Association Membership(s) (4):
JAPAN ASSOCIATION OF INDUSTRIAL PROPERTY LAW ,  THE LAW AND COMPUTERS ASSOCIATION OF JAPAN ,  Information Processing Society of Japan ,  JAPAN ASSOCIATION OF INDUSTRIAL PROPERTY LAW
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page