Rchr
J-GLOBAL ID:200901023616408184   Update date: Sep. 01, 2020

Kikkawa Yoshiaki

キッカワ ヨシアキ | Kikkawa Yoshiaki
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.igakuken.or.jp/mammal/index.html
Research field  (4): Ophthalmology ,  Genetics ,  Otorhinolaryngology ,  Laboratory animal science
Research keywords  (16): 修飾遺伝子 ,  QTL ,  遺伝解析 ,  小眼球症 ,  白内障 ,  加齢性難聴 ,  難聴 ,  Usher症候群 ,  stereocilia ,  有毛細胞 ,  内耳 ,  マウス ,  stereocilia ,  hair cells ,  inner ear ,  mouse
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2015 - 2018 マウス順遺伝学の技術革新に基づく難聴の発症原因解明と聴力正常化近交系の樹立
  • 2015 - 2017 内耳有毛細胞特異的発現アイソフォームの機能を探る
  • 2011 - 2015 ヒト加齢性難聴モデルマウスの遺伝的発症要因の網羅的スクリーニングとヒトへの応用
  • 2012 - 2014 種差に起因する疾患発症の遺伝様式メカニズムの解明
  • 2009 - 2011 動物モデルを用いた難聴発症後の社会行動モニタリング
Show all
Papers (70):
more...
MISC (20):
more...
Patents (2):
Books (18):
  • An Excursus into Hearing Loss (Edited by: S. Hatzopoulos)
    InTechOpen 2018
  • Microsatellite Markers (Edited by: I.Y. Abdurakhmonov)
    InTech 2016
  • Monogr Hum Genet -Genetics of Deafness- (Edited by: B. Vona & T. Haaf)
    Karger Publishers 2016
  • 内耳有毛細胞の感覚毛形成におけるWhirlinの役割
    関西実験動物研究会会報 2012
  • Atopic Dermatitis (Edited by: J. Esparza-Gordillo & I Dekio)
    InTech 2012
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 聴覚障害モデルマウスの開発と病態評価
    (感覚研究コンソーシアム主催・第一回感覚研究シンポジウム 2019)
  • Lrrc30高発現によるマウス加齢性難聴の発症抑制効果.
    (第29回日本耳科学会総会・学術講演会 2019)
  • 順逆遺伝学に基づくマウス加齢性難聴発症原因遺伝子の同定.
    (新潟大学・神経解剖学セミナー 2019)
  • 表現型形成における選択的スプライシングアイソフォームの個別機能.
    (遺伝研研究会「マウス遺伝学・温故知新」 2019)
  • マウスカドヘリン23多型の難聴発症への効果の検証.
    (第28回日本耳科学会総会・学術講演会 2018)
more...
Education (6):
  • 1993 - 1995 Tokyo University of Agriculture
  • - 1995 Tokyo University of Agriculture Zootechnical Science
  • 1991 - 1993 Tokyo University of Agriculture
  • - 1993 Tokyo University of Agriculture Zootechnical Science
  • 1987 - 1991 Tokyo University of Agriculture Department of Animal Science
Show all
Professional career (1):
  • Ph.D. (Tokyo University of Agriculture)
Work history (5):
  • 2011/04 - 現在 東京都医学総合研究所 哺乳類遺伝プロジェクト プロジェクトリーダー
  • 2006/04 - 2011/03 Tokyo University of Agriculture Faculty of Bio-industry
  • 2004/04 - 2006/03 東京都臨床医学総合研究所 疾患モデル開発センター 研究員
  • 2003/04 - 2004/03 MRC Harwell Mammalian Genetics Unit Visiting Postdoctoral Fellow
  • 1995/04 - 2003/03 東京都臨床医学総合研究所 実験動物研究部門 研究員
Committee career (6):
  • 2019 - 現在 理化学研究所バイオリソース研究センター リソース検討委員会委員
  • 2012 - 現在 モロシヌス研究会 幹事
  • 2011 - 現在 日本実験動物学会 学術集会委員
  • 2010 - 現在 北海道実験動物研究会 幹事
  • 2009 - 2018 日本実験動物学会 評議員
Show all
Awards (6):
  • 2018/07 - 第57回日本白内障学会総会 優秀演題賞
  • 2018/05 - Experimental Animals The Most Excellent Paper of The Year on 2013
  • 2014/05 - Experimental Animals The Most Excellent Paper of The Year on 2013
  • 2007/06 - モロシヌス研究会 森脇和郎賞
  • 2006/12 - 日本遺伝学会 Best Paper賞
Show all
Association Membership(s) (9):
THE JAPANESE SOCIETY FOR CATARACT RESEARCH ,  JAPAN OTOLOGICAL SOCIETY ,  日本実験動物学会 ,  日本遺伝学会 ,  日本分子生物学会 ,  International Mammalian Genome Society ,  Japanese Association for Laboratory Animal Science ,  The Genetics Society of Japan ,  The Molecular Biology Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page