Rchr
J-GLOBAL ID:200901023633746891   Update date: Aug. 29, 2020

Hasegawa Hiroshi

ハセガワ ヒロシ | Hasegawa Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (9): biomechanics ,  test and measurement ,  performance analysis ,  sports training ,  バイオメカニクス ,  評価 ,  測定 ,  トレーニング ,  スポーツ
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • training program development to improve sports performance
  • パフォーマンス分析
  • スポーツ現場で使える体力測定システムの開発と活用
  • パフォーマンス向上のためのスポーツトレーニング
Papers (21):
  • 長谷川裕. トレーニング指導の現場で役立つ"実践的"科学研究を推し進めよう. JATI EXPRESS. 2012. vol.32. 18-20
  • 長谷川裕. 心拍変動(HRV)を使ってコンディショニング負荷調整に客観的根拠を持たせよう. JATI EXPRESS. 2012. vol.30. 18-19
  • 長谷川裕. 追い込むべきか...抑えるべきか...それが問題だ-心拍変動分析による超回復モデルおよびフィットネス疲労モデル活用の具体化-. JATI EXPRESS. 2012. vol.29. 16-17
  • 長谷川裕. 心拍変動(HRV)を用いたトレーニング負荷の調整. JATI EXPRESS. 2012. vol.28. 18-19
  • 長谷川裕. ウェイトトレーニングの目的別負荷ゾーン決定法. JATI EXPRESS. 2011. vol.26. 16-17
more...
MISC (21):
  • 長谷川裕. トレーニング指導の現場で役立つ"実践的"科学研究を推し進めよう. JATI EXPRESS. 2012. vol.32. 18-20
  • 長谷川裕. 心拍変動(HRV)を使ってコンディショニング負荷調整に客観的根拠を持たせよう. JATI EXPRESS. 2012. vol.30. 18-19
  • 長谷川裕. 追い込むべきか...抑えるべきか...それが問題だ-心拍変動分析による超回復モデルおよびフィットネス疲労モデル活用の具体化-. JATI EXPRESS. 2012. vol.29. 16-17
  • 長谷川裕. 心拍変動(HRV)を用いたトレーニング負荷の調整. JATI EXPRESS. 2012. vol.28. 18-19
  • 長谷川裕. ウェイトトレーニングの目的別負荷ゾーン決定法. JATI EXPRESS. 2011. vol.26. 16-17
more...
Books (10):
  • トレーニング指導者テキスト 実践編
    大修館書店 2011
  • アスリートとして知っておきたいスポーツ動作と身体のしくみ
    ナツメ社 2009
  • トレーニング指導者テキスト 実技編
    大修館書店 2008
  • トレーニング指導者テキスト 理論編
    大修館書店 2008
  • トレーニング指導の常識を疑え
    ベースボールマガジン社 2007
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • スポーツ競技パフォーマンス改善のためのトレーニング現場におけるデータのモニタリングとリアルタイムフィードバック
    (第20回日本運動生理学会 2012)
  • 子供のスプリントにおけるシューズが及ぼす影響
    (第1回日本トレーニング指導学会 2012)
  • Individual step characteristics of repeated early acceleration in collegiate men soccer playsers
    (8th international conference on strength training 2012)
  • 競技スポーツ・フィットネス分野におけるデータを活用したトレーニング指導ーレジスタンストレーニングの指導現場における筋力とパワーの測定と評価ー
    (日本体力医学会 2011)
  • Effects of Plyometric Training Using a Portable Self-Coaching System on Running Performance and Biomechanical Variables in Jump Exercises
    (33th Anual National Conference of National Strength and Conditioninig Association 2010)
more...
Works (6):
  • 柔道の三次元動作分析による運動学的解析と指導法の検討
    2003 - 2004
  • Validity and reliability of kinematic measurment system for assesing force and power during free weight resistance training
    2002 - 2004
  • スピード&アジリティートレーニングに適したトレーニングシューズの開発研究
    2004 -
  • 特殊なランニングフォームに適したランニングシューズの開発
    2004 -
  • マウスピースによる筋力発揮増強効果
    2002 -
more...
Education (2):
  • - 1981 Hiroshima University
  • - 1979 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 教育学修士 (広島大学)
Work history (1):
  • 1997 - 1998 The Pennsylvania State University
Association Membership(s) (6):
アメリカスポーツ医学会 ,  国際バイオメカニクス学会 ,  日本バイオメカニクス学会 ,  日本フットボール学会 ,  トレーニング科学会 ,  日本体育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page