Rchr
J-GLOBAL ID:200901024501260970   Update date: Jan. 16, 2020

Osada Yuki

オサダ ユウキ | Osada Yuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Education on school subjects and activities
Papers (52):
  • 長田, 友紀. The Contents of a Grade 3 National Language Textbook of Myanmar -Contents Analysis of 2018 Textbook-. Journal of Language Teaching. 2018. 45. 61-66
  • 長田, 友紀. 主体的に自分に問い、行動し続けるための教室の言葉. 初等教育研究会『教育研究』. 2018. 73. 9. 14-17
  • 長田, 友紀. 話合いを視覚化するツールのポイント. 文部科学省教育課程課・幼児教育課 「初等教育資料」. 2018. 968. 76-79
  • 長田, 友紀. ミャンマーでの教科書づくりから学ぶこと. 小学校国語通信 ことばだより. 2018. 2018年春号. 12-13
  • 長田, 友紀. 国語科におけるカリキュラム・マネジメントのポイント. 子どもと創る「国語の授業」. 2018. 58. 28-29
more...
Books (20):
  • 国語科教育学研究の成果と展望
    明治図書 2002
  • 新しい時代のリテラシー教育
    東洋館出版 2008
  • 小学校国語科授業研究 第4版
    教育出版 2009
  • 全国大学国語教育学会編『新たな時代を拓く 中学校・高等学校国語科教育研究』
    学芸図書 2010
  • 『国語の授業を作る<<小学校編>>』
    長門出版社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 「アメリカにおける機能的コミュニケ-ション論の成立と変容-1980年代の州カリキュラムの検討を中心に-」
    (全国大学国語教育学会第99回大会(山形大学) 2000)
  • 「国語科コミュニケーション教育におけるコミュニケーション能力」
    (日本国語教育学会第1回大学部会。筑波大学学校教育部にて。 2001)
  • 「話し合いにおける協同話題構築過程の分析」
    (全国大学国語教育学会第105回大会(沖縄県総合女性センター) 2003)
  • 「1990年代のアメリカにおけるコミュニケーション教育」
    (全国大学国語教育学会107回鹿児島大会(鹿児島大学) 2004)
  • 「1990年代のアメリカにおけるコミュニケーション教育-話す・聞く・メディアリテラシー教育の状況-」
    (北海道教育大学語学文学会(北海道教育大学旭川校) 2004)
more...
Work history (5):
  • 2003/04/01 - 2004/03 HOKKAIDO UNIVERSITY OF EDUCATION
  • 2004/04 - 2007/03 HOKKAIDO UNIVERSITY OF EDUCATION
  • 2007/04/01 - 2007/08/31 HOKKAIDO UNIVERSITY OF EDUCATION
  • 2007/09/01 - 2011/09 University of Tsukuba
  • 2011/10/01 - 2015/03 University of Tsukuba
Association Membership(s) (5):
THE NATIONAL ASSOCIATION OF COLLEGE TEACHERS FOR JAPANESE LANGUAGE AND LITERATURE EDUCATION ,  THE COMMUNICATION ASSOCIATION OF JAPAN ,  JAPAN READING ASSOCIATION ,  National Communication Association ,  National Council of Teachers of English
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page