Rchr
J-GLOBAL ID:200901024511034641   Update date: May. 31, 2020

Shibahara Akihiko

シバハラ アキヒコ | Shibahara Akihiko
Affiliation and department:
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): http://kasekishonen.digick.jp/
Research field  (6): Evolutionary biology ,  Earth resource engineering, energy science ,  Environmental policy and society ,  Environmental impact assessment ,  Environmental dynamics ,  Science education
Research keywords  (1): Rapid prototyping, 3D printer, 3D plotter, CAD, GIS, Geology, Paleontology
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2001 - 底生および浮遊性有孔虫化石群集による海洋環境解析
  • 3次元プロッタを用いた学術用3次元モデルの開発および博物館等との連係
  • 地理情報システムを利用した三次元地質モデルの開発および流動系の解析
Papers (23):
  • 芝原 暁彦. 博物館展示における特撮技術の応用例:ジオラマ展示の複合メディア化の試み.博物館研究2月号特集「ジオラマ展示の新展開」. 博物館研究. 2019. 令和元年9月号
  • 芝原暁彦, 大道寺 覚. ブラタモリに使用された3Dカラーマップ精密地形模型-カルデラ湖を含む火山地形を例として. 月刊「地理」. 2019. 8. 4-5
  • 芝原 暁彦. 次世代のミュージアム ~「博物館発」ベンチャーの創出と活用例~. 日本ミュージアム・マネジメント学会会報. 2018. 83. 23. 21-25
  • 藤原 治, 芝原暁彦. プロジェクションマッピングでリニューアルされた「日本列島立体地質図」. GSJ 地質ニュース. 2018. 7. 7. 178-181
  • 芝原 暁彦. 博物館からイノベーション!~博物館学とものづくり技術のハイブリッドが創出する未来~. 科博SCA広報誌. 2018. 7. 1
more...
MISC (43):
more...
Patents (4):
Books (7):
  • 地質学でわかる! 恐竜と化石が教えてくれる世界の成り立ち (じっぴコンパクト新書)
    実業之日本社 2018 ISBN:4408337617
  • ああ、愛しき古生物たち : 無念にも滅びてしまった彼ら
    笠倉出版社 2018 ISBN:9784773089233
  • 楽しい動物化石
    河出書房新社 2016 ISBN:430925568X
  • 世界の恐竜MAP 驚異の古生物をさがせ!
    エクスナレッジ 2016 ISBN:4767821886
  • 楽しい動物化石
    河出書房新社 2016 ISBN:9784309255682
more...
Lectures and oral presentations  (57):
  • ビジネスコミュニケーションのための三次元視覚化:精密3D造型と立体地質情報の活用
    (日本ビジネスコミュニケーション学会2017年度第2回研究集会 2018)
  • ~未来の博物館を見てみよう~3D造型技術で見る地形と化石
    (広尾学園スーパーアカデミア2018 2018)
  • 博物館における化石標本のデジタルアーカイブとフォトグラメトリー(写真測量)
    (実践恐竜学 2017後期, 福井県立大学 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業開講科目 2017)
  • 縄文時代の生活の舞台(地形・植生)
    (慶應義塾大学教養研究センター実験授業「日吉学」第二回. 2017)
  • 3Dプロジェクション・マッピングで見る東京の地形
    (日本地図学会 平成29年度定期大会 2017)
more...
Works (2):
  • 平成19年度「地質標本館特別展 三宅島火山 -その魅力と噴火の教訓-」協力 (三宅島3次元造形モデル出品)
    2007 -
  • 平成19年度「地質標本館特別展 三宅島火山 -その魅力と噴火の教訓-」協力 (DEM解説用ポスター出品)
Education (1):
  • - 2007 Graduate School of Life and Environmental Science, University of Tsukuba
Professional career (1):
  • 博士 (理学) (筑波大学)
Work history (5):
  • 2019/05 - 現在 Fukui Prefectural University Institute of Dinosaur Research Visiting Professor
  • 2017/06 - 現在 Institute for Service Innovation Studies of Meiji University Researcher
  • 2016/08 - 現在 Research Institute for Earth Science Visualization Technology (Re:V) Research Director
  • 2011 - 現在 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Japan Geological Museum
  • 2008 - 2010 National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Japan The Institute of Geology and Geoinformation
Committee career (6):
  • 2019/05 - 現在 東京地学協会 助成委員
  • 2017/09 - 現在 東京地学教会 行事委員
  • 2017/06 - 現在 日本地図学会 企画委員
  • 2014/09 - 現在 委嘱委員(応用地質株式会社OYOフェア・立体精密地質模型製作および展示アドバイザー)
  • - 現在 委嘱委員(磐梯山噴火記念館・立体精密地質模型開発・製作および活用アドバイザー)2014.6-.
Show all
Awards (2):
  • 2013/11 - Geospatial Information Authority of Japan G-spatial EXPO2013, Geo activity festa, award for excellence 3D visualization and outreach of geological information in museums and geoparks, based on finely detailed miniatures.
  • 2007 - 筑波大学 生命環境科学研究科 研究科長賞
Association Membership(s) (9):
TOKYO GEOGRAPHICAL SOCIETY ,  JAPAN GEOSCIENCE UNION ,  American Geophysical Union: AGU ,  JAPAN CARTOGRAPHERS ASSOCIATION ,  3DNetworkJapan ,  日本地すべり学会 ,  日本リモートセンシング学会 ,  日本古生物学会 ,  日本地質学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page