Rchr
J-GLOBAL ID:200901025401831658   Update date: Dec. 04, 2020

Kaigara Toru

カイガラ トオル | Kaigara Toru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (4): Environmental impact assessment ,  Museology ,  Cultural properties ,  Geography
Research keywords  (5): 立地論 ,  景観評価 ,  自然地理学 ,  Environment Influence Assessment ,  Physical Geography
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 1992 - 海洋環境の影響評価
  • 1992 - Environment Influence Assessment of the seashore
  • 1987 - サンゴ化石の年代測定法に関する研究
  • 1987 - Study on dating method of coral.
  • エコツーリズム・地域環境・観光
Papers (27):
  • 貝柄 徹, 二階堂達郎. ラストベルト視察報告:デトロイト・ピッツバーグの産業遺産. 近畿の産業遺産. 2020. 14. 9-16
  • 貝柄 徹, 二階堂達郎, 岡本篤志. 神戸製鋼所神戸製鉄所第3高炉調査報告書. 2019
  • 貝柄 徹. 学界展望「自然環境・災害」. 人文地理. 2019. 71. 3. 303-306
  • 二階堂達郎, 貝柄 徹. 大阪湾岸臨海工業地帯の景観調査(中間報告). 近畿の産業遺産. 2018. 12. 17-24
  • KAIGARA Toru. Preservation and Utilization of the Indesutrial Heritage in the Reagional Revitalization Project in Hmburg nd the Ruhr Region, Germany. Industrial Heritages in KINKI, Japan. 2018. 12. 9-16
more...
MISC (30):
  • 奈良県の近代化遺産-奈良県近代化遺産総合調査報告書-(分担). 奈良県教育委員会. 2014
  • 貝柄 徹. 近畿ブロックの力を結集して、新しい活動を創出. サイクリングジャパン. 2011. 466. 27
  • 貝柄 徹. 学界展望-自然環境・災害. 人文地理. 2010. 62. 3. 79-80
  • 貝柄 徹. エコツーリズムの歴史と現状. 大手前大学公開講座講義録. 2007. 175-205
  • 貝柄 徹. 人生楽しみま専科. FINEおおさか. 2006. 58. 14-15
more...
Books (15):
  • 神戸製鋼所神戸製鉄所第3高炉調査報告書
    大手前大学史学研究所 2019
  • 海から眺める大阪湾岸臨海工業地帯(概要版)
    大手前大学史学研究所 2018
  • 現代社会を生きるキーワード2
    大阪公立大学共同出版会 2015
  • The Disasters and Mechanism in Eathquakes and Volcanoes.
    2014
  • 現代社会を生きるキーワード
    大阪公立大学共同出版会 2012
more...
Lectures and oral presentations  (31):
  • サイクリングの基礎知識と指導者
    (公益財団法人日本サイクリング協会公認指導者講習会(株式会社あさひ) 2020)
  • アメリカ・ラストベルト(デトロイト・ピッツバーグ)の視察報告
    (近畿産業考古学会2019年度年次大会(奈良文化財研究所) 2019)
  • サイクリングリーダーと地方協会
    (公益財団法人日本サイクリング協会公認指導者講習会(アネックスパル法円坂) 2019)
  • サイクリングのリスクマネジメント
    (公益財団法人日本サイクリング協会公認指導者講習会(株式会社あさひ) 2019)
  • 久金属工業の調査の概要
    (近畿産業考古学会(大阪歴史博物館) 2019)
more...
Works (32):
  • 南海地域における琉球の歴史地理的実体と意味の総合的研究
    2005 -
  • 大阪府枚方地域の大気環境測定
    2005 -
  • 放射性炭素年代法の実用化
    1999 -
  • The utility of the radiocarbon dating
    1999 -
  • 兵庫県豊岡盆地の形成過程
    1998 -
more...
Education (3):
  • 1987 - 1993 Kansai University
  • 1985 - 1987 Osaka Kyoiku University
  • - 1984 Kansai University
Professional career (2):
  • - (Kansai University)
  • - (Osaka Kyoiku University)
Work history (7):
  • 2007/04 - 現在 Otemae University Faculty of Cultural and Historical Studies
  • 2003/04 - 2007/03 Otemae University
  • 1997/09 - 2003/03 Kansai Gaidai University College of International Language and Communication
  • 1996/04 - 1997/08 Kansai Gaidai University College of International Language and Communication
  • 1993/04 - 1996/03 Kansai Gaidai University College of Foreign Studies
Show all
Association Membership(s) (8):
日本サンゴ礁学会 ,  ESR応用計測研究会 ,  地理科学学会 ,  人文地理学会 ,  日本地形学連合 ,  日本第四紀学会 ,  日本地理学会 ,  近畿産業考古学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page