Rchr
J-GLOBAL ID:200901025803493244   Update date: Oct. 26, 2021

Kanaoka Shokyoku

カナオカ ショウキョク | Kanaoka Shokyoku
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.mat.usp.ac.jp/polymer-chemistry/
Research field  (3): Synthetic organic chemistry ,  Polymer materials ,  Polymer chemistry
Research keywords  (11): 高分子精密合成 ,  星型ポリマー ,  リビングラジカル重合 ,  RAFT重合 ,  温度応答性高分子 ,  刺激応答性高分子 ,  機能性表面・界面 ,  リビングカチオン重合 ,  Living cationic polymerization ,  Star-shaped polymer ,  Precision polymer synthesis
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2012 - 2016 複数の機能をもつ星型ポリマーのドミノ精密合成:混ぜるだけの革新的ワンステップ合成
  • 2010 - 2015 界面機能設計による融合マテリアルの構築
  • 2010 - 2015 界面機能設計による融合マテリアルの構築
  • 2009 - 2012 構造の明確な刺激応答性星型ポリマーの集合体による分子フラスコの構築
  • 2007 - 2009 温度応答性高分子ミセルまたは星型ポリマーによる金ナノ微粒子触媒の創製および再利用
Show all
Papers (134):
MISC (102):
Patents (12):
  • 星形ポリマー
  • 星形ポリマー
  • 星形ポリマー
  • 触媒作用を有する金担持微粒子、その製造方法及びそれを用いた酸化方法
  • フッ素含有共重合体、並びに撥油性及び/又は撥水性コーティング剤
more...
Books (11):
  • リビングカチオン重合による機能性高分子の合成(リビングラジカル重合 -機能性高分子の合成と応用展開-:第I編第10章)
    シーエムシー出版 2018
  • 精密重合が拓く高分子合成 Part II 第14章星型ポリマー(CSJカレントレビュー20)
    化学同人 2016
  • 高分子ナノテクノロジーハンドブック-最新ポリマーABC技術を中心として- 第2編 第1章 第2節 リビングカチオン重合
    エヌ・ティー・エス 2014
  • Advances in Fluorine-Containing Polymers: Chapter 5 Well-Defined Fluorine-Containing Star Polymers of Vinyl Ethers
    ACS Books 2013
  • 高分子基礎科学One Point 第2巻 精密重合II:イオン・配位・開環・逐次重合 第3章 カチオン重合
    共立出版 2013
more...
Lectures and oral presentations  (21):
  • 温度応答性自由末端鎖を高密度に有する星型ポリマーを 架橋点に持つポリアクリルアミドゲルの合成と特性
    (第68回高分子討論会 2019)
  • RAFT重合誘起組織化を利用した架橋ドメイン構造を有するヒドロゲルの設計と空気中における熱応答特性
    (第68回高分子討論会 優秀ポスター賞 2019)
  • 高密度構造に起因するコア架橋型星型ポリ(<i>N</i>-イソピロピルアクリルアミド)の特異的温度応答挙動
    (第68回高分子討論会 優秀ポスター賞 2019)
  • 様々な構造因子がポリ(<i>N</i>-イソピロピルアクリルアミド)の温度応答性に与える影響:コア架橋星型構造に起因する特異的温度応答挙動
    (第68回高分子学会年次大会 2019)
  • Precision Synthesis and Functionalization of Well-Defined Polymers with Crosslinked Structures
    (68th SPSJ Annual Meeting 2019)
more...
Education (3):
  • 1990 - 1993 Kyoto University
  • 1988 - 1990 Kyoto University Department of Polymer Chemistry
  • 1984 - 1988 Kyoto University Department of Polymer Chemistry
Professional career (3):
  • Ph D.(Engineering) (Kyoto University)
  • Master(Engineering) (Kyoto University)
  • 博士(工学) (京都大学)
Work history (9):
  • 2016/04/01 - 現在 The University of Shiga Prefecture School of Engineering Department of Materials Science Professor
  • 2004/01 - 2016/03 Osaka University Graduate School of Science, Department of Macromolecular Science associate professor
  • 2002/07 - 2004/01 大阪大学大学院 理学研究科 高分子科学専攻 講師
  • 1995/04/01 - 2002/06/30 The University of Shiga Prefecture School of Engineering Department of Materials Science Lecturer
  • 1995 - 2002 Lecturer, School of Engineering,
Show all
Committee career (6):
  • 2020/06 - 現在 高分子学会関西支部 常任幹事
  • 2015/06/01 - 2017/05/31 高分子編集委員
  • 2012/06/01 - 2014/05/31 高分子学会行事委員
  • 2009/04/01 - 2011/03/31 日本化学会近畿支部代表正会員
  • 2008/04/01 - 2010/03/31 日本化学会近畿支部幹事
Show all
Awards (2):
  • 2004/05 - 高分子学会 Polymer Journal 論文賞
  • 2004 - "Award for the Outstanding Paper" published in the Polymer Journal
Association Membership(s) (5):
高分子学会 ,  American Chemical Society ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  American Chemical Society ,  The Chemical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page