Rchr
J-GLOBAL ID:200901026058926385   Update date: Aug. 25, 2020

Nonaka Tsuguhiho

ノナカ ツグヒロ | Nonaka Tsuguhiho
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://zoukou.life.shimane-u.ac.jp/ruraleng/shisetsuken/nonaka/index.html
Research field  (2): Rural environmental engineering and planning ,  Civil engineering (materials, implementation, construction management)
Research keywords  (5): コンクリート工学 ,  水利施設工学 ,  Water-use Structure Engineering ,  Agricultural Structure Engineering ,  Concrete Technology
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2013 - 2015 宍道湖における水草、ヨシ等の有効な活用及び処理方法に関する研究
  • 2010 - 2012 管路更生工法の性能規定化における照査技術の開発
  • 2007 - 2011 水環境修復と地域未利用資源活用を包括した機能性材料の開発
  • 2004 - 2006 農業水利施設の性能設計・性能施工に関する研究
  • 2002 - 2004 「高度水処理材料の複合化と循環利用に関する研究開発」
Show all
MISC (84):
more...
Books (4):
  • コンクリート工学ハンドブック
    朝倉書店(東京) 2009 ISBN:9784254260137
  • 機能保全における性能設計入門「1.性能設計の現状」
    農業農村工学会(東京) 2008
  • 2.防食被覆の性能設計 「上下水道施設のコンクリート防食実務」所収
    森北出版株式会社 2005 ISBN:4627495919
  • 1.コンクリート構造物の特徴 「上下水道施設のコンクリート防食実務」所収
    森北出版株式会社 2005 ISBN:4627495919
Lectures and oral presentations  (84):
  • 産業副産物を複合利用した機能性覆砂材の安全性評価とLCC評価
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • 地域未利用資源を用いたポーラスコンクリート型濾材のリン除去能力に関する基礎的研究
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • 機能性覆砂材の配合と基本的性能に関する検討
    (平成21年度第6回土木学会中国支部島根会研究・事例発表会 2010)
  • Verification of applicability of design manners to SPR method for systemized design procedure
    (13th International Congress on Polymers in Concrete 2010)
  • 廃瓦機能性覆砂材の開発とその特性に関する基礎的研究
    (第64回農業農村工学会中国四国支部講演会 2009)
more...
Works (3):
  • Cooperative of innovative technology and advanced research in Lakes Shinji and Nakaumi area
    2002 -
  • Survey on Precast Method to construct Water-retaining Structure in New Zealand
    1993 -
  • Survey on Agricultural Engineering in Africa, Kenya
    1987 -
Professional career (1):
  • Doctor of Agriculture (Kyoto University)
Work history (1):
  • Shimane University Faculty of Life and Environmental Science, Department of Regional Development, Engineering on Rural Environment Professor
Committee career (4):
  • 2013 - 2014 地域活性学会 理事・副会長
  • 2010 - 2014 日本雨水資源化システム学会 理事
  • 2004 - 2013 評議員2004年~2013年副学部長(地域連携担当)2012年~2013年学長特別補佐(大学改革担当)2012年~地域課題学習支援センター長 2013年~
  • 2011 - 2012 日本コンクリート工学会・コンクリート年次大会委員会 生コンセミナー部会委員
Awards (3):
  • 2004 - STUP CONSULTANTS LTD AWARD
  • 2002 - JSIDRE Award(excellent paper)
  • 1991 - JSWA Award(excellent paper)
Association Membership(s) (10):
日本雨水資源化システム学会 ,  日本コンクリート工学会・コンクリート年次大会委員会 ,  地域活性学会 ,  The Society of Materials Science, Japan ,  Japan Rainwater Catchment Systems Association ,  Japan Sewage Works Association ,  Japan Concrete Institute ,  The Japan Society of Civil Engineers ,  Drainage and Reclamation Engineering ,  The Japanese Society of Irrigation
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page