Rchr
J-GLOBAL ID:200901026255130347   Update date: Sep. 23, 2020

Kuno Kiyoko

クノ キヨコ | Kuno Kiyoko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): Local studies ,  Cultural anthropology and folklore ,  Sociology
Research keywords  (6): エスニシティ ,  国際社会 ,  マイノリティ ,  Ethnicity ,  International Society ,  Minorities
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 1999 - Studies on Roma in Spain
  • 1999 - スペインにおけるロマ問題
  • マイノリティと政治-ジプシーの『住行為』と公共住居政策との間にある溝について-
  • マドリッドにおける居住問題-ジプシーの「住む行為」と居住政策との間にある溝について-
  • スペイン・マドリッドにおけるジプシー居住問題と対ジプシー住居政策
MISC (13):
  • 久野聖子. バルセロナ市における移民包摂の動き-「民主的反復」の可能性を秘めた闘い-. 包摂・共生の政治か、排除の政治か-移民・難民と向き合うヨーロッパ. 2019. 225-261
  • 久野聖子. 「「ヒターノ」から「ひとりの人 間」へ - あるフラメンコ・ギタリス トに対する表象についての一考察」. 『GR』. 2014. 第3号. 1-30
  • 久野聖子. 言い表せないものの可能性-フラメンコにおける「ドゥエンデ」をめぐって. コンフリクトの人文学. 2012. 5. 91-115
  • 久野 聖子. ヒターノであり、スペイン人であること-ヒターノの土着性についての一考察. 『言語文化』. 2009. 12. 1. 139-166
  • 久野 聖子. UnionからForumへ EU統合時代におけるロマ. 千里文化財団 『季刊民族学』. 2008. 123. 38-41
more...
Books (1):
  • 「アンダルシアのロマ」と「コラム:珍しい住居」『アンダルシアを知るための53章』
    明石書店 2012
Lectures and oral presentations  (1):
  • スペイン・マドリードにおけるジプシーの自発的居住行為と対ジプシー住居政策
    (第75回日本社会学会大会(日本社会学会) 2002)
Education (6):
  • - 2003 The University of Tokyo
  • - 2003 The University of Tokyo Area Studies
  • - 1999 The University of Tokyo
  • - 1999 The University of Tokyo Area Studies
  • - 1996 Tokyo University of the Arts Musicology
Show all
Professional career (1):
  • Master of Arts (The University of Tokyo)
Work history (2):
  • 2003/04 - 2005/03 Tokyo University of Agriculture and Technology, part-time lectuer,
  • 2003/04 - 2005/03 Tokyo University of Agriculture and Technology
Association Membership(s) (6):
関東社会学会 ,  社会学会 ,  スペイン史学会 ,  The Kantoh Sociological Society ,  The Japan Sociological Society ,  Sociedad Japonesa de Historia de España
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page