Rchr
J-GLOBAL ID:200901026466152169   Update date: Aug. 27, 2020

Togaya Toshihiro

トガヤ トシヒロ | Togaya Toshihiro
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor,Assistant Professor
Research field  (3): Prosthodontics ,  Biomaterials ,  Biomedical engineering
Research keywords  (4): 生体材料工学 ,  歯科理工学 ,  Biomedical Engineering ,  Dental Engineering
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • レーザーを用いた生体用金属の加工法に関する研究
  • 純チタンおよびチタン合金の歯科鋳造に関する研究
  • 純チタンおよびチタン合金の生体材料への応用に関する研究
  • Laser Processing for Biometals
  • Studies on Dental Casting of Pure Titanium and Its Alloys
Show all
Papers (40):
more...
MISC (32):
  • 都賀谷 紀宏. MR 信号を用いた7T MRIによる新しい温度計測法の開発. 第42回日本磁気共鳴医学会大会. 2014
  • 都賀谷 紀宏. 7T MRIの1H-MRSによる水-NAAの共鳴周波数変化を用いた温度計測. 第42回日本磁気共鳴医学会大会. 2014
  • 都賀谷紀宏. 急変する中国歯科技工業界-中国歯科技工界のパワーとアメリカ 歯科技工界の変容-. クローバー会40 周年記念講演会(2012. 3.25.大阪市). 2012
  • 中井隆介, 東 高志, 茂野啓示, 瀧澤 修, 都賀谷紀宏, 玄丞烋. 多断面動的撮像・高解像度3次元撮像を用いた下顎の開閉口運動と咬筋の解析. 第39回日本磁気共鳴医学会大会. 2011
  • Shigeru Hanatani, Chikahiro Ohkubo, Ema Muraishi, Daigo Hayashi, Yukihiro Mizuno, Ai Tokue, Norio Takishin, Eiji Miura, Toshihiro Togaya. Titanium & Laser Welding -The finest combination-. 13th International College of Prosthodontists. 2009
more...
Books (29):
  • レーザー歯学の手引き
    デンタルダイヤモンド社 2015
  • 変化する中国歯科技工界の現状と展望を探る-日本の優れた技術をどう活かし,どう付き合うべきか-(後編)グローバル化する中国歯科技エ界のこれから
    医歯薬出版「歯科技工」 2012
  • グローバル化する歯科技工界一特別レポートを読んで-
    医歯薬出版「歯科技工」 2012
  • 変化する中国歯科技工界の現状と展望を探る-日本の優れた技術をどう活かし,どう付き合うべきか-(中編)社会的側面からみた現状と今後の成長阻害要因
    医歯薬出版「歯科技工」 2012
  • 変化する中国歯科技工界の現状と展望を探る-日本の優れた技術をどう活かし,どう付き合うべきか-(前編)現代中国の歯科医療市場と医療保険制度
    医歯薬出版「歯科技工」 2012
more...
Lectures and oral presentations  (37):
  • 歯科レーザー溶接のビームパラメータ設定の基礎
    (歯科レーザープロセッシングフォーラム15周年記念講演会 2014)
  • レーザーの基礎とレーザー加工の最近の話題
    (第29回DLPフォーラム 2014)
  • 『歯科技工学概論』のすすめ -歯科医学の歴史からこれからの歯科技工を考える
    (第28回DLPフォーラム 2013)
  • 医歯一元論・二元論と歯科技工 ~ 歯科技工士の“立ち位置”を考える ~
    (平成25年度 関西北陸地区歯科技工士学校連絡協議会 2013)
  • 医歯一元論・二元論と歯科技工 ~歯科技工士の“立ち位置”を考える~
    (第6回歯科レーザープロセッシングフォーラム 2013)
more...
Education (4):
  • - 1977 Kyoto Institute of Technology
  • - 1977 Kyoto Institute of Technology
  • - 1975 Kyoto Institute of Technology
  • - 1975 Kyoto Institute of Technology
Professional career (2):
  • Doctor of Dental Science (Asahi University)
  • Master of Engineering (Kyoto Institute of Technology)
Committee career (2):
  • 2000 - 歯科チタン学会 理事
  • 1996 - 日本バイオマテリアル学会 評議員
Association Membership(s) (7):
レーザ加工学会 ,  歯科チタン学会 ,  日本歯科技工学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  日本歯科理工学会 ,  国際歯学研究会(International Association for Dental Research)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page