Rchr
J-GLOBAL ID:200901026480713203   Update date: Aug. 31, 2020

Harada Tsutomu

ハラダ ツトム | Harada Tsutomu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Business administration
Research keywords  (2): 産業組織・経済成長論 ,  経営戦略・組織・技術マネジメント
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2024 The study of creativity at individual and group levels using large scale biological data
  • 2014 - 2019 イノベーション確率最大化基準にもとづくイノベーション戦略・組織の抜本的再検討
  • 2006 - 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
  • 2005 - 先端ビジネスシステムの研究開発教育拠点
Papers (49):
  • Tsutomu Harada. The effects of risk-taking, exploitation, and exploration on creativity. PLOS ONE. 2020. 15. 7. 1-16
  • Tsutomu Harada. Learning From Success or Failure? - Positivity Biases Revisited. Frontiers in Psychology. 2020. 11
  • 原田 勉. OODA ループ. IEレビュー. 2020. 61. 1. 63-69
  • 原田 勉. OODAループによる イノベーション・マネジメントへの挑戦. 研究開発リーダー. 2019. 16. 7. 50-53
  • HARADA TSUTOMU. 創造的人材の条件. 商工金融. 2019. 6. 5-21
more...
MISC (2):
  • HARADA Tsutomu. イノベーションを成功に導く「確率の経営」. 調査月報. 2014. 72. 2-3
  • HARADA Tsutomu. 境界連結活動における学習効率性. ビジネス・インサイト. 1999. 7. 2. 100-116
Books (13):
  • OODA MANAGEMENT
    東洋経済新報社 2020
  • OODA LOOP
    東洋経済新報社 2019
  • Economics of an Innovation System
    Routledge 2019
  • イノベーションを巻き起こす 「ダイナミック組織」戦略
    日本実業出版社 2016
  • イノベーション戦略の論理-確率の経営とは?
    中公新書 2014
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 個人レベルの創造性を規定する要因に関する実証分析
    (組織学会・日本経営学会関西部会 2019)
  • 破壊的・持続的イノベーションのマクロ経済的 インプリケーション
    (組織学会 2018)
  • Multi-sector Induced Innovation Model: Another Use of Input-output
    (21st International Input-Output Conference 2013)
  • Competing Technologies and the Effect of Competition on Innovation
    (進化経済学会関西研究部会 2008)
  • Three step flow of communication
    (組織学会研究発表大会 1998)
Education (1):
  • - 1997 スタンフォード大学 大学院
Professional career (2):
  • 経済学博士(Ph. D.) (スタンフォード大学)
  • 博士(経営学) (神戸大学)
Committee career (7):
  • 2009/07 - 現在 関西情報・産業活性化センター 「e-Kansaiレポート」委員会主査
  • 2003/10 - 現在 関西生産性本部 関西経営品質賞判定委員会副委員長
  • 2001/04 - 現在 関西生産性本部 関西経営品質協議会企画実践委員会副委員長
  • 1999/04 - 現在 日本学術振興会 産業構造中小企業第118委員会委員
  • 2016 - Global Journals Global Journals 編集委員
Show all
Awards (4):
  • 2000/06 - 組織学会 組織学会高宮賞(著書部門) 知識転換の経営学
  • 2000/01 - 日本ナレッジマネジメント学会 日本ナレッジマネジメント学会研究奨励賞 知識転換の経営学
  • 2000/01 - 社団法人日本経営協会 経営科学文献賞奨励賞 知識転換の経営学
  • 1999/06 - 組織学会 組織学会高宮賞(論文部門) 汎用・専用技術の相互浸透
Association Membership(s) (2):
日本経済学会 ,  組織学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page