Rchr
J-GLOBAL ID:200901026498758042   Update date: Sep. 14, 2020

Okamoto Yasuo

オカモト ヤスオ | Okamoto Yasuo
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.kawasaki-m.ac.jp/med/study/info.php?id=205
Research field  (3): Pharmacology ,  Medical biochemistry ,  Pathobiochemistry
Research keywords  (3): 機能性脂質 ,  脂質メディエーター ,  脂質生物学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 脂質メディエーター分解酵素を標的とした肺線維症の新規治療法の基盤開発
  • 2015 - 2018 急性肺損傷に関わるスフィンゴ脂質シグナリングの解明と新規治療戦略
  • 2010 - 2013 抗動脈硬化薬標的分子としてのスフィンゴシン-1-リン酸受容体の発生工学的研究
  • 2006 - 2008 哺乳動物で生成される内因性マリファナ様物質アナンダミドの生理作用の解明
  • 2004 - 2006 内因性マリファナ様物質アナンダミドの生合成に係る新規ホスホリパーゼDの解析
Show all
Papers (86):
more...
MISC (3):
Patents (2):
  • マクロファージの増殖・分化阻害又はマクロファージの老化促進による肺線維症の抑制
  • 血管内皮関門障害に関連した疾患又は症状を予防及び/又は治療するための候補物質のスクリーニング方法
Books (9):
  • Vascular Endothelial S1P「Bioactive Lipid Mediators」
    Springer 2015
  • Bioactive Lipid Mediators ”Vascular Endothelial S1P”
    Springer 2015
  • スフィンゴシン1-リン酸、疾患モデルの作製と利用-脂質代謝異常と関連疾患<<下巻>>
    エル・アイ・シー社 2015
  • 脂質代謝II:特殊な脂質代謝経路「デブリン生化学原書」
    丸善出版 2012
  • デブリン生化学原書 7 "脂質代謝II:特殊な脂質代謝経路"
    丸善出版 2012
more...
Lectures and oral presentations  (139):
  • 肺線維症で増加するGrowth/differentiation factor 15 (GDF15) はマクロファージと線維芽細胞を活性化する
    (第137回 日本薬理学会 近畿部会 2020)
  • 膵β細胞における小胞体ストレス応答転写因子ATF4の機能解明
    (第61回日本生化学中国・四国支部例会 2020)
  • Growth/differentiation factor 15 (GDF15)はマクロファージと線維芽細胞の活性化を介して肺の線維化を促進する
    (第61回日本生化学中国・四国支部例会 2020)
  • <I>N</I>-アシルエタノールアミンの加水分解における内在性酸性セラミダーゼの関与
    (第62回日本脂質生化学会 2020)
  • 酸性セラミダーゼは抗炎症・食欲抑制性メディエーターである<I>N</I>-アシルエタノールアミンを生体内で加水分解する
    (日本薬学会第140年会 2020)
more...
Education (3):
  • 1992 - 1996 Kyoto University
  • 1992 - 1996 Kyoto University
  • 1986 - 1992 Toyama Medical and Pharmaceutical University
Professional career (1):
  • 博士(医学) (京都大学)
Work history (9):
  • 2016/08 - 現在 Kawasaki Medical School
  • 2007/04 - 2016/07 金沢大学 医学部 助教授・准教授
  • 2007/04 - 2016/07 Kanazawa University
  • 2003/10 - 2007/03 Kagawa University Faculty of Medicine
  • 2002/07 - 2003/09 Kagawa Medical University
Show all
Committee career (5):
  • 2018/09 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2018/01 - 現在 日本脂質生化学会 幹事
  • 2016/04 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
  • 2012/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2011/04 - 現在 日本生理学会 評議員
Awards (1):
  • 1999/03 - Banyu Fellowship Awards in Lipid Metabolism & Atherosclerosis
Association Membership(s) (7):
THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  日本血管生物医学会 ,  日本脂質生化学会 ,  日本生化学会 ,  THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  日本薬理学会 ,  日本医学教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page