Rchr
J-GLOBAL ID:200901026588635896   Update date: Aug. 28, 2020

Kodama Itsuo

コダマ イツオ | Kodama Itsuo
Research field  (1): Cardiology
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 1998 - 心臓の細胞間結合:病態に伴う変化
  • 1998 - Gap junction remodeling in the heart
  • 1980 - 心臓の歩調取り機構
  • 1980 - 不整脈の発生機序
  • 1980 - Pacemaking mechanism of the heart
Show all
MISC (619):
more...
Patents (1):
  • 細動防止装置及び除細動装置.
Books (109):
  • 杉本恒明(監), 井上 博(編): Medical Topics Series 不整脈2009.スパイラル・リエントリーと抗不整脈薬.
    メディカルレビュー社 2009
  • 不整脈・総論.小川聡、藤田敏郎(編)内科学書(改訂第7版)3.循環器疾患、腎・尿路疾患.
    中山書店 2009
  • 笠貫 宏(編) 新しい診断と治療のABC 15. 心房細動(改訂第2版)(最新医学 別冊)第2章 病理・病態生理 「発生機序」.
    最新医学社 2009
  • 今日の治療指針 2009年版(Volume 51)・Sicilian Gambitに基づく抗不整脈薬の分類.
    医学書院 2009
  • 循環器薬物治療実践シリーズVIII. リドカイン、ニフェカラント、アミオダロン静注薬の使い方-重症心室不整脈への対策-・大江 透, 萩原誠久, 小野克重, 平岡昌和(編集)・Kチャネル遮断薬による心室スパイラル・リエントリーの制御.
    株式会社ライフメディコム 2009
more...
Works (15):
  • 植込み型突然死予防装置の開発
    2007 - 2007
  • スパイラル・リエントリーの抜錨による致死性不整脈防止技術の開発
    2007 -
  • 心筋への交感神経支配再構築による不整脈発生基質の修復
    2007 -
  • 致死性心臓不整脈発生メカニズムの解明~心臓突然死動物モデルを用いた検討
    2007 -
  • 筋細胞への電気生理試験
    2007 -
more...
Professional career (2):
  • PhD of Medeical Science (Nagoya University)
  • 医学博士
Work history (1):
  • Nagoya University Research Institute of Environmental Medicine, Research Institute of Environmental Medicine Stress Adaptation and Protection Professor
Committee career (6):
  • 2002 - 2009 日本循環器学会 理事
  • 2005 - 2007 日本生体医工学会 代議員
  • 2001 - 国際心臓研究学会・日本部会 理事
  • 1997 - 日本心電学会 理事
  • 1991 - 日本内科学会 東海地方評議員
Show all
Awards (1):
  • 1982 - 第7回日本心臓財団研究奨励
Association Membership(s) (11):
日本薬理学会 ,  日本生理学会 ,  日本内科学会 ,  日本生体医工学会 ,  国際心臓研究学会・日本部会 ,  日本心電学会 ,  日本循環器学会 ,  Japanese Section ,  International Society of Heart Research (ISHR) ,  Japanese Society of Electrocardiogy ,  Japanese Society of Circulation
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page