Rchr
J-GLOBAL ID:200901026795238678   Update date: Aug. 30, 2020

Ban Seiji

バン セイジ | Ban Seiji
Affiliation and department:
Job title: Part-time lecturer
Research field  (5): Prosthodontics ,  Composite materials and interfaces ,  Inorganic materials ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials
Research keywords  (8): セラミックス ,  物性 ,  複合材料 ,  生体材料 ,  Ceramics ,  Properties ,  Composite Materials ,  Biomaterials
Research theme for competitive and other funds  (31):
  • 2010 - 2011 ジルコニア表面の生体活性化処理法の開発と歯科インプラントへの応用
  • 2009 - 2011 ポリマーブレンドを応用したウレタン系義歯床用材料の開発研究
  • 2009 - 2010 Development of zirconia complex for metal free restoration
  • 2008 - 2010 Preparation of Bioresorbable Nanoporous Fibermats for Bone Regeneration in a Dental Field
  • 2000 - 2010 Dental application of high strength ceramics
Show all
Papers (20):
MISC (125):
Patents (14):
  • 歯科用インプラント材料及びその製造方法
  • 生体適合性高強度セラミック複合材料とその製造方法
  • インプラント材料の製法
  • リン酸カルシウム被膜の製造方法
  • 電解液のpH分布測定装置
more...
Books (15):
  • 歯科技工別冊 臨床技工材料学の本 中込敏夫・伴清治編
    医歯薬出版 2012
  • 歯科用CAD/CAMデンタルテクノロジー、日本歯科CAD/CAM学会・全国歯科技工士教育協議会 監修、末瀬一彦、宮崎隆 編
    医歯薬出版 2012
  • 歯科技工 別冊 ジルコニアレストレーション、宮崎隆、三浦広之、木村健二編
    医歯薬出版 2010
  • 補綴臨床 別冊 最新CAD/CAMレストレーション (分担) 第3章 導入にあたっての注意点 4フレーム処理の注意点
    医歯薬出版 2008
  • 補綴臨床 別冊 最新CAD/CAMレストレーション (分担) 第1章 オールセラミックスの可能性を開くジルコニア 1理工学的特徴
    医歯薬出版 2008
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • 最新生体材料の臨床応用
    (第21回日本歯科医学会総会 2008)
  • Nd:YAGレーザー照射により生じたジルコニア表面の黒化と亀裂
    (第51回日本歯科理工学会学術講演会 2008)
  • サンドブラスト処理によりチタン表面に生じる残留応力とその緩和
    (第21回歯科チタン学会 2008)
  • Fracture toughness of dental zirconia after autoclaving
    (IUMRS International Conference in Asia 2008 2008)
  • Properties of Dental Zirconia Changed with Sintering Temperature
    (56th General Session of the Japanese Association for Dental Research 2008)
more...
Works (2):
  • 日本セラミックス協会 第22回セラミックスに関する顕微鏡写真展 セラモグラフィック賞 技術部門銀賞
    1996 - 1997
  • Japanese Ceramic Society, 22nd Microscopic Photograph Exhibition on Ceramics, Ceramographic award, Technical region, Silver award
    1996 - 1997
Education (4):
  • 1974 - 1976 Nagoya Institute of Technology
  • - 1976 Nagoya Institute of Technology
  • 1970 - 1974 Nagoya Institute of Technology
  • - 1974 Nagoya Institute of Technology
Professional career (2):
  • Doctor of Engineering (Nagoya Institute of Technology)
  • Doctor of Dentistry (Aichi Gakuin University)
Committee career (4):
  • 2008 - 2011 Directors, Japanese Society for Dental Materials and Devices
  • 2007/04 - 2009/09 日本歯科理工学会 英文誌編集委員長
  • 2001/04 - 2009/09 日本歯科理工学会 理事
  • 2001 - Japanese Society for Dental Materials and Devices director
Awards (2):
  • 2013/04 - 日本歯科理工学会 第60回日本歯科理工学会学術講演会発表優秀賞
  • 2003/04 - 日本歯科理工学会 日本歯科理工学会論文賞
Association Membership(s) (5):
日本歯科理工学会 ,  Society for Titanium alloys in Dentistry ,  International Association for Dental Research ,  Japanese Society for Dental Materials and Devices ,  Ceramic Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page