Rchr
J-GLOBAL ID:200901027311852241   Update date: May. 11, 2021

KAWAI Kazutake

カワイ カズタケ | KAWAI Kazutake
Affiliation and department:
Research field  (1): Sports science
Research keywords  (5): The month of birth about football players ,  Notational Analysis of Soccer ,  Mechanism of Motor Control in Human ,  サッカーにおけるゲーム分析 ,  ヒトの運動制御機能
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2018 - 2021 脊髄歩行中枢機能からスポーツ選手の「足の速さ」を説明できるか?
Papers (15):
  • Kazutake Kawai, Toshiki Tazoe, Kazuyuki Kanosue, Yukio Nishimura. Input-output relations of the spinal locomotor circuitry in humans. Sport Science Research. 2019. 16. 49-61
  • Kazutake Kawai Dai Yamamoto Tomoyuki Kato Jun Takafuji. A Study of the Relative Age Effects of Junior Soccer Players :When Does the Relative Age Effects Start in School Year?. Football Science. 2018. 15. 52-60
  • Jun Takafuji, Tomoyuki Kato, Dai Yamamoto, Kazutake Kawai. A Study of Relative Age Effects on Junior Soccer Players: A Comparison between Germany, Spain, and Japan for Players Aged 12 or Younger. 体育・スポーツ科学. 2018. 27. 1-10
  • ◎河合一武、高藤 順、太田真司、黒澤 尚、山本 大、北上 優. フットサル選手の誕生月に関する一考察-男女別優秀選手の比較から-. 武蔵丘短期大学紀要. 2012. 19. 155-159
  • ◎河合一武、福井真司、山本 大、 松浦由美子. 女子サッカー選手における誕生月に関する一考察 -競技レベルの違いと競技開始年齢の比較から-. 武蔵丘短期大学紀要. 2008. 15. 15-24
more...
MISC (3):
Books (2):
  • サッカークリニック「フットボール・イズ・エレガント」<11回連載>
    ベースボールマガシン社 2005
  • FA方式ジュニアサッカー教程
    大修館書店 1987
Lectures and oral presentations  (12):
  • Activation of human spinal locomotor circuitry using transvertebral magnetic stimulation
    (The 97th Annual Meeting of Physiological Society of Japan 2020)
  • 経脊椎磁気刺激による脊髄歩行中枢駆動の刺激強度特性
    (2018年度 次世代脳プロジェクト冬のシンポジウム 2018)
  • サッカーの審判評価システムの開発
    (日本体育学会第45回大会(山形大学) 1994)
  • The development of a computerised notational analysis system for soccer allowing accurate reproduction of plays and feedback effects.
    (SECOND WORLD CONGRESS of NOTATIONAL ANALYSIS of SPORT (Wales,Cardiff) 1994)
  • 運動様式の違いが主動筋H反射に与える影響
    (日本体育学会第44回大会(大阪国際交流センター) 1993)
more...
Works (1):
  • サッカーのゲーム分析-コンピュータを利用した即時的分析システムの実用化
    1993 -
Education (7):
  • 1985 - 1988 Nihon University Education
  • 1985 - 1988 Nihon University Education
  • 1985 - 1988 Nihon University Education
  • 1983 - 1985 日本大学 教育学
  • 1983 - 1985 Nihon University Education
Show all
Work history (17):
  • 2016/04 - 現在 Nihon University College of Sports Sciences Professor
  • 2016/04 - 現在 日本大学 スポーツ科学部 教授
  • 2016/04/01 - Nihon University College of Sports Sciences Professor
  • 2009/04/01 - 2016/03/31 - Musashigaoka College Department of Health Science Professor
  • 2009/04/01 - 2016/03/31 - 武蔵丘短期大学 健康生活学科 健康スポーツ専攻 教授
Show all
Committee career (6):
  • 2008/09 - 2010/03 財団法人 日本サッカー協会 女子委員会委員
  • 2007/04 - 2010/03 財団法人 日本サッカー協会 大会部会委員
  • 1994/04 - 1998/03 日本体育学会 評議委員
  • 1996/04 - 1997/03 スポーツ方法学会 事務局
  • 1992/04 - 1997/03 日本体育学会体育方法専門分科会 常任世話人
Show all
Association Membership(s) (5):
日本コーチング学会 ,  日本フットボール学会 ,  日本体育学会 ,  日本運動生理学会 ,  体力医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page