Rchr
J-GLOBAL ID:200901027441529884   Update date: Apr. 07, 2021

Masataka Saito

サイトウ マサタカ | Masataka Saito
Affiliation and department:
Job title: Senior Assistant Professor (Non-tenured)/Assistant Professor (Non-tenured)
Research field  (1): Dermatology
Research keywords  (2): nail diseases ,  pemphigus
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2019 - 2021 皮膚疾患画像ナショナルデータベースの拡充とAI活用診療支援システムの開発
  • 2018 - 2019 皮膚疾患画像ナショナルデータベースの構築とAI活用診療支援システムの開発
  • 2015 - 2018 Elucidation of the role of lipid rafts in the pathophysiology of pemphigus vulgaris
  • 2015 - 2017 [基盤研究 C] 15K09748 尋常性天疱瘡の病態における脂質ラフトの役割の解明
  • 2012 - 2014 [基盤研究 C] 24591634 尋常性天疱瘡抗体の結合による表皮細胞内でのシグナル発生機序の解明
Papers (53):
more...
MISC (6):
more...
Books (5):
  • 今日の診断指針 第8版 2019-2020
    医学書院 2020
  • 皮膚科のくすりの使い方
    じほう 2019
  • 皮膚疾患最新の治療2019-2020
    南江堂 2019
  • 今日の治療指針2018年版
    医学書院 2018
  • 皮膚科臨床アセット19「水疱性皮膚疾患」
    中山書店 2014
Lectures and oral presentations  (106):
  • 爪疾患への苦手意識をなくすための心得
    (日本皮膚科学会 2019年度東部支部企画研修講習会 2019)
  • The automated pre-processing imaging system to realize large-scale skin image analysis with machine learning
    (44th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology 2019)
  • Diagnosis and management of inflammatory nail diseases
    (4th Annual Meeting of Korean Society for Nail Research 2019)
  • Onychopapillomaの1例
    (第70回日本皮膚科学会中部支部学術大会 2019)
  • ドセタキセル・ゲムシタビン併用療法と放射線治療が奏効した頭部血管肉の1例
    (第71回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2019)
more...
Works (6):
  • TBS番組「健康カプセル!ゲンキの時間」爪疾患・爪外来
    2018 -
  • VENEFIT NEWS「皮膚科専門医からみた下肢静脈瘤 サブスペシャリティとしての展望」
    2017 -
  • 読売新聞「からだの質問箱:ガサガサの爪 縦に割れた」
    2015 -
  • 朝日新聞「元気のひけつ:爪」
    2014 -
  • 週刊エコノミスト「+健康アプリ:37爪の病気」
    2013 -
more...
Education (1):
  • 1990 - 1996 Keio University School of Medicine
Work history (1):
  • 1996/04/01 - 現在 Department of Dermatology Keio University School of Medicine
Committee career (4):
  • 2016 - 現在 日本皮膚科学会 代議員(東京支部)
  • 2016 - 現在 日本皮膚科学会 代議員(東京支部)
  • 2013 - 現在 日本研究皮膚科学会 評議員
  • 2013 - 現在 日本研究皮膚科学会 評議員
Association Membership(s) (2):
日本皮膚科学会 ,  日本研究皮膚科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page