Rchr
J-GLOBAL ID:200901028160958839   Update date: Jan. 23, 2011

Ishii Kenji

Ishii Kenji
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Art history ,  Aesthetics and art studies ,  Sociology/history of science and technology
Research keywords  (3): 画像保存 ,  感光性 ,  Photosensitivity
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 1985 - 2005 19世紀中期以降現代に至る画像表現技法及び画像保存に関する研究。
  • 1985 - 2005 Specializing in the field of mid-19th century to Contemporary Photographic process and conservation issues.
  • 1997 - 2003 マルチメディア環境の応用研究。
  • 1997 - 2003 Applied study of Multimedia.
  • 1974 - 2003 コンセプチュアルアート
Show all
MISC (64):
  • 石井健二, 吉岡一洋. グラッフィクデザイン教育に関する研究-1 -デザインマネジメントと広告作成の関係-. 徳島大学総合科学部人間社会文化研究()(大学・研究所等紀要). 2008. 15. 51-70
  • 石井健二, 吉岡一洋. グラッフィクデザイン教育に関する研究-1 -近代グラフィックデザインの変遷について-. 徳島大学総合科学部人間社会文化研究()(大学・研究所等紀要). 2007. 14. 27-42
  • 石井健二. 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究ー14 -ピンホール・カメラによる画像表現の可能性について-. 徳島大学総合科学部人間社会文化研究()(大学・研究所等紀要). 2006. 13. 85-104
  • 石井健二. 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究ー13 -サイアノタイプ技法の可能性について-. 徳島大学総合科学部人間社会文化研究()(大学・研究所等紀要、2005)2/28、83-99,. 2005. 12. 83-99
  • 19世紀中期以降現代に至る画像表現技術に関する研究-12-アルビューメンプリント技法の可能性について-. 徳島大学総合科学部人間社会文化研究. 2004. 11. 19-134
more...
Works (54):
  • アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター市ジョージイーストマンハウス国際写真博物館大学教育部教授マーク・オスターマン氏フランス・スカリー・オスターマン女史と共同による、19世紀中期以降現代に至る現像表現技術及び画像保存に関する学術調査及び湿版技法の再現研究-7
    2003 -
  • アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター市ジョージイーストマンハウス国際写真博物館大学教育部教授マーク・オスターマン氏フランススカリーオスターマン女史と共同による、19世紀中期以降現代に至る画像表現技術及び画像保存に関する学術調査及び湿版技法の再現研究-5
    2003 -
  • University of Tokushima, Japan Investigation of Mid-19th Century to Contemp orary Photographic Processes and conservation Issues and Reproduction of We t-Plate Processes (in cooperation with Prof. Mark Osterman, France Scully Osterman, International Mu・・・
    2003 -
  • University of Tokushima, Japan Investigation of Mid-19th Century to Contemporary Photographic Processes and conservation Issues and Reproduction of Wet-Plate Processes (in cooperation with Prof. Mark Osterman, France Scully Osterman, International Muse・・・
    2003 -
  • 株式会社 松浦機械製作所との産学共同プロジェクトによるダゲレオタイププレートの商品化とアートミュージアムにおけるワークショップのテクニカルサポート
    2001 - 2002
more...
Education (4):
  • - 1974 Tokyo University of the Arts
  • - 1974 Tokyo University of the Arts Department of Visual Design
  • - 1972 Tama Art University
  • - 1972 Tama Art University Department of Graphic Design
Professional career (1):
  • Master of Fine Arts (Tokyo University of the Arts)
Work history (53):
  • 1998 - 2004 The University of Tokushima
  • 1998 - 2004 The University of Tokushima Faculty of Engineering
  • 1998 - 2004 Center For University Extension, University of
  • 1998 - 2004 Faculty of Engineering, University of Tokushima,
  • 1994 - 2004 The University of Tokushima Graduate School of Human and Natural Environment Sciences
Show all
Awards (20):
  • 1988 - 2等賞 第1回ハンガリー国際グラフィックアートトリエンナーレ展(ハンガリー)
  • 1988 - Second Prize : 1st International Triennial of Patterns (Hungary)
  • 1986 - 作品買い上げ賞 第7回アラバマワークスオンペーパー展(アメリカ合衆国)
  • 1986 - 作品買い上げ賞 第5回・第7回アラバマワークスオンペーパー展(アメリカ合衆国)
  • 1986 - 康楽賞(学術論文)
Show all
Association Membership(s) (2):
大学版画学会 ,  The Committee of University of Art of Print Studies in Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page