Rchr
J-GLOBAL ID:200901028313595897   Update date: Jul. 29, 2022

Nakazaki Tetsuya

ナカザキ テツヤ | Nakazaki Tetsuya
Affiliation and department:
Research field  (4): Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Plant genetics and breeding ,  Genetics
Research keywords  (6): 資源生物科学 ,  遺伝学 ,  育種学 ,  Bioresource Science ,  Genetics ,  Plant Breeding Science
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2020 - 2025 無核性カンキツ新品種「瑞季」等の全国展開に向けた高品質安定生産及び高度利用技術の確立
  • 2021 - 2023 ゼロカーボンバイオ産業創出による資源循環共創拠点
  • 2017 - 2023 ハイブリッドモデリングによる環境変動適応型品種設計法の開発
  • 2015 - 2020 安定生産を実現するかいよう病抵抗性を付与した無核性レモン及びブンタン新品種の開発
  • 2016 - 2019 カンキツの分類と種の起源・伝播の解明-田中標本の解析と人文・社会学的調査ー
Show all
Papers (84):
  • Ko Motoki, Yu Kinoshita, Ryohei Nakano, Munetaka Hosokawa, Tetsuya Nakazaki. Quantitative Analysis of Florigen for the Variability of Floral Induction in Cabbage/Radish Inter-generic Grafting. Plant and Cell Physiology. 2022
  • Chiaki Fukudome, Rihito Takisawa, Ryohei Nakano, Miyako Kusano, Makoto Kobayashi, Ko Motoki, Kazusa Nishimura, Tetsuya Nakazaki. Analysis of mechanism regulating high total soluble solid content in the parthenocarpic tomato fruit induced by pat-k gene. Scientia Horticulturae. 2022. 301. 111070-111070
  • Olusegun Idowu, Yuanzheng Wang, Koki Homma, Tetsuya Nakazaki, Zhengjin Xu, Tatsuhiko Shiraiwa. Interaction of erect panicle genotype and nitrogen fertilizer application on the source-sink ratio and nitrogen use efficiency in rice. Field Crops Research. 2022. 278
  • Kazusa Nishimura, Ko Motoki, Akira Yamazaki, Rihito Takisawa, Yasuo Yasui, Takashi Kawai, Koichiro Ushijima, Ryohei Nakano, Tetsuya Nakazaki. MIG-seq is an effective method for high-throughput genotyping in wheat (Triticum spp.). DNA Research. 2022. 29. 2
  • Zichen Huang, Ken Abamba Omwange, Lok Wai Jacky Tsay, Yoshito Saito, Eri Maai, Akira Yamazaki, Ryohei Nakano, Tetsuya Nakazaki, Makoto Kuramoto, Tetsuhito Suzuki, et al. UV excited fluorescence image-based non-destructive method for early detection of strawberry (Fragaria × ananassa) spoilage. Food Chemistry. 2022. 368. 130776-130776
more...
MISC (68):
  • 篠田理沙, 元木航, 中野龍平, 中﨑鉄也, 宮坂寿朗. バラ栽培温室における頭上撮影動画の取得とその活用による採花枝の成長ステージの画像認識. 園芸学研究. 2022. 21(別1)
  • 長坂京香, 竹岡賢二, 松岡真希, 金好純子, 西村和紗, 元木航, 山崎彬, 中野龍平, 中﨑鉄也. 音響スペクトルによる無核カンキツ新品種‘ 瑞季’ のす上がり発生の非破壊検出. 園芸学研究. 2022. 21(別1)
  • 中野龍平, 竹岡賢二, 松岡真希, 小西剛, 楠見浩二, 黒澤俊, 安田実加, 西村和紗, 金好純子, 中崎鉄也. 温度管理およびフィルム包装による無核性カンキツ新3 品種の長期貯蔵技術の開発. 園芸学研究. 2022. 21(別1)
  • 谷口裕起, 牛島幸一郎, 河井崇, 田村尚之, 福田文夫, 高田大輔, 佐藤守, 西村和紗, 間合絵里, 元木航, et al. モモ‘ 紅博桃’ の新規枝変わりの第4染色体に検出された大規模なヘテロ接合性の消失. 園芸学研究. 2021. 20(別2)
  • 西村和紗, 森直樹, 半田裕一, 川浦香奈子, 北島宣, 中﨑鉄也. MIG-seq の作物ゲノムへの応用̶コムギのハイスループットジェノタイピングはMIG-seq によって実現する̶. 育種学研究. 2021. 23(別2)
more...
Patents (2):
  • 瑞季(Citrus L. 品種登録)
  • 品種登録出願 Citrus L. ボナルーナ
Books (4):
  • 品種の改良と遺伝子-超多収イネの遺伝子EPの単離
    京大農場報告 19, pp.9-13 2010
  • 米ぬか散布がイネのカドミウム吸収に及ぼす効果
    京大農場報告 19, pp.25-28 2010
  • Active transposons in rice. In Biotechnology in Agriculture and Forestry, Rice Biology in Genomics Era. "jointly worked"
    Springer-Verlag Berlin Heidelbelg,pp.69-79. 2008
  • 体細胞分裂
    植物遺伝学実験法(分担執筆) 朝倉書店,/,61-65 1995
Lectures and oral presentations  (3):
  • ダイズ成分とトランスポゾン転移活性化に関する遺伝解析
    (第112回生存圏シンポジウム 「メタボロミクスに基づく人類に生存基盤構築-衍沃なる智の活用にむけたご一新」 2009)
  • トランスポゾンMITEのイネ植物体における可動
    (日本育種学会第 104 回 講演会シンポジウム-植物の可動遺伝子-転移機構,進化,応用 2003)
  • イネのキチナーゼ遺伝子の単離と関連研究
    (第 22 回近畿アグリハイテク・シンポジウム 1997)
Works (2):
  • ダイズにおける”青立ち”発生の環境的・遺伝的要因の解明
    2002 - 2004
  • 多除草剤抵抗性雑草タイヌビエの適応度と抵抗性機構に関する研究
    2001 - 2003
Education (3):
  • 1983 - 1986 Kyoto University
  • 1981 - 1983 Kyoto University
  • 1977 - 1981 Kyoto University
Professional career (2):
  • Master of Agriculture (Kyoto University)
  • Doctor of Agriculture (Kyoto University)
Work history (8):
  • 2018 - 現在 京都大学農学研究科 附属農場/農学専攻植物生産管理学分野 教授
  • 2016 - 現在 Kyoto Sangyo University
  • 2008 - 2018 京都大学大学院農学研究科 附属農場/農学専攻植物生産管理学分野 准教授
  • 1995 - 2010 Kyoto Sangyo University
  • 2005 - 2008 京都大学大学院農学研究科 農学専攻育種学研究室 講師
Show all
Committee career (2):
  • 2022/03 - 現在 日本育種学会 代議員
  • 2014/04 - 2016/03 近畿作物・育種研究会 副会長
Association Membership(s) (3):
日本作物学会 ,  近畿作物・育種研究会 ,  日本育種学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page