Rchr
J-GLOBAL ID:200901028383732816   Update date: Aug. 14, 2020

Katsura Eishi

カツラ エイシ | Katsura Eishi
Affiliation and department:
Research field  (4): History of thought ,  Aesthetic practices ,  Library/information science, humanistic/social informatics ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (6): アートプロジェクト ,  メディア論 ,  Library and Information Science ,  Art Practice Studies ,  Media Studies ,  Film and New Media Studies
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2013 - 2016 映像療法の方法論開発に関する総合的研究
  • 2009 - 2011 漆工芸に関する電子辞書の協調作成支援法の研究
  • 2004 - 2006 データベースからの構造知識の抽出
  • 2004 - 2006 地域精神医療と芸術表現に関する総合的研究
  • 地域医療と「芸術の臨床」をめぐる相互作用に関する総合的研究
Papers (6):
  • TOMOYUKI SAIJO, MD, PhD, EISHI KATSURA, MA, TADASHI KAWAMATA, MFA, YOSHIRO OKUBO, MD, PhD, AND KUNIHIKO ASAI, MD, PhD. A Work In Progress : Designing the Achievements of the Dehospitalized Self-education. XIII World Congress of Psychiatry, Cairo, Egypt. 2005. 130
  • 桂 英史. ドキュメントディレクターの専門性. アート・ドキュメンテーション学会第16回(2005年度)年次大会. 2005. 8-16
  • TOMOYUKI SAIJO, MD, PhD, EISHI KATSURA, MA, TADASHI KAWAMATA, MFA, YOSHIRO OKUBO, MD, PhD, AND KUNIHIKO ASAI, MD, PhD. Does EPOCH make epoch? Trials against stigma through the collaboration between psychiatry and art2004. 18th World Congress of the World. Association for Social Psychiatry (WASP). 2004
  • 伊藤 慶明, 相原 健郎, 高須 淳宏, 桂 英史. 芸術家の技術保存用ビデオデータベースの構築・公開・研究計画. 日本音響学会研究発表会講演論文集. 2001. 2001. 2. 201-202
  • A TAKASU, S SATOH, E KATSURA. A MATRIX GRAMMAR FOR THE DOCUMENT PROCESSING. INDUSTRIAL AND ENGINEERING APPLICATIONS OF ARTIFICIAL INTELLIGENCE AND EXPERT SYSTEMS - IEA/AIE 93. 1993. 197-200
more...
MISC (94):
  • 桂 英史. 世界の植民地化と個の刷新-端末市民と超・文書主義をめぐって. 現代思想. 2018. 46. 10
  • 桂 英史. ポスト・アーカイヴ型アーキテクチャをめぐって. 映像メディア学 = Film and new media studies : 東京藝術大学大学院映像研究科紀要. 2018. 8. 5-46
  • 桂 英史. ASD型自己の臨床知を基礎とした芸術知についての試論. 映像メディア学 = Film and new media studies : 東京藝術大学大学院映像研究科紀要. 2017. 7. 5-29
  • ゴン・ジョジュン, 桂英史, 高山明, 相馬千秋. 国際シンポジウム アジア零時. 映像メディア学 = Film and new media studies : 東京藝術大学大学院映像研究科紀要. 2017. 7. 5-53
  • 桂 英史. 序説 芸術の社会的な実践を考えるために. 映像メディア学 = Film and new media studies : 東京藝術大学大学院映像研究科紀要. 2017. 7. 125-176
more...
Patents (1):
Books (28):
  • 表現のエチカ : 芸術の社会的な実践を考えるために
    青弓社 2020 ISBN:9784787274274
  • 美しい知の遺産 世界の図書館
    河出書房新社 2014 ISBN:4309255558
  • はじまりの対話-PortB「国民投票プロジェクト」 現代詩手帖特集版[分担執筆]
    思潮社 2012 ISBN:4783718695
  • デジタル・フィルムメイキング -新しいプロフェッショナルとは何か
    フィルムアート社 2010 ISBN:4845910462
  • せんだいメディアテーク コンセプトブック[共著]
    NTT出版 2005 ISBN:4757101597
more...
Lectures and oral presentations  (21):
  • 言語表現と身体表現の差異を考察できるアプリケーションとワークショッププログラムの開発
    (情報処理学会全国大会講演論文集 2014)
  • 公共文化施設における教育普及プログラムとICTリテラシー~山口情報芸術センターにおける教育普及プログラム「meet the artists2011」を例として~
    (情報処理学会全国大会講演論文集 2012)
  • A Work In Progress: Designing the Achievements of the Dehospitalized Self-education.
    (XIII WORLD CONGRESS OF PSYCHIATRY, Cairo, September 10-15, 2005 Cairo Egypt. 2005)
  • Does EPOCH make Coomunity-care?
    (XVIII world Congress of World Association for Social Psychiatry, October, 2004 Kobe, Japan. 2004)
  • An Archive Practice for Designing Community
    (An Archive Practice for Designing Community. 2002)
more...
Education (2):
  • 1986 - 1988 University of Library and Information Science
  • 1980 - 1984 University of Library and Information Science
Work history (7):
  • 2010/04 - 現在 Tokyo University of the Arts Graduate School of Film and New Media
  • 2005/04 - 2010/03 Tokyo University of the Arts Graduate School of Film and New Media
  • 2000/04 - 2005/03 Tokyo University of the Arts Intermedia Art Course, Faculty of Fine Arts
  • 1994/04 - 2000/03 Tokyo Zokei University Faculty of Design and Fine Arts, Department of Design
  • 1988/04 - 1994/03 大学共同利用機関 学術情報センター 研究開発部 助手
Show all
Association Membership(s) (2):
ACM(Association for Computer Machinery) ,  INFORMATION PROCESSING SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page