Rchr
J-GLOBAL ID:200901028493194232   Update date: Jul. 16, 2024

hori hideo

hori hideo
Affiliation and department:
Research field  (2): Nephrology ,  Biomedical engineering
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2023 - 2026 ウレミックサルコペニアに対する蛋白結合尿毒素除去システムの開発
  • 2023 - 間葉系幹細胞を応用した骨修復デバイス開発
  • 2021 - 2022 高分子材料と細胞との相互作用を活用した臓器・組織再生促進デバイスの 事業化の検証
  • 2016 - 2019 Creation of Kidney regeneration device capable of minimally invasive administration by interaction between cells and polymer material
  • 2013 - 2016 Research and development of training system for medical equipment
Show all
Papers (24):
  • 大橋 篤, 中谷 直史, 堀 秀生, 長谷川 みどり, 坪井 直毅. 次世代のTarget 競合剤脱離剤を用いた蛋白結合インドキシル硫酸の新しい除去法. 日本アフェレシス学会雑誌. 2023. 42. Suppl. 78-78
  • Atsushi Ohashi, Masashi Nakatani, Hideo Hori, Shigeru Nakai, Kunihiro Tsuchida, Midori Hasegawa, Naotake Tsuboi. Effects of N-acetyl-L-tryptophan on desorption of the protein-bound uremic toxin indoxyl sulfate and effects on uremic sarcopenia. Therapeutic Apheresis and Dialysis. 2023
  • 蔦村 琴子, 大橋 篤, 細江 眞生, 高須 立平, 石田 大賀, 新 典雄, 堀 秀生, 井平 勝, 川口 和紀, 中井 滋, et al. ビタミンE被覆血液透析濾過膜による血清アルブミンの酸化修飾抑制. 日本透析医学会雑誌. 2023. 56. Suppl.1. 475-475
  • 高須 立平, 牧野 真子, 杉浦 美佐子, 鈴木 むつみ, 新 典雄, 堀 秀生, 大橋 篤, 井平 勝, 中井 滋, 長谷川 みどり, et al. 狭窄予測のための経時的なシャント音解析. 日本透析医学会雑誌. 2023. 56. Suppl.1. 635-635
  • 大橋 篤, 中谷 直史, 堀 秀生, 長谷川 みどり, 坪井 直毅. N-アセチル-L-トリプトファンの使用によるタンパク質結合インドキシル硫酸の透析除去. 日本アフェレシス学会雑誌. 2022. 41. Suppl. 129-129
more...
MISC (62):
Books (5):
  • 臨床工学講座 医用治療機器学 第2版
    2018
  • 腎不全看護 第5版
    医学書院 2016
  • 医学領域における臨床検査学入門 第2版
    KTC中央出版 2009
  • 臨床工学講座 医用治療機器学
    医歯薬出版 2008
  • 医学領域における臨床検査学入門
    KTC中央出版 2005
Lectures and oral presentations  (42):
  • 臨床工学技士による腹膜透析室内環境の清浄度評価
    (第67回日本透析医学会学術集会 2022)
  • 手洗いによる手指衛生指導効果 手指コロニー数は減少するか
    (第67回日本透析医学会学術集会 2022)
  • 透析患者の蛋白質結合型尿毒素ISの除去
    (第67回日本透析医学会学術集会 2022)
  • 新型コロナウイルス感染症に伴うハイブリッド形式の臨床実習について
    (第32回日本臨床工学会 2022)
  • キチン粉体と間葉系幹細胞との相互作用を活用したアドリアマイシン腎症ラットに対する細胞 移植療法の検討
    (第21回日本再生医療学会総会 2022)
more...
Professional career (1):
  • 博士(医学)
Association Membership(s) (9):
JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL ORGANS ,  JAPANESE SOCIETY FOR THERAPEUTICS AND ENGINEERING ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR REGENERATIVE MEDICINE ,  THE SOCIETY FOR ANTIBACTERIAL AND ANTIFUNGAL AGENTS, JAPAN ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR DIALYSIS THERAPY ,  日本臨床工学技士会 ,  愛知県臨床工学技士会 ,  日本臨床工学技士教育施設協議会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR BIOMATERIALS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page