Rchr
J-GLOBAL ID:200901028613214380   Update date: Dec. 26, 2021

Abe Hisashi

アベ ヒサシ | Abe Hisashi
Affiliation and department:
Research field  (1): Aesthetic practices
Research keywords  (1): 陶芸 幼児造形 美術 工芸
Papers (7):
  • 安部永. 2019年度「小学生対象の親と子の陶芸教室」実践報告 -参加者アンケートから学んだこと-. 神戸女子大学教職課程研究 第3号(神戸女子大学). 2020. 3. 34-40
  • 安部永. 5歳児クラスにおける造形 表現活動の実践報告 -大阪樟蔭女子大学附属幼 稚園での実践報告III:土粘土および陶芸材料を用いての造形指導. 大阪樟蔭女子大学研究紀要第9巻. 2020. 9
  • 安部 永. 図画工作を通して算数的な図形指導を考える 啓林館 わくわく学習教室での実践報告-I:切り紙を楽しみながら、図形の性質を見いだす. 教職課程研究 第2号. 2019
  • 安部 永. 5歳児クラスにおける造形表現活動の実践報告 -大阪樟蔭女子大学附属幼稚園での実践報告II:初めて取り扱う素材・材料を用いた表現・造形指導. 大阪樟蔭女子大学研究紀要第7巻. 2017. 7
  • 安部 永. 5歳児クラスにおける造形表現活動の実践報告 大阪樟蔭女子大学附属幼稚園での実践報告-I:初めて取り扱う素材・材料を用いた表現・造形指導. 子ども研究. 2016. 7
more...
MISC (1):
  • 安部 永. 5歳児クラスにおける造形表現活動の実践報告 : 大阪樟蔭女子大学附属幼稚園での実践報告(1)初めて取り扱う素材・材料を用いた表現・造形指導. 子ども研究. 2016. 7. 21-26
Lectures and oral presentations  (21):
  • 様々な素材を用いた子どもの造形活動への取り組み
    (日本保育学会 2021)
  • 保育者・小学校教員養成課程におけるクロッキー実践の一考察
    (日本保育学会第74回大会 2021)
  • 自然物を使った造形活動による保育者養成課程の学生の変化
    (日本保育学会第73回大会 2020)
  • 様々な素材を用いた子どもの造形活動への取り組み
    (日本保育学会第73大会 2020)
  • 子育て支援の場での造形表現プログラムの一考察
    (日本保育学会第72大会 2019)
more...
Works (52):
  • 第59回日本現代工芸美術展
    安部永 2021 - 2021
  • 第58回日本現代工芸展
    2019 - 2019
  • 第57回日本現代工芸展
    2018 - 2018
  • 第56回日本現代工芸展
    2017 - 2017
  • 安部永・いしだふみ・川西幹雄(束)3人展
    いしだふみ, 川西幹雄 2014 - 2014
more...
Education (2):
  • 1991 - 1993 Osaka Kyoiku University
  • 1987 - 1991 Osaka Kyoiku University
Professional career (1):
  • 教育学修士 (大阪教育大学大学院)
Work history (14):
  • 2021/04 - 現在 Osaka Seikei University
  • 2021/04 - 現在 Osaka Shoin Women's University Faculty of Child Sciences, Department of Child Sciences
  • 2018/04 - 現在 Lecturer
  • 2020/04 - 2021/03 Osaka Kyoiku University
  • 2009/04 - 2021/03 大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 准教授
Show all
Committee career (5):
  • 2018/04/01 - 現在 大阪樟蔭女子大学学生委員会 委員
  • 2011/04 - 現在 大阪樟蔭女子大学学生委員会 委員
  • 2018/04 - 2020/03 大阪樟蔭女子大学自己点検・評価委員会 委員
  • 2018/04 - 2020/03 大阪樟蔭女子大学くすのき地域協創センター運営委員会 委員
  • 2014/04 - 2016/03 大阪樟蔭女子大学人権委員会
Awards (1):
  • 2021/06 - 現代工芸美術家協会 近畿会 KBS京都賞 作品「bottomless」
Association Membership(s) (1):
日本保育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page