Rchr
J-GLOBAL ID:200901028684253573   Update date: Apr. 01, 2014

Tanoue Tominobu

タノウエ トミノブ | Tanoue Tominobu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (3): Environmenntal Law ,  民事法学 ,  Civil Law
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • Compensation for Economic Loss
  • Liability for Organization and Menbeship
  • Tort Law, Contract Law
  • -
  • Compensation for Environmental Damages
Papers (2):
  • TANOUE Tominobu. Compensation for Economic Loss: A Comparative Perspective. Hogaku Kennkyu-The Aichigakuin Law Review. 2015. 55th. 1・2. 61-153
  • Tominobu Tanoue. Crystalline rule and Mudline rule in Business Relations. Hogaku Kennkyu-The Aichigakuin Law Review. 2012. 53th. 3・4. 149-184
MISC (19):
  • 関西学院大学法政学会. アメリカにおける組織犯罪と民事責任ーCivil RICO法の理念と現実. 法と政治. 2007. 58巻1号. 25
  • 国がメチル水銀中毒症による健康被害の拡散防止のためにいわゆる水質2法に基づく規制権限を行使しなかったことが、国家賠償法1条1項の適用上違法となるとされた事例ほかー水俣病関西訴訟上告審判決. 判例評論(判例時報社). 2005. 判例評論557号17ページ(判例時報1891号195ページ)
  • 企業責任の法律構成. 法と政治(関西学院大学法制学会). 2004. 55巻4号
  • 郵便局保険外務員が、簡易保険の契約者に対し虚偽の事実を述べて資金の融通を受け、それによって同契約者に与えた損害が、民法715条1項にいう「事業の執行につき第三者に加えた損害」に当たらないとされた事例(最3小平15・3・25). 私法判例リマークス(日本評論社). 2004. 2004年(下)29号
  • 注文者の責任. 関西学院大学『法と政治』. 2001. 52(4), 803
more...
Books (12):
  • 使用関係における責任規範の構造
    有斐閣 2006
  • やさしい事務管理・不当利得・不法行為法
    法学書院 2003
  • Text book of Torts Law, Restitution
    2003
  • 代理監督者の責任-取締役責任との関連
    現代民事法学の理論(西原道雄先生古稀記念論集) 2001
  • 使用関係
    新・現代損害賠償法講座(山田卓生編集代表・国井和郎編) 日本評論社 1997
more...
Education (2):
  • - 1968 神戸大学法学研究科 民事法
  • - 1968 Kobe University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • 博士(法学) (神戸大学)
Work history (3):
  • 2010/04 - Kwansei-Gakuin University[ Professor Emeritus
  • 2010/04 - Aichi-Gakuin University Law School Professor
  • Professor, Law School, Kwansei Gakuin University
Committee career (3):
  • 2002 - 日本私法学会 理事
  • 1999 - 日本私法学会 理事
  • 財団法人 自賠責保険・共済紛争処理機構 紛争処理委員(国土交通省)
Association Membership(s) (2):
日本交通法学会 ,  日本私法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page