Rchr
J-GLOBAL ID:200901029609064052   Update date: Jan. 03, 2021

Minamino Shigeru

ミナミノ シゲル | Minamino Shigeru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://spminamino.web.fc2.com/
Research field  (2): Public law ,  Public law
Research keywords  (9): Act constituent ,  欧州統合 ,  主権 ,  司法権・裁判制度 ,  日本憲法史 ,  法の一般理論 ,  フランス憲法学 ,  General Theory of Law ,  Constituent Act
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2013 - 2013 日中公法学シンポジウム(於中国・華東政法大学)での司会・報告
  • 2013 - 2013 フランスの違憲審査制の新しい展開
  • 2007 - 2010 フランス憲法学の現代的変容の研究
  • 2009 - 2009 日仏公法セミナー(於フランス・リール第3大学)に出席・報告
  • 2008 - 2008 第8回日仏公法セミナー(於九州大学・福岡大学)開催のため
Show all
Papers (7):
  • 南野森. 「伝統的司法権概念の問題性」. 法学セミナー2020年12月号(通巻791号). 2020. 6-11
  • 南野 森. 「裁判官の良心(最大判1948年11月17日刑集2巻12号1565頁)」. 長谷部恭男=石川健治=宍戸常寿(編)『憲法判例百選 II〔第7版〕』(有斐閣)383-385頁. 2020
  • 南野 森. 「フランスのブルカ禁止法と宗教的自由--自由権規約委員会見解第2747/2016号および第2807/2016号」. 国際人権. 2020
  • 南野 森. 「憲法--自由の砦・政治の矩・この国のかたち」. 南野森(編)『〔新版〕法学の世界』(日本評論社). 2019. 2-13
  • 南野 森. 「違憲審査制」. 宍戸常寿=林知更(編)『総点検 日本国憲法の70年』(岩波書店). 2018. 242-251
more...
MISC (147):
  • 南野森. 【書評】「渡辺秀樹『芦部信喜/平和への憲法学』(岩波書店・2020年)」. 2020
  • 南野 森. オリンピック・パラリンピックから考えるスポーツと法(第8回)性と障がいから考えるスポーツと憲法. 法学教室. 2020. 479. 60-63
  • 南野 森. 法学者の本棚 たまには良い本屋をウロついてみよう[岩波ブックレットNO.161 ほんとうの自由社会とは : 憲法にてらして 樋口陽一著]. 法学セミナー. 2020. 65. 5. 1-1
  • 南野 森. 識者評論「同性婚と憲法改正をめぐる下村博文衆議院議員の発言について」. 2019
  • 南野 森. 法律時評 参院選雑感 : 「初物」への期待. 法律時報. 2019. 91. 11. 1-3
more...
Books (61):
  • 南野森(編)『〔新版〕法学の世界』
    日本評論社 2019
  • 法学の世界
    日本評論社 2019 ISBN:9784535523685
  • 10歳から読める・わかるいちばんやさしい日本国憲法
    東京書店 2017 ISBN:9784885740664
  • 南野森(監修)『10歳から読める・わかる いちばんやさしい日本国憲法』
    東京書店 2017
  • 日本人の肖像
    講談社 2016 ISBN:9784062201131
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 日本語報告「行政内部での規範である裁量基準と裁量審査」(上拂耕生・熊本県立大学教授)、中国語報告「行政留保の時代背景と理論形態」(門中敬・青島大学教授)、日本語報告「福祉主義と給付行政」(甲斐素直・日本大学名誉教授)、中国語報告「行政公益訴訟制度の中国における経験」(盧超・中国社会科学院法学研究所副研究員))への日本語コメント
    (第14回日中公法学シンポジウム 2018)
  • 中国語報告「『社会安定リスク評価』の手続き機能と司法判断」(盧超・中国社会科学研究院法学所副研究院)へのコメント
    (第13回日中公法学シンポジウム 2017)
  • 「憲法変動の理論に向けて--現代フランス憲法が提供する事例を参照しつつ」
    (全国憲法研究会秋季研究集会 2016)
  • 「フランスにおける大学の自治と『憲法ブロック』論」
    (憲法理論研究会春季研究総会 2015)
  • 「ミシェル・トロペールの人と業績」
    (第20回慶應義塾大学フランス公法研究会 2015)
more...
Education (2):
  • 1994 - 2002 The University of Tokyo Public Law
  • 1989 - 1994 The University of Tokyo Public Law
Professional career (1):
  • Master of Law (The University of Tokyo)
Work history (2):
  • 2014/08 - 現在 Kyushu University Faculty of Law
  • 2002/04 - Kyushu University Faculty of Law
Committee career (31):
  • 2013/10 - 現在 全国憲法研究会 運営委員
  • 2011/02 - 現在 Association du droit franco-japonais 企画運営委員
  • 2001/10 - 現在 Association des anciens boursiers culturels du gouvernement français 幹事
  • 2010/10 - 2020/10 Association for Studies of Constitutional Theory 運営委員
  • 2017/03 - 2020/05 九州大学 文系4学部副専攻プログラム委員会 委員
Show all
Association Membership(s) (10):
全国憲法研究会 ,  憲法理論研究会 ,  国際法哲学会 ,  AICL(IACL) ,  日仏法学会 ,  日本法哲学会 ,  日本公法学会 ,  SFPJ ,  IVR ,  International Association of Constitutional Law (IACL)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page