Rchr
J-GLOBAL ID:200901029670973685   Update date: Feb. 25, 2021

Atomi Yoriko

アトミ ヨリコ | Atomi Yoriko
Affiliation and department:
Job title: Professor Emeritus(describe the name of university in title)
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://celltobody.sandvox.net/
Research field  (5): Physical and health education ,  Nutrition and health science ,  Physiology ,  Cell biology ,  Sports science
Research keywords  (40): ストレスタンパク質 ,  チューブリン ,  αB-クリスタリン ,  細胞骨格 ,  運動 ,  実験動物 ,  近交系マウス ,  後肢懸垂法 ,  脳 ,  αークリスタリン ,  モノアミン ,  微小管 ,  HSP70 ,  ドーパミン ,  脳内アミン ,  筋萎縮 ,  セロトニン ,  適応 ,  HSP72 ,  骨格筋 ,  HPA軸 ,  走運動 ,  LT ,  脳の可塑性 ,  野性種由来近交系マウス ,  乳酸性作業閾値 ,  呼吸数 ,  乳酸性閾値 ,  ストレッチ ,  自発性 ,  健康基盤科学 ,  重力健康科学 ,  身心一体科学 ,  分子細胞生物学 ,  生命科学 ,  身体運動科学 ,  宇宙生物科学 ,  Space Biology ,  Cell Biology ,  Exercise Physiology & Biochemistry
Research theme for competitive and other funds  (25):
  • 2011 - 2011 重力健康科学に基づく「身心一体科学」の提案
  • 2009 - 2010 重力健康科学の基盤創成
  • 2005 - 2007 The Promotional Effects of Physical Educational Program in University
  • 2005 - 2006 Mechanism of molecular basis for "Tailor-made and measurable physical exercise program "and the educational application, evaluated from stress protein (molecular chaperone).
  • 2004 - 2005 からだ/運動を通して生命と脳を理解する教育プログラムの開発
Show all
Papers (86):
more...
MISC (34):
more...
Books (6):
  • 「細胞力」を高める (「身心一体科学」から健康寿命を延ばす)
    論創社 2018 ISBN:4846016749
  • なぜなぜ宇宙と生命-宇宙の中の生命と人間 (学術会議叢書(6)) (学術会議叢書 (6))
    日本学術協力財団 2003 ISBN:4939091155
  • 運動生理・生化学辞典
    大修館書店 2001 ISBN:4469062154
  • 骨格筋と運動 (身体運動・栄養・健康の生命科学Q&A)
    杏林書院 2001 ISBN:9784764410459
  • 栄養と運動-身体運動・栄養・健康の生命科学Q&A
    杏林書院 1999 ISBN:9784764410404
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • 身心一体科学が創発させる“良い姿勢”~スポーツ・武道・日本の身体文化が細胞の自律性に働きかけて創られる“良き脳”
    (日本学術会議公開シンポジウム「こころ・からだ・細胞を運動でつなぐアプローチ」 2020)
  • “GOOD POSTURE” based on BODY-MIND INTEGRATIVE SCIENCE 〜 solving from sports, Japanese martial arts & culture, brain, and cell principles
    (The 2020 Yokohama Sport Conference 2020)
  • Social Wishの発見〜重力を利用して「変わること・変えることができる身心システム」を進化させてきた人間が、自分を知ることと自分を知る教育プログラム〜G-Connection!, Gnothi seauton!
    (第9回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム 2011)
  • 動いて健康美-運動が細胞を元気づける
    (連続講演会 暮らしの中のサイエンス-カガクで健康美 2011)
  • 『いのち』を知り生かす身心一体科学
    (財団法人学士会午餐会 2011)
more...
Education (5):
  • 1973 - 1979 The University of Tokyo
  • - 1979 The University of Tokyo
  • 1968 - 1973 The University of Tokyo
  • 1963 - 1967 Ochanomizu University
  • - 1967 Ochanomizu University
Professional career (1):
  • -
Work history (13):
  • 2013/04 - 現在 Tokyo University of Agriculture and Technology
  • 2007/06 - 現在 The University of Tokyo
  • 2009/04 - 2013/03 The University of Tokyo Radioisotope Center
  • 2010 - 2011 The University of Tokyo
  • 2007/04 - 2009/02 The University of Tokyo
Show all
Committee career (17):
  • 2017/05 - 現在 学校法人 跡見学園 評議員
  • 2016/11 - 現在 日本未病学会 顧問
  • 2014/06 - 現在 健康・スポーツ科学女性研究者ネットワーク(NEWS) 世話人代表
  • 2013/04 - 現在 公益財団法人 日本科学協会 商議員
  • 2012/09 - 現在 日本宇宙生物科学会 科学者生活委員会 男女共同参画学協会連絡会担当委員
Show all
Awards (1):
  • 2015/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞 いのちを知り生かす身心一体科学の普及啓発
Association Membership(s) (5):
運動生化学研究会 ,  日本体育学会 ,  日本細胞生物学会 ,  日本宇宙生物科学会 ,  日本運動生理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page