Rchr
J-GLOBAL ID:200901029817982537   Update date: Jun. 17, 2021

Imazu Katsunori

イマヅ カツノリ | Imazu Katsunori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.cc.okayama-u.ac.jp/~kimazu/index.shtml
Research field  (1): History - Japan
Research keywords  (5): 国家と社会 ,  東アジア史 ,  日本古代史 ,  Ancient Society ,  Ancient History of Japan and Asia
MISC (68):
  • A Demographic Simulation Study of Ancient Japan. 2020. 73. (1)-(14)
  • 今津 勝紀. 日本古代史研究の方法的模索 : 生存の問題を中心に (第三五回 歴史学入門講座). 歴史科学. 2020. 241. 22-35
  • 今津 勝紀. 汝は囊を担ぐもの. 本郷. 2020. 145. 11-13
  • 今津 勝紀. 日本古代における生存と救済の問題. 岡山大学文学部紀要. 2019. 71. (1)-(19)
  • 今津勝紀, 中塚武. 高解像度気候復原による日本古代の気候変動と国家・社会の変容. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2019. 2019
more...
Books (27):
  • コロナの時代の歴史学
    績文堂出版 2020 ISBN:9784881161364
  • 先史・古代の気候と社会変化
    臨川書店 2020 ISBN:9784653045038
  • 戸籍が語る古代の家族
    吉川弘文館 2019 ISBN:9784642058889
  • 日本古代の輸送と道路
    八木書店古書出版部,八木書店 (発売) 2019 ISBN:9784840622240
  • 播磨国風土記 : はりま1300年の源流をたどる
    神戸新聞総合出版センター 2016 ISBN:9784343009111
more...
Lectures and oral presentations  (26):
  • 日本古代において「生存」を問う-歴史生態学の模索-
    (第23回歴史学入門講座・宮城歴史科学研究会大会 2020)
  • シミュレーションによる人口動態と律令制システム
    (日本史研究会古代史部会 2016)
  • 古代の家族と女性
    (日本史研究会古代史部会 2014)
  • 仁和三年の地震と平安京社会
    (第28回条里制・古代都市研究会大会 2012)
  • 古代における災害と社会変容-九世紀後半の危機を中心に-
    (考古学研究会第57回総会臨時フォーラム 2011)
more...
Education (4):
  • - 1991 Kyoto University
  • - 1991 Kyoto University
  • - 1986 Okayama University
  • - 1986 Okayama University
Professional career (2):
  • 博士(文学) (京都大学)
  • 文学修士 (岡山大学)
Work history (10):
  • 2007 - 2013 岡山大学社会文化科学研究科比較社会文化学専攻 准教授
  • 2007 - 2013 Associate Professor,Comparative Socio-Cultural Sciences,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University
  • 2013 - - 岡山大学社会文化科学研究科 教授
  • 2013 - - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University
  • 1998 - 2007 Okayama University Faculty of Letters
Show all
Committee career (2):
  • 木簡学会 幹事
  • 日本史研究会 研究委員,編集委員
Association Membership(s) (2):
木簡学会 ,  日本史研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page