Rchr
J-GLOBAL ID:200901029961346130   Update date: Aug. 29, 2020

Mori Naoki

モリ ナオキ | Mori Naoki
Affiliation and department:
Research field  (5): Bioorganic chemistry ,  Conservation science (plants) ,  Conservation science (plants) ,  Conservation science (plants) ,  Conservation science (plants)
Research keywords  (6): フェロモン ,  植物-節足動物相互作用 ,  エリシター ,  pheromone ,  plant-arthropod interaction ,  elicitor
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • MSを用いた生体内低分子化合物の分布の解析
  • 昆虫及び植物病原菌の生産するエリシター
  • 日本産ヤスデの防御物質
  • コナダニ類の化学生態学的研究
  • Technology to control releure rote at terpenes
Show all
Papers (86):
MISC (16):
Books (5):
  • Turbulence Model (Chapter 2), Fundamental Computational Methods (Chapter 3), Computational Wave Dynamics for Coastal and Ocean Research (Chapter 10)
    2013
  • 人口市場で学ぶマーケットメカニズム-U-Mart工学編-
    共立出版、2009 2009
  • ダニアレルギー最前線
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 468-471、京都大学学術出版会 2009
  • ダニのアルカロイドとヤドクガエル
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 248-251、京都大学学術出版会 2009
  • 昆虫・植物間の攻防と植物免疫システムの“界面”
    昆虫が拓く未来科学(藤崎憲冶、西田律夫、佐久間正幸 編)、pp. 165-189、京都大学学術出版会 2009
Lectures and oral presentations  (6):
  • バイオミメティクスと植物保護
    (日本化学会第91春季年会 ATP 招待講演 2011)
  • 昆虫由来エリシターvolicitinを巡る防御と適応の化学生態学
    (日本農芸化学会2010年度大会シンポジウム 昆虫科学の最前線 -生態と化学- 2010)
  • 生体防御反応を活性化する節足動物由来物質とその応用
    (バイオミメティクス研究会 2010)
  • 昆虫と化学 -「喰う」と「喰われる」の狭間で-」
    (日本昆虫科学連合設立記念シンポジウム 2010)
  • Function and activity of fatty acid amino acid conjugates in insects
    (Fifth Asia Pacific Conference on Chemical Ecology 2009)
more...
Education (4):
  • - 1996 Kyoto University
  • - 1996 Kyoto University
  • - 1986 University of Tsukuba
  • - 1986 University of Tsukuba
Professional career (1):
  • Doctor of Agriculture (Kyoto University)
Work history (2):
  • 1998 - 2000 米国農務省研究所博士研究員
  • 1998 - 2000 USDA, ARS, CMAUE, Post-doctral associate
Committee career (2):
  • 2004 - 日本環境動物昆虫学会 編集幹事
  • 2001 - 2003 日本ダニ学会 編集幹事
Association Membership(s) (4):
日本環境動物昆虫学会 ,  日本ダニ学会 ,  日本応用動物昆虫学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page