Rchr
J-GLOBAL ID:200901030004858039   Update date: Apr. 07, 2022

Sawada Nao

Sawada Nao
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (3):
  • 文学研究科  フランス文学専攻博士課程後期課程   教授
  • Shirayuri University  Faculty of Liberal Arts 
  • Graduate School of Arts  Field of Study: French Literature   Professor
Research field  (3): Literature - European ,  History of thought ,  Philosophy and ethics
Research keywords  (5): Jean-Paul Sartre ,  フェルナンド・ペソア ,  La francophonie ,  Jean-Luc Nancy ,  Marguerite Duras
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2018 - 2022 実存主義の惑星的展開----ジャン=ポール・サルトルと第三世 界
  • 2015 - 2018 The transdisciplinary developement of existentialism : Jean-Paul Sartre and Italy
  • 2012 - 2015 フランス実存主義とその外部:ジャン=ポール・サルトルとアメリカ
  • 2008 - 2011 フランス近・現代文学における「危機の書簡」 - 政治的考察の場としての「作家の手紙」
  • 2005 - 2008 両大戦間の在パリ日本人群像とフランスモダニズムの展開
Show all
Papers (40):
  • 澤田直. 「われわれ」とは誰か? : ジャン=リュック・ナンシーと私たち. 思想. 2021. 1172. 55-66
  • 澤田直. サルトルと第三世界(1). 立教大学フランス文学. 2021. 50. 33-59
  • 澤田 直. 集団、主体性、共同体をめぐって 「68年と現代フランス思想」. 日仏哲学思想. 2019. 24. 15-27
  • Nao Sawada. Sartre et l'Italie (3). 2019. 48. 99-124
  • Nao Sawada. Sartre et l'Italie (2). 2018. 47. 63-91
more...
MISC (70):
  • 澤田 直. 「勝者なきゲーム」. 『サルトル「墓場なき死者」』(有限会社オフィスコットーネ). 2021. -
  • 澤田 直. 「辻仁成『10年後の恋』」. 『青春と読書』(集英社). 2021. 56/2. 7
  • 澤田 直. 「エリック・ヴュイヤール『その日の予定』」. 『図書新聞』. 2020. 3439. 8
  • 澤田 直. 水野浩二『倫理と歴史:一九六〇年代のサルトルの倫理学』. 『日仏哲学思想研究』. 2020. 25. 256-259
  • 澤田 直. 「サルトルのイメージ論--『イマジネール』の新訳刊行にあたって」. 『本』(講談社). 2020. 45巻6号. 48-49
more...
Books (83):
  • マリ=ジョゼ・モンザン『イメージは殺すことができるか』
    法政大学出版局 2021 ISBN:4588011391
  • ジャン=ポール・サルトル『家の馬鹿息子 5: ギュスターヴ・フローベール論(1821年より1857年まで)』
    人文書院 2021 ISBN:440914068X
  • Pour une autre littérature mondiale : la traduction franco-japonaise en perspective
    Éditions Picquier 2021 ISBN:280971519X
  • フィリップ・フォレスト『洪水』
    河出書房新社 2020 ISBN:9784309208053
  • 加藤周一を21世紀に引き継ぐために : 加藤周一生誕百年記念国際シンポジウム講演録
    水声社 2020 ISBN:9784801005136
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 文学とは何か、加藤周一、サルトル、そして普遍的独自
    (国際シンポジウム 加藤周一 2019)
  • Comment vivre ensemble ? Barthes et Sartre : communaute et rythmes
    (Roland Barthes, l'ecriture et la vie 2015)
  • L'engagement et le desengagement en temps de catastrophe
    (Colloque 2015 de la Societe d’Etudes Franco-Coreennes 2015)
  • サルトルにおける同性愛の表象と役割
    (日本サルトル学会 2011)
  • Jean-Paul Sartre, un aventurier en quête d’histoire
    (Comment la fiction fait histoire, Emprunts, échanges, croisements 2011)
more...
Works (1):
  • 国際シンポジウム:20世紀の総括:サルトルの遺産
    2000 -
Education (5):
  • - 1994 University of Paris I
  • - 1987 Hosei University
  • - 1987 Hosei University
  • - 1986 University of Paris I
  • - 1984 Hosei University
Professional career (2):
  • 博士(哲学) (パリ第1大学(フランス 共和国))
  • Doctor of Philosophy (University of Paris I (France))
Work history (19):
  • 2006/04/01 - 現在 RIKKYO UNIVERSITY Graduate School of Arts Field of Study: French Literature Professor
  • 2006/04/01 - 現在 RIKKYO UNIVERSITY Graduate School of Arts Field of Study: French Literature Professor
  • 2006/04/01 - 現在 RIKKYO UNIVERSITY Graduate School of Arts Field of Study: French Literature Professor
  • 2006/04/01 - 現在 RIKKYO UNIVERSITY Graduate School of Arts Field of Study: French Literature Professor
  • 2006/04/01 - 現在 RIKKYO UNIVERSITY College of Arts Department of Letters, Course of French Literature Professor
Show all
Committee career (14):
  • 2021/05 - 現在 Societe japonaise de langue et de littérature françaises Vice President
  • 2004/09 - 現在 日本サルトル学会 理事
  • 2004/09 - 現在 日仏哲学会 理事
  • 1999/06 - 現在 国際サルトル学会 理事
  • 2004/09 - 2018/08 日仏哲学会 編集委員
Show all
Awards (3):
  • 2018/01/09 - Ministry of National Education Knight of the Order of Academic Palms
  • 2010/05 - 小西財団 日仏翻訳文学賞(第15回)
  • 2005/01 - 日本翻訳家協会 日本翻訳家協会
Association Membership(s) (5):
Japanese Society of French Language teaching ,  Japanese Society for Sartrean Studies ,  Japanese Society of French Philosophy ,  Groupe d'Etudes sartriennes ,  Japanese Society of French Language and Literature
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page