Rchr
J-GLOBAL ID:200901030115294274   Update date: Nov. 21, 2018

Tomomi Nakayama

Tomomi Nakayama
Affiliation and department:
Job title: Professor
Papers (33):
  • 大規模別荘地管理契約についての個別の別荘地所有者による任意解除の効力(平成28.1.19東京高判). 『私法判例リマークス(55)<2017(下)〔平成28年度判例評論〕>(法律時報別冊)』所収. 2017. 42-45
  • ドイツ民法における任意法・強行法の議論序説--ラーバントを手がかりに. 明治大学法科大学院論集. 2016. 17. 83-98
  • Covered Bond in Germany - the fundamental characters of Pfandbrief. Meiji Law School Review. 2014. 14. 321-369
  • オトマール・シュテッカー「ヨーロッパにおける,不動産担保権の柔軟性,安全性,効率性」<紹介>. 明治大学法科大学院論集. 2012. 10. 413-429
  • 弁済充当指定合意の破産手続における効力(平成22.3.16最高三小判)<判例紹介>. 民商法雑誌. 2010. 143. 3. 108-113
more...
Books (22):
  • 物権法定主義と強行法(近江幸治・椿寿夫編著『強行法・任意法の研究』所収)
    成文堂 2018
  • Die Entwicklung des Beseitigungsanspruchs des Hypothekengläubigers im japanischen Recht
    2016
  • ドイツ法における任意法・強行法の議論について
    日本評論社 2015
  • プロセス講義民法III担保物権
    信山社 2015
  • 論点体系 判例民法3〈第2版〉 担保物権
    第一法規 2013
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • ドイツ土地債務の担保的機能について-近代的抵当権論の一考察
    (日本私法学会第54回大会 1990)
Works (3):
  • 民法判例百選I総則・物権[第7版]
    潮見佳男, 道垣内弘人 2015 -
  • 多角的法律関係の研究
    編著, 椿寿夫, 中舎寛樹 2012 -
  • 「抵当権の物上代位(1)-賃料債権(平成元.10.27最高二小判)」(『民法判例百選〔1〕--総則・物権<第6版>〔別冊ジュリスト195〕』所収)
    中田裕康, 潮見佳男, 道垣内弘人編 2009 -
Education (2):
  • - 1986 Ritsumeikan University
  • 1978 - 1982 Ritsumeikan University
Professional career (1):
  • Master's in law (Ritsumeikan University)
Work history (3):
  • 2004/04 - 2007/03 Toin University of Yokohama Law School Professor
  • 1999/04 - 2004/03 Toin University of Yokohama Law Faculty and Graduate School of Law Professor
  • 1986/04 - 1999/03 Yamaguchi University Law and Economics, Faculty of Economics
Association Membership(s) (6):
日本私法学会 ,  日本土地法学会 ,  信託法学会 ,  金融法学会 ,  日独法学会 ,  情報ネットワーク法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page