Rchr
J-GLOBAL ID:200901030470207560   Update date: Feb. 24, 2012

Mori Ichio

モリ イチオ | Mori Ichio
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 大阪総合保育大学大学院  教授('10-)
Research field  (4): Education - general ,  Science education ,  Education - general ,  Science education
Research keywords  (8): 理科指導法 ,  理科教育史と科学史 ,  学力と人間形成 ,  教科教育学 ,  授業論 ,  自然認識の発達と形成 ,  WWW ,  Science Education
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1961 - 自然認識の発達と形成、2学力を通してモラール(morale)や積極性、協調性、リーダーシップなどの人格特性を育てる授業設計、3自然認識の科学史的発展と心理学的発達の関係
  • -
MISC (138):
  • 森一夫. 44改訂学習指導要領の趣旨を踏まえた移行期研究とは. 「現代教育科学」5月号,2009. 2009. 52. 5(通算632号). 41-44
  • 森 一夫. 35 理数教育の充実に向けた具体的取り組み. 教職研修. 2008. 通巻. 428. 36-39
  • 森一夫. 41国語科と他教科の連携を図る教育課程の早期改定. 『国語教育』2月号(2008年). 2008. 50. 2. 94-95
  • 森一夫. 40格差社会の拡大に伴う「教育格差」と「いじめ問題」の深刻化. 『社会科教育』1月号,2008. 2008. 45. 1. 105
  • 森一夫. 39理数教育の充実に向けた具体的取り組み. 教職研究4月号. 2008. 通巻. 428. 36-39
more...
Books (59):
  • 2.創造性とは何か?(S.ベイリン著、森一夫・森秀夫共訳)
    法政大学出版局 2003
  • 57.CD-ROM版 中学校理科教育実践講座(分担執筆)
    ニチブン 2003
  • 56.21世紀の理科教育(森一夫編著)
    学文社 2003
  • 55.これからの理科授業実践への提言(日本理科教育学会編、分担執筆)
    東洋館 2002
  • 54.理科から発展する総合的学習の学力(高階玲治編、分担執筆)
    明治図書 2001
more...
Works (6):
  • Engaged in research activities as a guest lecturer of International Conference on Elementary Mathematics & Science Teacher Education at National Taipei Teachers College and as a supervisor of studies for science education at National Taipei Teachers Co・・・
    1993 -
  • Engaged in research activities for the development of science curriculum,especially elementary science curriculum and for the edition of national science textbooks as a curriculum expert of JICA at Curriculum Development Institute of Singapore(CDIS) ・・・
    1984 -
  • 次の「研究業績」欄における「B.論文」の論文(共著)名を参照。
  • 文部科学省初等中等教育局長から「"その道の達人”派遣事業」講師の辞令を受けて2004年2月19日に富山県魚津市立西部中学校、同26日に新潟県立村上中等学校、同3月12日に北海道釧路緑ヶ丘高等学校で公開研究授業を実施。
  • 1993年6月および1999年6月、台湾国立台北師範学院主催 国際初等科学教育教育者会議招待講師として講演発表、並びに同師範学院及び国立台中師範学院にて科学教育の研究指導に従事。
more...
Education (4):
  • - 1965 Osaka City University
  • - 1965 Osaka City University Chemistry
  • - 1961 Osaka Kyoiku University
  • - 1961 Osaka Kyoiku University Science
Professional career (2):
  • Ph.D. (Hiroshima University)
  • M.S. (Osaka City University)
Work history (34):
  • 2010/04 - 2013/03 Osaka University of Comprehensive Children Education Graduate School professor
  • 2006/04 - 2010/03 Japan Professional School of Education Professor
  • 2004/06 - 2005/03 独立行政法人 大学入試センター(研究開発部) 客員教授
  • 2003/04 - Osaka Kyoiku University
  • 1981/07 - 2003/03 Osaka Kyoiku University
Show all
Committee career (1):
  • 2001 - 2003 Society of Japan Science Teaching president
Awards (4):
  • 2003 - A Prize for Distinguished Services,Society of Japan Science Teaching
  • 1978 - Kurahashi Prize,Japan Society of Research on Early Childhood Care & Education.
  • 2003 日本理科教育学会功労賞
  • 1977 日本教育研究団体連合会賞 1978 日本保育学会倉橋賞 1979 財団法人 大阪科学技術センター 地域科学技術振興表彰 1997 全国小学校理科教育研究協議会 小学校理科教育発展功労者表彰
Association Membership(s) (5):
日本科学教育学会(前 評議員) ,  日本生活科・総合的学習学会常任理事(1993-) ,  日本教科教育学会理事(前 副会長・学会誌編集委員長) ,  日本理科教育学会会長(2001-) ,  Society of Japan Science Teaching
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page