Rchr
J-GLOBAL ID:200901030821419551   Update date: Mar. 24, 2021

Nishimura Yukio

ニシムラ ユキオ | Nishimura Yukio
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Architectural and city planning
Research keywords  (6): 都市景観計画 ,  都市保全計画 ,  都市計画 ,  aesthetic control ,  Urban Conservation Planning ,  Urban Planning
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 1995 - 都市景観計画に関する研究
  • 1995 - Urban Landscape Planning
  • アジア諸国における大規模遺跡地を含む歴史公園に関する研究
  • 歴史的市街地の都市計画コントロール手法に関する研究
  • 美観ゾーニングに関する研究
Show all
Papers (97):
MISC (175):
  • 西村幸夫. 自治体観光政策とまちの未来図. 月刊地方自治職員研修. 2016. No.693. 12-14
  • 西村幸夫. 景観行政のこれまでとこれから. 都市問題. 2016. vol.107. No.6. 54-60
  • 西村幸夫. 歴史を活かしたまちづくりと観光. 観光文化. 2016. No.230. 58-59
  • 西村幸夫. 日本の老舗、神田の老舗. KANDAルネッサンス. 2014. No.100. 発行100号記念号. 9-12
  • 西村幸夫. 欧米先進国のアーバンデザインの今日-いくつかの都市の現場から. 季刊まちづくり. 2014. No.41. 46-47
more...
Books (77):
  • 都市から学んだ10のこと-まちづくりの若き仲間たちへ
    学芸出版社 2019
  • 信仰の対象と芸術の源泉ー世界遺産富士山の魅力を生かす
    株式会社ブックエンド 2018
  • 県都物語-47都心空間の近代をあるく
    有斐閣 2018
  • 西村幸夫 文化・観光論ノート--歴史まちづくり・景観整備
    鹿島出版会 2018
  • まちを想う 西村幸夫対談・講演集
    鹿島出版会 2018
more...
Professional career (2):
  • Master of Engineering (The University of Tokyo)
  • Doctor of Engineering (The University of Tokyo)
Work history (3):
  • 2018/04 - 現在 Kobe Design University Graduate School
  • 2016/04 - 2018/03 The University of Tokyo The Graduate School of Engineering
  • 2008/04 - 2016/03 The University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology
Committee career (41):
  • 2009/12 - 2019/03 日本イコモス国内委員会 委員長
  • 2015/08 - 2018/08 自治体学会 理事長
  • 2015/10 - 2017/10 アジア都市計画系学科連合 事務局長
  • 2012/05 - 2017/05 国土交通省国土審議会 委員
  • 2016/01 - 2017/01 文化庁 参与
Show all
Awards (17):
  • 2019/07 - 中村ブレイス株式会社 石見銀山文化賞
  • 2018/09 - 文化庁 文化庁創立50周年記念表彰
  • 2015/05/22 - 日本都市計画学会 都市計画学会年間優秀論文賞(2014年) 「連邦・州政府の支援を活用した自治体のブラウンフィールド再生戦略に関する研究 -米国マサチューセッツ州Lowell市を事例として-」
  • 2014/11 - 若狭町町政功労者
  • 2014/03 - 市川市 市川市市政功労者表彰
Show all
Association Membership(s) (5):
自治体学会 ,  都市住宅学会 ,  NPO法人神田学会 ,  日本都市計画学会 ,  日本建築学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page