Rchr
J-GLOBAL ID:200901030922492772   Update date: Jan. 06, 2021

Shinozaki Mio

シノザキ ミオ | Shinozaki Mio
Affiliation and department:
Research field  (3): Clinical psychology ,  Cognitive sciences ,  Rehabilitation science
Research keywords  (13): フレイル予防 ,  地域包括ケアシステム ,  終末期ケア ,  Subjective Cognitive Impairment ,  高齢者うつ ,  認知機能 ,  レジリエンス ,  健康寿命 ,  身体表象 ,  情動制御 ,  認知加齢 ,  転倒予防 ,  認知モデル
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2020 - 2023 もの忘れ外来受診患者のSCIからMCIへの移行を予測する客観的指標および主観的徴候に関する研究
  • 2019 - 2023 急性期治療後の高齢患者のリハビリテーション効果促進のための心理的支援に関する研究
  • 2017 - 2020 急性期/亜急性期身体疾患での入院治療に伴う高齢者うつの改善と予後への影響に関する研究
Papers (1):
Lectures and oral presentations  (15):
  • 高齢患者の心理的レジリエンスの高さは急性期治療後の移動能力低下に伴う抑うつを軽減しうるのか?
    (第35回日本老年精神医学会 2020)
  • 高齢者の痛みの認識過程に関する検討-認知機能と不安が痛みの認識に及ぼす影響-
    (第39回日本認知症学会学術集会 2020)
  • 退院後1年以内に転倒転落等により再入院に至った患者の特徴についての検討
    (日本転倒予防学会第7回学術集会 2020)
  • 心理的レジリエンスは死期の近い虚弱高齢者の抑うつを軽減しうるのか?
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 高齢入院患者の心理的フレイルと退院後の意欲改善および移動能力改善との関連
    (第62回日本老年医学会学術集会 2020)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2006 Kyoto University
  • 2001 - 2003 Kyoto University
  • 1996 - 2000 Nagoya University
Awards (1):
  • 2020/10 - JSFP BEST PAPER AWARD 2019 Self-Perception and Judgment of Mobility among Elderly Hospitalized Patients with Cognitive Decline:Cognitive Model of Falls Caused by Impaired Judgment
Association Membership(s) (8):
日本転倒予防学会 ,  THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION ,  THE JAPAN GERIATRICS SOCIETY ,  日本行動計量学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本認知症学会 ,  JAPANESE PSYCHOGERIATRIC SOCIETY ,  日本老年臨床心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page