Rchr
J-GLOBAL ID:200901030950306682   Update date: Jul. 29, 2022

Nakamura Toru

ナカムラ トオル | Nakamura Toru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010006.html
Research keywords  (2): English Language and Literature ,  English Language and Literature
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2008 - 1920年代~1930年代のアメリカ小説
MISC (12):
  • 中村亨. 「白人らしさ」の仮面-自己抑制と処刑、『武器よさらば』. ヘミングウェイ研究. 2017. 18号. 31-41
  • 中村亨. 男性的規範の圧制と、抵抗する黒人達-『殺し屋』と『持つと持たぬと』を中心に. ヘミングウェイ研究. 2013. 14. 95-104
  • 女性に読まれるミラー:ニンとの対話・創造. デルターヘンリー・ミラー アナイス・ニン ロレンス・ダレル研究論集. 2003. 5. 3-13
  • Tender Is the Nightにおける交通と境界侵犯. 英語英米文学. 2002. 172-192
  • ロバート・スコールズ、ナンシー・カムリー著『ヘミングウェイのジェンダー』. ユリイカ. 1999. 182-195
more...
Books (5):
  • ターミナル・ビギニング-アメリカの物語と言葉の力
    論創社 2014
  • 友だちの本
    2014
  • ヘンリー・ミラーを読む
    水声社 2007
  • 他者・眼差し・語り-アメリカ文学再読
    南雲堂フェニックス 2005
  • ヘミングウェイを横断する
    本の友社 1999
Lectures and oral presentations  (9):
  • Americans as a Mirror Image: "Ernest Hemingway, The 'Dumb Ox' and "A Soldier of Humor"
    (Lewis Conference 2017)
  • 「白人らしさ」の仮面-自己抑制と処刑、『武器よさらば』
    (日本ヘミングウェイ協会全国大会 2016)
  • The Porter: Editor's Alterations and the Intersection of Race and Sexuality
    (Biennial International Ernest Hemingway Conference 2016)
  • "The Porter": Editor's Alterations and the Intersection of Race and Sexuality
    (Biennial International Ernest Hemingway Conference 2016)
  • The Porter草稿を読む-編集が孕む問題と、ヘミングウェイの人種をめぐる逡巡
    (日本ヘミングウェイ協会全国大会 2015)
more...
Education (3):
  • 1992 - 1995 Aoyama Gakuin University 英米文学専攻
  • - 1995 Aoyama Gakuin University
  • - 1995 Aoyama Gakuin University
Professional career (1):
  • 文学修士 (青山学院大学)
Work history (5):
  • 2010/04 - 中央大学商学部教授
  • 2010/04 - ~ 中央大学商学部教授
  • 2007/04 - 2010/03 中央大学商学部准教授 Faculty of Commerce
  • 2002/04 - 2007/03 中央大学商学部助教授 Faculty of Commerce
  • 2000/04 - 2002/03 中央大学商学部専任講師 Faculty of Commerce
Committee career (1):
  • 日本ヘミングウェイ協会 大会運営委員
Association Membership(s) (1):
日本ヘミングウェイ協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page