Rchr
J-GLOBAL ID:200901031214954193   Update date: Jun. 09, 2021

Nakatani Kiyoharu

ナカタニ キヨハル | Nakatani Kiyoharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Analytical chemistry
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2021 配位子制御型溶媒抽出及び重力駆動型抽出クロマトグラフィの反応速度評価に関する研究
  • 2019 - 2020 配位子制御型溶媒抽出及び重力駆動型抽出クロマトグラフィの反応速度評価に関する研究
  • 2018 - 2019 配位子制御型溶媒抽出及び重力駆動型抽出クロマトグラフィの反応速度評価に関する研究
  • 1997 - 1998 単一油滴/水界面における物質移動過程のマイクロピペット・レーザー操作顕微分析
  • 1994 - 1994 マイクロ電極を用いた単一油滴/水界面物質移動の直接測定
Show all
Papers (72):
Patents (3):
  • 金属元素の選択的分離方法、及び分離装置
  • 超音波放射力による浮揚粒子計測に基づく超微量計測方法
  • 重金属捕集剤、その製造方法、及び汚染物質の処理方法
Books (15):
  • Land Remediation for Heavy Metal in Soil
    AWE International 2010
  • Analysis of Mass Transfer Processes in Microparticle and Microdroplet Systems
    Current focus on Colloids and Surfaces, Transworld Research Network 2009
  • 有機分子のナノサイズ細孔内拡散
    日本油化学会 2008
  • 土壌モデル微粒子系における有機汚染物質の移動過程の界面分析
    ぶんせき 日本分析化学会 2005
  • Mass Transfer and Reaction Rate in the Nano-Region of Microdroplet/Solution Interfaces
    Interfacial Nanochemistry Kluwer/Plenum 2005
more...
Lectures and oral presentations  (43):
  • 合理的なMA回収工程の構築に向けた溶媒抽出/低圧損抽出クロマトグラフィを組み合わせたハイブリッド型プロセスの開発
    (日本原子力学会2021年春の年会 2021)
  • MA/Ln分離用吸着材を対象とした顕微分光測定による 吸着溶離速度評価
    (日本原子力学会2021年春の年会 2021)
  • 高TBP濃度条件を対象とした顕微分光法による 抽出・逆抽出速度評価
    (日本原子力学会2021年春の年会 2021)
  • 単一メソ多孔性シリカゲル微粒子/水系における亜鉛ミオグロビンの細孔内物質移動過程の細孔径依存性
    (第39回溶媒抽出討論会 2020)
  • 円柱状微小液滴/溶液系におけるリン酸トリブチルによるランタノイドの抽出・逆抽出過程の速度論的検討
    (第80回分析化学討論会 2020)
more...
Committee career (8):
  • 2003 - 現在 日本ポーラログラフ学会 評議員
  • 2017/04 - 2019/03 日本化学会 代議員
  • 2017/03 - 2019/02 日本化学会 日本化学会関東支部 幹事
  • 2017/09 - 2018/09 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 第69回コロイドおよび界面化学討論会実行委員
  • 2008/04 - 2016/03 日本ポーラログラフ学会 「Review of Polarography」誌編集委員
Show all
Awards (1):
  • 1994/10 - 日本化学会 日本化学会第9回若い世代の特別講演者証受賞
Association Membership(s) (3):
THE JAPAN SOCIETY FOR ANALYTICAL CHEMISTRY ,  Chemical Society of Japan ,  THE POLAROGRAPHIC SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page