Rchr
J-GLOBAL ID:200901031280016293   Update date: Aug. 01, 2022

Kanayama Tomoko

カナヤマ トモコ | Kanayama Tomoko
Affiliation and department:
Job title: Professor (tenured)
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (4): media creation ,  civic media ,  media communication ,  community media
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2019 - 2020 重要民俗無形文化財の継承支援のための四次元データアーカイブ
  • 2017 - 2020 コミュニティラジオがつくる震災の記録と記憶の可能性に関する研究
  • 2019 - エンターテイメントとしての共鳴現象を引き起こすAIの開発
  • 2012 - 2016 日本型コミュニティ放送の成立条件と持続可能な運営の規定要因
  • 2013 - 2015 移動体環境を活用したユーザ体験拡張インタラクションのデザイン
Show all
Papers (42):
  • KANAYAMA Tomoko, KUDO Mari, KOBAYASHI Reina. A New Community Created by HANACHOZUーHybrid Networks based on Actor-Network Theory. 2022. 13. 68-73
  • KANAYAMA, Tomoko. No-neko in the Amami Islands: Media Analysis using Actor-Network Theory. Keio Communication Review. 2022. 44. 5-24
  • Tomoko Kanayama. Radio as Care Media̶̶Care Communication Desired for COVID- 1 9 Situation. 2021. 12. 78-86
  • JI Hong, COOPER Anne, KANAYAMA Tomoko, GILLIFORD Eiko. Sakazuki, Kodokushi: Website Depictions of Japanese Seniors in the World’s Grayest Society. Keio Communication Review. 2021. 43. 23-42
  • KANAYAMA, Tomoko. Passing on Memories through Community Broadcasting in Post-disaster and Inter-disaster Periods. Socio-Informatics. 2021. 9. 2. 19-35
more...
MISC (18):
  • 金山智子. 書評「令和のローカルメディアー防災・関係人口拡大に向けた課題」. 図書新聞. 2022. 3528
  • 金山智子. 奄美のノネコ問題ーアクターネットワーク理論によるメディア分析. 日本島嶼学会2021年次気仙沼大島大会要旨集. 2021. 53-54
  • 金山智子. 災害時、いちばん頼りになるから、ラジオに日常的に慣れておこう。. クロワッサン「防災BOOK]. 2021. 86-87
  • 金山智子. 『今ここ』を見て、伝えていくこと. 「空に聞く」公式パンフレット. 2020. 10
  • 金山智子. 『表現の不自由展・その後』の鑑賞者たちの多様なナラティブ. REAR. 2020. 44. 104-106
more...
Books (14):
  • 3.11を心に刻んで 2021
    岩波書店 2021 ISBN:9784002710426
  • Perspectives on the Japanese Media and Content Policies
    Springer 2021
  • 現代ジャーナリズムを学ぶ人のために〔第2版〕
    世界思想社 2018
  • 日本のコミュニティ放送-理想と現実の間で
    晃洋書房 2017
  • 小さなラジオ局とコミュニティの再生-3.11から962日の記録
    大隅書店 2014
more...
Lectures and oral presentations  (66):
  • 情報発信活動が築く、地域とマスメディアの共創関係
    (日本メディア学会春季大会 2022)
  • The Importance of Disaster Radio and Advocacy from Researchers' Perspective
    (2021)
  • 社会生態系システムから捉え表現する
    (SDGsと社会情報学〜持続可能な社会構築のための情報学を島から考える〜 2021)
  • 花手水の事例研究-ポストコロナ社会に求められる寺社の新たな役割
    (地域活性学会 第13回研究大会 2021)
  • 奄美のノネコ問題ーアクターネットワーク理論によるメディア分析
    (日本島嶼学会2021年次気仙沼大島大会 2021)
more...
Professional career (4):
  • Ph.D. in Mass Communication (Ohio University)
  • MS in Information Studies (Syracuse University)
  • MA in Telecommunication (Ohio University)
  • BA (Keio University)
Committee career (31):
  • 2022/07 - 現在 岐阜県「清流の国ぎふ」SDGs推進会議 座長
  • 2022/07 - 現在 岐阜県「清流の国ぎふ」創生総合戦略推進会議 委員(SDGs担当)
  • 2022/03 - 現在 The Ishibashi Foundation Council member
  • 2021/08 - 現在 『清流の国ぎふ』SDGs推進ネットワーク」リーディング会員認定評価会議委員
  • 2015 - 現在 社会情報学会 評議員
Show all
Awards (4):
  • 2021/09 - 一社)社会情報学会 2021年度優秀論文賞
  • 2021/06 - 総務省東海総合通信局 「電波の日」総務省東海総合通信局長表彰
  • 2011/03 - 駒澤大学 学長奨励賞
  • 2001/05 - International Communication Association Top paper of student research papers in Communication and Technology Division
Association Membership(s) (7):
The Japan Association of Regional Development and Vitalization ,  the Japan Society of Information and Communication Research ,  JAPAN NPO RESEARCH ASSOCIATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF ISLAND STUDIES ,  THE SOCIETY OF SOCIO-INFORMATICS ,  THE JAPAN SOCIETY FOR STUDIES IN JOURNALISM AND MASS COMMUNICATION ,  International Association for Media and Communication Research
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page