Rchr
J-GLOBAL ID:200901031448902650   Update date: Jan. 10, 2020

HIJIKATA Yoshio

ヒジカタ ヨシオ | HIJIKATA Yoshio
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Town planning/Architectural planning
Research keywords  (16): Urban Planning ,  District Planning ,  景観形成 ,  まちなか居住 ,  plaza ,  residential environment ,  land use ,  dwelling level ,  sprawl ,  Value of Materials'Performance ,  Value of Urban Space Use ,  Exterior Finishing ,  road network ,  population density ,  空洞化 ,  交通政策
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2016 - 2019 原発事故後の建築のための居住空間内γ線空間線量率予測方法の確立
Papers (16):
  • 土方吉雄. 復興まちづくりの様相. 東日本大震災における実効的復興支援の構築に関する特別調査委員会最終報告書. 2016. ii-11-ii-16
  • 特集・『震災3年目のパースペクティブ』「福島の抱える課題」. 日本建築学会「建築雑誌」. 2014. 129. 1655. 34-35
  • 福島県の現況と課題. 東日本大震災3周年シンポジウム. 2014. 111-114
  • The history of Koriyama city planning- Asaka Cultivation and Asaka Canal Opening,the Arable Land Readjustment,the Reconstruction Planning for War-damaged Area -. CITY PLANNING REVIEW. 2012. 296. 36-37
  • 市岡綾子. 地震災害調査報告(福島チーム)「公園緑地,建物等の被害:福島県須賀川市,福島県南相馬市,福島県相馬市,宮城県山元町」. 平成23年度日本造園学会東北支部第10回支部大会”発見”地域のランドスケープ(造園)遺産. 2011. 22-25
more...
MISC (5):
  • 土方吉雄. 福島支援小委員会の活動報告. 東日本大震災4周年シンポジウム. 2015. 23-37
  • 土方吉雄. 建築の原点に立ち返る -暮らしの場の再生と革新-. 日本原子力学会誌. 2015. 57. 3. 12-15
  • 土方吉雄、廣田篤彦. A Study on the Characteristics of Consciousness of Disaster Prevention in Different Localities for the Nankai and the Tonankai Earthquakes. 日本大学工学部紀要. 2015. 56. 2. 23-28
  • 野崎敦夫、土方吉雄他3名. 放射線防護のための都市・住まいの手引き作成WG. 国連防災世界会議パブリック・フォーラム「いのちを守るまちづくり /家づくり /家づくり 」. 2015. 33-36
  • 土方吉雄他4名. 福島支援小委員会および広域ワーキンググループの活動報告. 国連防災世界会議パブリック・フォーラム「いのちを守るまちづくり /家づくり /家づくり 」. 2015. 17-25
Books (4):
  • 郡山市史 続編2 通史
    郡山市 1994
  • 都市化の現状と将来
    (株)大明堂 1995
  • 郡山市史 続編3 通史
    郡山市 2004
  • 郡山市史 続編4 通史
    郡山市 2014
Lectures and oral presentations  (275):
  • 地方中核都市における民間中高層住宅の需給に関する研究(その1)建設動向と立地特性
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 1989)
  • 地方中核都市における民間中高層住宅の需給に関する研究(その2) 居住水準の実態
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 1989)
  • 地方中核都市における民間中高層住宅の需給に関する研究(その3) 定住意向
    (日本建築学会大会学術講演梗概集 1989)
  • A Study on Apartment housing Demand and Supply of Regional hub city (Part 1) Tendency of the building and Locational character
    (Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan 1989)
  • A Study on Apartment housing Demand and Supply of Regional hub city (Part 2) The Actual condition of Housing standard
    (Summaries of Technical Papers of Annual Meeting Architectural Institute of Japan 1989)
more...
Education (2):
  • - 1975 Nihon University Faculty of Engineering 建築学科
  • - 1982 Kogakuin University Graduate School, Division of Engineering 建築学専攻
Professional career (1):
  • Master of Engineering (Nihon University)
Work history (5):
  • 1977/04 - 1979/03 日本大学副手
  • 1982/04 - 1990/03 日本大学助手
  • 1990/04 - 2001/03 日本大学専任講師
  • 2001/04 - 2006/03 日本大学助教授
  • 2006/04 - 日本大学准教授
Association Membership(s) (5):
日本建築学会 ,  日本造園学会 ,  農村建築学会 ,  日本不動産学会 ,  日本都市計画学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page